大阪在住のオーナーさまからのご依頼です。1年ほど前にスペシャルモデルで拘りのSR3を 作製させて頂き、初レカロをとても気に入って頂きました。

 SR3装着後、お車がMT車ということで週末にワインディング走行を楽しまれていましたが タイトコーナーでのホールド性の更なる向上を求められて今回SP-Gでのオーダーを頂きました。

 当社の在庫品のSP-Gでホールド感や剛性感など他のスポーツシェルレカロを比較され 初代SP-GVer1をセレクト頂きました。

 こちらのSP-Gは伝説のポルシェ930RUF CTR1イエローバードに装着されていたものと 同タイプです。スパイダーリブ形状により高剛性や全体形状のシャープさが現行のSP-G1が ベースのSP-G3等とも全く異なる仕様となります。 ver1をベースにサイドは高級合皮レザーで黒×ブラウンのコンビ、センターはカーボン柄で当社 取扱表皮で定評のあるブラックキャットにて作製し、バックシェルはボディ同色のガンメタにて 塗装致しました。

 Ver1で唯一劣化の懸念があるベルトホルダーに関しては、現行のSP-G3等に 採用されてるレカロ製をねじ止めにて装着しました。

 前回のSR3にもシートヒーターを装着しておりましたので、こちらに関してもSP-Gへの装着し 快適性の向上を図りました。ウレタンに関しては、座面先端部はノーマルのSP-Gより約20mm 薄めにし、クラッチやブレーキの操作性の向上並ぶにアクセルペダル操作時の腿裏の圧迫感 の低減を図りました。

 レールはレカロ製オリジナルレールを加工し、現状のレカロ製レールより約30mmLOポジ化を 達成し、ドライバー重心位置の低下によるコーナーリングのドライビングポジションの安定化を 図りました。シート装着後、最適なポジション調整を実施し納車致しました。

 シートのセレクト、表皮の仕様からウレタン、レールの加工に至るまで、全てにおいて拘り抜いた SP-G装着となり、納車3日後に助手席のSR3を引取りに来店されたオーナーさまからは「全てに おいて完璧です!!」とのコメントを頂きました。

 新品のRS-Gレザー×アルカンターラ仕様の価格の1.5倍程度の費用となりましたが、内装との カラーリングも含めて完璧なコンプルートカー並みの仕上がりです。

 各オーナーさまのスペシャルRECAROの御希望の方は是非当社へご用命くださいませ!! お日にちや費用は掛かりますが必ずご満足頂けます。

1