三重県在住のオーナーさまからご依頼です。当社でS2000やその他車両への レカロに関して多数メンテナンス作業させて頂います。

 今回、91年モデルNSX NA1をご購入されレカロ装着に関してご相談を受けました。 NSXは2オーナーで新車のような個体です。ミッションもAT→6速(ホンダ純正)に 載せ換えその他エンジンメンテも完璧で素晴らしい状態のNSXです。  

 シートはサーキット走行の予定はありませんが、ホールド性の向上と腰の疲労低減を 図ることを目的としながらスポーツシェルをセレクトしたいとのご要望です。
 当初はRS-Gのレザー×アルカンターラ仕様を購入され、当社で乗降車性の簡易に 出来るようにサイドをLO加工のご要望でしたが、リクライニングシートと構造が異なるので サイドのLO加工は剛性低下の問題もあり不可であることをお伝えしました。

 サイドの低いスポーツシェルとしてはマツダ FD RX-7に採用されたカーボンSP-Gがあります。 こちらの装着に関しては、私自身が過去所有したにポルシェ993やホンダ ビートへの装着し 実際に500km程度走行した実績もあります。またビートに関しては左用を右座席に装着した ところ、サイドシェルの立ち上がりが右サイドが左サイドに比べて30mmほど低いのでビートでの 乗降車が非常に安易でしたことをお伝えしました。

 オーナーさまは上記内容について非常に興味を持たれたので、在庫品の新品SP-G-FDを 拝見頂いたところ、座面の形状やケプラーカーボンシェルの圧倒的な存在感に一目惚れ され即オーダーされました。

 特注仕様に関しては、助手席に合わせたシルバーWステッチ、純正シートよりポジションが 下がるLOポジレール、乗降車時シート擦れを防止するサイドカバー、腰部の専用ランバーも 含めて作業致しました。また元々左用のシートでしたのでシートベルトガイドも左→右側へ変更 致しました。

 今回の作業で一番の難関はLOポジションレールです。当社ではSP-G-FD用の取付アダプターを 作製+販売していますが、本品を使用してもNSXに関してはポジションは下がりません。  ポジションを下げるためには、スライドレールを左右方向へオフセットさせてRECARO自体を レールの間に落とし込むことが必要になります。また本構造にするとスライドレール操作用のロック レバーが外向きになります。汎用メーカーではこの構造でロック機構をシングルのレバーで左右別々に 操作するので非常に使い辛いです。

 今回の当社レールはレカロ製と同じWロック機構を採用しているので操作は非常に簡単であり 片手でスライドが可能です。またレール本体もドイツ製カイパーレカロ社の高剛性の物を使用して いますので安心して末永くご使用頂けます。
 最終的なポジションはシート底面がフロアに当たる位置まで下げておりNSX室内の物理的 限界まで低くなっています。このポジションでも純正より20mmダウンです。

 全てにおいて拘り抜いたオーナーさまからのオーダーとなり、非常に手間と時間が掛りました。 必然的に費用も高額になりましたが、費用対効果は抜群で正に完璧な仕上がりとなりました。 (私もNSXに昨年まで乗っていたので、ステアリングも作業を実施致しました)

 すべてが完成し、オーナーさまに引き渡し後、頂いたメールが下記になります。

ーーーーーーーーーーーーー

 おはようございます。三重の〇〇です。
 このたびはお世話になりました。

 帰り道、レカロのホールド、ステアのダイレクト感運転が一段と楽しくて、 にやけながら運転してました。
 乗降りもしやすく、ワンオフのサイドプロテクタースレ防止に めっちゃ活躍してます。
 本当にありがとうございました。  

1