RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

カテゴリ: BMW

 前回に引き続き、リアシートの張替です。センター生地はVW製でフロントのSR7と 合わせています。サイド部分やヘッドレストは当社オリジナルカムイ生地です。 ほぼレカロ製同等品ですの違和感はありません。

 リアシートに関しては完全ワンオフ作製になるので非常に手間が掛ります。 純正シートを全て縫製を解いて、表皮を型紙状態にしてから全て1枚 1枚作製です。

 仮合わせやサンプル作製なども必要なのでとても大変ですが仕上がった 感じを見ると、フロントのレカロとマッチしたことを想像すると心高鳴りますね。

 今回はヘッドレストの作製と背中のセンターが逆ぞりの表皮調整に手こずり ましたが、最終的にいい感じに仕上がりました。

 これでSR7仕様のE30 BMWは完璧な内装仕様になりますね。

 お日にちを頂ければ内張り関係も施工可能ですが形状により張替不可で 純正同等に貼り付けでの対応になる車種もありますので要打ち合わせです。

 トータルで仕上げるにはリアシートのみでもかなりいい感じになります。 今回はリアシートが分割やアームレスト仕様ではありませんでしたので比較的 スムーズに作業は進みました。

 リアシートも張替ご希望の各オーナーさまは是非一度お問合せくださいませ!!

1

 新潟県在住のオーナーさまからのご依頼です。大切にお乗りになっているE30の シート交換(純正→レカロ)のため、当社にオーダーを頂きました。

 RECAROはオーナーさまの御希望で新品のis05 SR7をセレクト頂き、センターを 欧州車で人気の有るチェック柄で張替を実施致しました。

 表皮はオーナーさまが欧州から取り寄せたVW純正ゴルフ7の生地です。 質感や素材は流石純正だけのことはあり裁断や縫製もスムーズに実施 できました。

 ただ柄域がチェックなので、左右のシートでの上下バランスや、シート単体のセンター 出しがかなり手間が掛りましたが、いい感じに仕上がりました。

 レールに関しては当社オリジナルレールで、LOポジ+ステアリングセンター出しで完璧な ポジションです。

 シートおよびレールは送付させた頂きオーナーさまが装着されました。

 次はリアシートの作製ですが、こちらもフロントシート同様に完璧に仕上げます!!

 以下はオーナーさまからのメールになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FREESTYLE 豊嶋 様

 お世話になっております。

 猛暑の中、先日送っていただいたシートの交換作業完了しました。 シートの座り心地、丁寧な仕上がり共に大満足です。

 夜になってしまいましたがとりあえず撮影した画像を送付 させていただきます。

 次回リアシート完成の際には明るい昼間にきちんと撮影 したいと思います。

IMG_8736
1

 石川県在住のオーナーさまからのご依頼です。2年ほど前に最後のBMW Mシリーズ:シルキーシックス であるE46 M3のマニュアル車を購入されました。

 走りも含めて全てにおいて気に入っていましたが、シートが合わないので関東の大型レカロshopに相談し is05のLX-F(前期モデル)黒レザーをレカロ製レールで左右装着されました。

 過去にもレカロ装着経験があり、お気に入りのM3のドライビングに更に磨きが掛かると考えていましたが ホールド性が低くいともに、マニュアルのペダルやシフト操作が非常に不自然になり想像していた内容と 大きくかけ離れて、大変残念な結果になりました。

 ポジション調整もままならない状態で当社にお問合せ頂き改善点等を教授して欲しいとのご依頼を 受けました。確認したところ、レールはレカロ製のスポーツフレームですが、センターが純正より30mm ドア側にオフセットしており、シートもF座面となり身長が180cm程度のオーナーさまには座面長さが 短いとともに、MTペダル操作時にはF座面の先端部のウレタン厚みが災いし、腿裏への違和感が 出ていました。

 本不具合を改善するには当社オリジナルのLOポジE46レールを購入頂くとともに、シートも座面センター部が 分離状態になりペダル操作時の側面圧が均等に下部方向に逃げるシートを選定することがベストで あることをお伝え致しました。

 これらのことをオーナーさまの方でご理解いただきシート交換および運転席のみ当社オリジナル:E46Is05 レールのオーダーを頂きました。シートの方はBodyカラーに合わせてラシック白:SR7をセレクトされ装着のために 遠路、石川県からご来店頂きました。

 装着は運転席:当社レール、助手席は前回のレカロ製レール3ポジションタイプです。助手席のLX-Fには 前回のSHOPさまで助手席ダッシュボード部のエアバック動作用の着座センサーが組み込まれていましたが、 LX-Fの座面を分解しセンサーを取出し、今回装着のSR7の座面内部に組み込みました。

 運転席の当社レールは左右のオフセット調整機能が装備されており、センターコンソール側に最適な 位置で選定出来る構造となっており、ペダルやシフトレバーの操作がスムーズに違和感なく操作できるように セッティング致しました。

 装着後、帰路に着かれ石川県に到着されたオーナーさまから次のようなお喜びのメールを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

RSF豊嶋さま
スタッフ一同さま
お世話になります。
年明けからのご丁寧な対応、ありがとうございました。
大阪→石川間を走破してきましたが、ペダル、ステアリング、ギア操作が 全てしっくりする来るようになり、別の車を運転しているかのように新鮮で 大変満足しております。
また機会があれば、是非よろしくお願いします。 まずはお礼とご報告まで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当社はBMWの特にE36,E46に関しては実績も豊富ですし、デモカーでE36M3BやE46アルピナB33等も 所有実績がございますので、RECAROのセレクトに関しては完璧です。
 少し古いBMW 3シリーズですがまだまだ現役で各オーナーさまはお乗りだと考えます。 これらのオーナーさまでレカロ装着をお考えの場合は是非当社へご用命くださいませ。 最適なレカロをセレクトさせて頂きます!!  

1

 神奈川県在住のオーナーさまからのご依頼です。BMWシルキーシックスの最後のM3 E46の フェニックスイエローにレカロスポーツシェルの中でも最強のホールド性を誇るSP-GT2を装着 されていますが、座面腿部のウレタンの厚みがご自身のドライビングポジションに適合しないので 薄めのクッションパットPROに交換してドライビングされています。

 こちらのパットはSP-GT2の座面ウレタンと比較して先端部で約120mm程度低目になり BMW E46 M3の様に着座位置が低い車でペダルを前方向に操作する車両にはベストな 選択となります。本品を採用され快適にお使い頂いていましたが、やはり座面だけが黒一色が ご不満に感じられ、既存のワイルドキャットイエローのウレタンおよび表皮を加工してパットPRO同等品が 作製できないかを当社へお問合せ頂きました。

 パットPROやSP-GT2座面のサンプルについては全て当社で在庫しておりますので、ご要望の内容で 作製が可能であることをお伝えし座面を送付して頂きました。 作製に関しては、表皮を分離するとともにパットPROから型紙を作製したものでトムキャット柄をLO 加工しました。ウレタンに関してもサイサポ部を一旦分離し、腿裏部から脚部付根をパットPRO ウレタン形状と同等にシェープし、表皮+ウレタンを仮合わせ後最終のウレタンカット+表皮調整を 実施し完成致しました。

 完成後オーナーさまは神奈川県からご来店頂き、装着も実施しフィテングや製品の完成度のすべて においてご満足頂きました。

 お車も拘りのカラー:フェニックスイエローでイエローのSP-GT2と助手席のSR3トムキャットの組み合わせが 完璧です。予備でSR4トムキャットもお持ちであるとのですので素晴らしい拘りに感服致します。

 今回のオーナーさまのようにご自身が現実化したいRECAROの仕様に関しては全て当社では対応 させて頂きます。費用とお時間は必要となりますがどのようなことでもお問合せ下さいませ!!

1

 奈良県在住のオーナーさまからのご依頼です。オシャレなブラウンカラーのクーパーSを新車で 購入され上品なカスタマイズを施工し、日々お気に入りでお乗りになっていました。

 当初から純正シートには多少違和感があったのですが、1年ほど経過すると腰痛が出はじめ ましたので、これを機会にレカロへの換装を実施されました。

 デザイン的にはAM19のスタイルがお好みで電動機能が充実したものをとのお考えになり ネットオークションで左右とも購入され、当社でメンテナンスおよび取付を実施致しました。

 メンテナンスに関しては全分解クリーニング、ウレタン補修補強、ナルド生地部の部分張替 等全ての不具合か所の作業を実施し、永年安心してお使い頂けるように施工させて 頂きました。助手席用に関してはダッシュボードエアバック用の着座センサーが挿入されて おり、こちらの警告灯消去作業が必要となります。
 レカロJAPANから販売されているナビセレクターはF54には対応しておりませんので、着座 センサーをディラーから取り寄せしシート座面内部へ組み込みし純正同等の保安基準 状態へ仕上げました。

 レールに関してはレカロ製(ワンポジションレール)を使用し装着しましたが、身長が185cm のオーナーさまでは純正同等位のポジションです。これはシートがDCのためハイト機能の厚み がありJCやJJ、Is84、05と比較すると20mm程度高くなるのでこの点が影響してるようです。

 レールの加工により、この20mm分はLOポジに出来る可能性はありますが、費用と時間が 必要となるので今回は見送ることになりました。

 AM19の各モデルのDCは電動機能も充実し、ハイト機能もある優れものですが今回の ようにシートとレールのクリアランスがない場合はLOポジションをご希望の方は、当初から この20mm分を見越したLOポジションレールへの加工等を実施するのがベストですね。

 これ以外はシートのメンテナンスの仕上がりの良さや腰痛お緩和および腰部の安定感の 増加等、とても気に入って頂きました。

 AM19は初期モデル販売後20数年経過しますが、デザイン的には最新モデルの車両にも 全く違和感なく収まり、先見性のあるレカロ社のデザイナーのセンスの良さが感じられます。

 AM19シートのメンテナンスを当社で実施することで、この素晴らしいAM19が末永くご使用 頂けます。AM19の各オーナーさまからのメンテナンスのご依頼をお待ちしています。

1

↑このページのトップヘ