栃木県在住のオーナーさまからの仕様変更ならびにメンテナンスのオーダーでご送付頂きました。

 本AM19はオートバックス系のレカロ販売店の最高峰ASMさまがプロデュースされ大人気レザーモデル ASM SP-JC2脚についての作業です。

 オーナーさまは右仕様を2脚usedで他店でご購入されたので、1脚を左仕様に変更するとともに2脚とも 全分解クリーニング+ウレタン関係のメンテナンスを実施しました。

 今回のAM19は1脚は2004年、他方は2014年と製造年に開きがありますので、2004年の方を左用に カスタマイズさせて頂きました。基本的にウレタンの形状は左右で仕様の違いはありませんので エアランバーのパネルやカールコードの取出し位置、これれらに伴うエアー配管、電動配線の引き直しの 作業が必要です。

 内部の仕様は2004年と2014年では大きく異なる点が3箇所ほどあります。 1点目はエアラバーポンプ本体が材質が黒ゴム→ポリウレタンに素材変更されています。こちらに関しては 現行のエルゴメドやDシリーズ最終モデルのESVに採用されている素材と同じです。 この素材変更は単純に製造工程の変更(環境負荷への影響等)によるものだと思われます。

 2点目は、カールコード照明がノーマルLED→高輝度LEDへ変更されています。後期型が断然明るいですが 少し華やか!?過ぎかもしれません。こちらは個人的な意見ですのでご参考としてください。

 3点目は、シート取付の前側取付ネジ(インナーナット部)が開放型→密閉型にへ変更されています。 こちらの改良点はとても意味があります。開放型は適正なAM19専用のネジを使用しないとインナーナット固定部の ステーが上方へ押し上げられ開放された状態となります。この状態でレールを取り外すためにボルトを抜くと 固定用のインナーナットはフレーム内部から脱落してしまいます。これを防止する構造のなっているので とても安心です。

 これ以外にASMさま独自の仕様変更ですが本革がノーマルレザー→クールレザーへ変更されているようです。 添付画像の名盤に記載されていますが、この2点でどのような違いが有るかは当社では未確認です。 レザーの質感は2脚で異なりますが、特別な違和感を感じる程ではありません。

 完璧に仕上がったASMモデルの本革レザー電動レカロは存在感も抜群ですね!!

 配線作業等頑張って頂きまして、愛車 ヴェゼルでのレカロライフを満喫してくださいませ。

1