大阪府在住のオーナーさまからのご依頼です。以前にもBMW 2シリーズにスペシャルオーダーの SR7(黒本革+アルカンターラ)をオーダー頂き現在も大変気に入ってお使い頂いています。

 今回は、趣味のサーフィンで遠出されるお車としてエスティマを購入されました。腰痛も少しあり、 最長で片道500km程度走行されることもあるので疲労低減と快適なロングドライブを目的とされ 今回のお車にもレカロを装着されました。

 以前のBMWもBODYカラーも含めて各種カスタマイズをセンス良く実施されそれに合わせてSR7も 拘りをもってスペシャルな仕様で作製致しました。
 今回のレカロに関しても、内装色に合わせるため多数のレザー見本(合皮)の中からオフホワイトで エスティマの内装に合うカラーをセレクトされました。センターに関しては前回同様当社オリジナルの アルカンターラでカラーは黒パンチング仕様です。画像では解りにくいですが白のWステッチも拘りの 施工です。
 ベースになるシートは現行モデルのエルゴメドでも座面長さが調整できるLDタイプと同等のis84LX-Lを 使用し、座面先端サイサポ部のウレタンをラウンド加工することでミニバン特有のペダル操作時の違和感 を低減致しました。

 この点に関しては、オーナーさまは股下が長く、エスティマのステアリングに角度調整の機能が 無いため、ハンドルと腿上のクリアランスを確保するためにもベストな方法です。

 装着に関してはレカロ製3ポジションタイプで最下段位置にて取付を実施しました。シートベルトバックルの 移設作業に関しては、純正シートの電動配線とシートベルト装着表示配線が一体式となっていましたので 分離作業に少し手間取りました。この配線に関してはトヨタ車や日産車の上級グレード(クラウン等)で 採用されている場合があり、配線を1本1本確認して分離する必要があるので個人でレカロの装着をされる 方には少しハードルの高い作業になります。

 エスティマの外観は拘り感抜群のハヤシレーシングのクラシックタイプでインパクトを出し、それに合わせて エンブレムも昭和30年代の「トヨタ」のカタカナタイプやフロントグリル右サイドにもさり気ない角度で 「TOYOTA」のエンブレムをセレクトされ、全体的にバランスの取れた上品なカスタマイズがいい感じです。

 レカロの現行モデルのIs84はエルゴメドのみとなり、is05シリーズの白レザーモデルのLX-FやSR7ラシックのような スペシャルカラーモデルが有りません。今回のオーナーさまのように拘りのIs84をご希望のオーナーさまは 是非当社で御希望の仕様でオーダーください。最高のレカロをご提供させて頂きます!!

1