山口県在住のオーナーさまからのご依頼です。非常にレアなフィアット系の1990年代の ミニバン(MT車両)へレカロのエルゴメドを装着したいとのご要望があり 取付用のベースフレーム等を作製致しました。

 ご要望のミニバンは、フロアーへの純正シート固定用の各ネジ穴ピッチが 縦方向に関して非常に狭い状態となっています。レカロシートのレール関係の ベースフレームに対する取付ピッチは縦方向で約390㎜、横方向は約405mmと なっており、縦方向が約25%ほど加圧面積が少なくなる状態でした。

 この場合、後方側へシートをスライドさせた時、極端に後方加重となりシートおよび ドライバーの荷重が後方へオフセットされるので非常にアンバランスになります。

 この状態を解消するために、後方のフロアーな時穴(青縦横ライン)から約100mmの場所へ 荷重分散用のステー(黄色丸)を作製するとともに、後方フロアーへの密着性を向上させる ためWナット方式のレベル調整機能(赤縦ライン)を付属させました。

 本ベースフレームは緑ラインの矢印方向へ約25mmフロアー内部へ脚部が挿入される 形状となっているので、この点も考慮しながら、上記のステーおよびレベル調整機能を 作製致しました。

 レールは通販で送付後、ご自身で取付され非常にレアな車両へレカロが装着でき大変 お喜び頂きました。ポジション的にはもう少し高めと、前側へオフセットもご希望されている のでスペーサーやアダプターでの解消方法をご提案させていただきました。

 今回のようにレアな車両でもデーターを頂ければレール等の作製は可能となります。 費用は内容により様々ですが、大切な思い入れのある車両へレカロを装着しドライビング することは無上の喜びとなります。  装着レールが無く取付を諦めている各オーナーさまは是非ご検討くださいませ。

1