東京在住のオーナーーさまからのご依頼です。BMWのチューニングカーでもデザインセンスと 走りを極めた孤高存在:アルピナへのレカロ装着のご依頼です。 お車はE36後期モデルB3で、以前に通常の3シリーズや中期モデルのアルピナにもお乗りになって いましたが、今回1オーナー車で程度の良い個体がありご購入されました。

 購入後、運転席(左ハンドル)にis84LX-VSが装着しましたが、アルピナ仲間でE36前期アルピナ 2.8でレカロのCGが純正で装着されている個体にお乗りになりCGの着座感覚の素晴らしさに 感動され今回の仕様変更になりました。

 シートの方はオークションで購入されましたが、右用でヒータなしの仕様でした。こちらに関しては 左用は探すのは至難の技!(302ルーがUSEDでほぼありません)ですので当社にて 左仕様(SWパネルをコンソール側)へ変更すると共に、各部のメンテナンスを実施致しました。

 助手席用に関しては、モデル違いですがCTで同色の302ブルーをUSEDでご購入されこちらも ご送付頂き、クリーニングも含めて全メンテナンスを実施致しました。 本CTはヘッドレストがパットタイプ、CSはネットタイプでしたので、左右のレカロで統一する方が ベストです。当社に302カラーのCS対応のヘッドレストが有ることをお伝えすると、オーサーさまからも 是非変更装着したいとのご要望もあり、CSもパットタイプへ変更しました。

 CSに装着したヒーターに関しては当社オリジナル品+専用SWを取付しました。こちらの商品は 本来のCS系に挿入されているレカロ製のヒーターより制御系やSWの不具合が殆ど無く信頼性は 抜群です。その他SWパネル変更に伴い、座面サイドの生地をブルー系アブス生地で張替を実施しました。 こちらの生地は在庫がレカロ社は欠品(製造中止)当社も極少量のみの在庫となります。 上品で素晴らしい色合いのブルーですが、最終的には在庫切れになるので寂しい限りです。

 次回はシートレール作製+装着を解説させて頂きます。

1