大阪府在住のオーナーさまからのご依頼です。スポーツドライビングが大好きでレガシィBPで サーキット走行を満喫されていました。数年間サーキット満喫されてBPを手放し、今回 憧れのR32GT-Rを購入されました。

 今回のR32はサーキット走行ではなく、一般道やワインディングを気持ちドライビングするために 必要な部分を重点的に整備し、その一環としてシートの交換をご希望されました。

 R32純正の内装の雰囲気とシートのデザイン、シートヒータの標準装備なども条件となり セレクトされたレカロは人気のスポーツスター!!です。

 こちらのシートを装着したいとのご希望でご来店されました。スポーツスターに関しては在庫 USEDで運転席用CL100、助手用クロスCL100の在庫がありましたのでこちらをご購入頂きました。

 装着に関しては、R32のフロアの形状およびスポーツスターの底面の形状のこの2点からしてLOポジション ではレカロ製のレールではほぼ不可能と考察していました。このためレールはレカロ製のものを ベースに加工して装着することはオーナーさまへお伝えしていました。レカロ製で一番ポジションが 下がるフルバケ用のレールをベースに加工を実施する予定でしたが、いざレールを装着すると LOポジ化のためスライドレールのコンソール側が後方へ約50mm程度オフセットされています。

 この構造ではスライドレールのロック機構部がスポーツスター底面後方の固定用ステーに干渉 するのでレール本体自体が装着出来ない結果となりました。

 このためレールを一からの状態で作製するスペシャルオーダーレールへ変更致しました。

 R32の前側2か所(腿部)の固定ネジ部に関してはフロアーの左右方向へフレームバーがあるので こちらを回避してポジションを下げ、尚且つ後方ネジ穴(コンソール側は側面止め)に関しても 前側との高低差があまり出ないように考慮し取付ネジ穴および装着ステーを仮作製しました。 レールも前後方向の装着はノーマルですが、左右方向に関してはドア側を基準にシート底面 形状(R32フロアー形状に沿う形)に対してコンソール側から100mm程度オフセットしたベース+ レール一体型のものを作製致しました。

 仮作製の状態でオーナーさまに試座して頂き、感想をお聞き記したところ後方フレーム部(アイポイント) を可能な限り下げてほしいとのご要望がありました。クリアランス的には30mm程度の余裕があるので レールの構造やフロアー形状も踏まえて作製します。
 今回は最適ポジション確認が取れましたので、一旦終了し純正シートへ交換帰路に着かれました。 次回はレール完成および最終装着です。

1