福岡県在住のオーナーさまからのご依頼です。CSシリーズやDシリーズの流れをくむレカロ最後の フラッグシップモデル:ESVを所有されて大変ご満足されていますが、電動機能の中で唯一スイッチが 設置されているにも係わらず、その装備が未装着な電動スライドを装備したいとのご相談がありました。

 1990年代はCSEやDSEに電動スライドSWはパネル状にありましたので、当時のブリンプさまから電動スライド レールが販売されていました。特にDSEに関してはメモリー機能がモーター側に必要となり大変複雑な構造 でしたが取り扱いが有りました。

 現在のレカロJapanさまはAM19マニフィカ用に車種限定で電動スライドレールが販売または常設されていました が、現行モデルの220オルソペドに電動スライドSWが常設されているにも係わらず、電動のスライドレールは 販売されていません。

 今回のESVの電動スライドレールに関しては、過去に電動レールの作製実績のあり日本製レカロスライド レール作製では最高峰の技術力を誇るエンジニア方のご協力を得て完成致しました。

 画像見て頂いてもお解りの通り、Dシリーズの中でもモーターやハイト関係のレバーの設置によりシート 底面が一番厳しいDSにおいてもレール装着後のクリアランスが確保できる素晴らしいレールが完成致しました。
 今回のレールはベースフレームからの取付位置で約12mm×4段階で高さ調整も出来るとともに、左右へも 約10mm程度ですがオフセットも可能です。ただし、今回のオーダー内容の様に取付用ベースフレームまたは 車体側フロアー部に電動スライドユニットを回避出来るスペースがある車両に限り取付が可能となります。

 価格も相応額で1990年代に販売されていた時と同じ価格です。部材調達が極めて困難ですの追加オーダーは かなり厳しものとなりますが、後世に残せるような商品が完成し嬉しく思います。

 今後も全国のレカロファンの皆さまのご要望にお応え出来るように、日々技術技能の向上を図って参りますので ご期待くださいませ!!

1