新潟県在住のオーナーさまからのご依頼です。30年ほど前に新品でご購入された電動レカロを パジェロミニに装着のため、フルメンテナンスのオーダーを頂きました。

 シートは電動RECAROの中でも名機と呼ばれるis81Cクラシックです。高剛性、硬質なウレタン、 手動による各部の微調整やヒーターやエアランバーをはじめとした電動機能等、 80年代RECARO社の全てを注ぎ込んで作製されたようなシートです。

 シート本体も少し大きめになるので、軽自動車のパジェロミニへ装着するには、シート側や (サイドサポート調整ダイヤル部)やレール側(3ポジションの脚部カット)等が必要となります。

 表皮に関しては高級素材のアルカンターラ(当社オリジナル品)で全体張替を実施し、各部 ウレタンの補修補強、フレーム塗装(サイサポレバー、背中ヒンジ部)、リクライニングギアー部の オーバーホール、RSFピレリーマットなど今後10年程度は安心してご使用頂ける内容で実施致しました。

 シート側の加工は室内に干渉するとドアの開閉に不具合が出るので、画像のようにリクライニング ギアー機構部カバー内に挿入し、コンソール側に関してはシャフトを20mm程度カットしショート化による センターコンソール側への干渉を低減致しました。

 張替時にはサイド側面肩に設置されている「RECARO Cクラシック」のタグも移設しオーラのある 仕様で作製致しました。

 またウレタンに関しては強度を確保するために補修と補強を実施しますが、全体のRECAROの美しい デザインが崩れないように最小限かつ効率的に硬質ウレタンの張り込みを実施しています。

 RECARO本来の美的な雰囲気を壊してしまうような修理方法を実践することはありません。

 ドイツ本国でRECAROのマイスターが丹精込めて組み上げたことに思いを馳せながら、メンテナンス時に その心を受け継ぎながら各オーナーさまのRECAROを対峙しております。 現行モデルのレカロも含めて、メンテナンスやレカロでお困りのことは是非当社へご用命くださいませ!!

1