大阪在住のオーナーさまからご依頼です。お車は90年代三菱を代表するスポーツクーペに君臨していたFT0です。 高剛性で旋回能力も高く当時はインテグラタイプRが販売されるまで国産FF車のTOPレベルの性能です。 デザイン的にも現在でも通用するスタイリッシュさが最高です。

 今回は中古車で購入されましたが純正シートのウレタンのへたりが気になり、RECARO装着することになりました。

 シート選定にあたり、当店在庫のSR4がデザインやホールド性が気に入られ当社オリジナル表皮黒×ダークグレーで 作製致しました。

 レールに関しては当社契約メーカーでLOポジションタイプをオーダーし装着致しましたが、問題が発生しました。

 車の販売台数が少ない車種に関しては,LOポジションで作製するにあたってもメーカー様がデーターを取り切れていないので なんとポジションが上がってしましました。

 一旦シートは純正に付け戻し、装着面のフロアーを確認したところ4ホールのそれぞれの①~④固定箇所のレベル(高さ)が 全て異なるとともに、コンソール側後方③が極端に高いためこの部分をクリアーするためにレール後方を高い目に 作製したようです。前側①②に関してもフロアーからボルトが出ているタイプなので、こちらも一般的なボルト固定式とは異なり ボルトの長さ分をクリアーしたレールを作製する必要があります。

 このため、お車をお預かりしレールをスペシャルで加工し、シート側座面ウレタンも先端部をカット加工する必要がありました。

 お車は日を改めて5日程度お預かりし、シートの加工も実施して完璧なポジショニングで装着することができました。

 特にコンソール側後方③部は青部分にシート底面が来るように、ギリギリラインでステーを作製し分離タイプにより問題を解決しました。 またスライドレール本体はフロアー落ち込み部分に右側オフセット仕様(黄色矢印)で作製し、このオフセット部分を上段部のステーで コンソール側寄せることで、ステアリングセンターのズレも解消致しました。

 シートの仮合わせは20回程度必要でしたので近年稀にみる手強いレール作製になりましたが、完璧なポジションでSR4が装着出来て オーナーさまにも喜んで頂きました。

 レールのと特注関係は基本的に車両預かりとなり、金額も高額ですが満足度は非常に高いです。

 要打ち合わせ+予約となりますので、ご希望の方はご連絡下さいませ。

1