January 01, 2017

FREE THROW 今後のスケジュール

※この記事が常に一番上に来るように設定してあります。
リアルタイムの更新は下の記事からになります。

6/11(土)新宿MARZ『FREE THROW Vol.104』
7/4(日)仙台Shaft『CLUB SNOOZER×FREE THROW』
7/9(土)新宿MARZ『FREE THROW Vol.105』
9/3(土)川崎市東扇島公園特設会場『BAYCAMP2016』

【FREE THROW Twitterアカウントあります。是非フォローを!】




【FREE THROW Facebookページもあります。是非「いいね!」を!】
FREE THROW Facebookページはこちら

予約可能な公演のご予約は
【メール予約】 adv@freethrowweb.com まで、ご氏名、枚数を明記してメール
【予約フォーム】FREE THROW予約フォームに必要事項を明記して送信
でお受けしています。


FREE THROW、DJ個人へのDJ出演のご依頼はadv@freethrowweb.comまでお気軽にご連絡ください!  

May 27, 2016

The Strokes『OBLIVIUS』『Drag Queen』(タイラ)

久々のThe Strokesの新曲!
やっぱりこの人たちのサウンド好きです。


The Strokes『OBLIVIUS』

出だしのギターのアンサンブルからもうThe Strokesって感じ。
これだけ記名性があるってことはやっぱり発明だったんですね。


The Strokes『Drag Queen』

こちらの曲はもう声の質感がThe Strokes!
この感じはもう自分の中にも染みついていて、反射的に「良い!」ってなってしまいます。

  

May 26, 2016

The Stone Roses『All For One』(タイラ)


The Stone Roses『All For One』

遅ればせながらローゼズの新曲を聴いた。
聴く前にいろんな人に「新曲どうでした?」って聞くと、もう賛否両論。

俺ははっきり言ってThe Stone Rosesそんなに思い入れはない。
もちろんリアルタイムでは聴けてないし。
ただ一つの大きい接点と言えば、2012年のフジロック。

繰り返しになるけど、あんまり思い入れないので、
もう見れないかもと縁起物みたいな気持ちで彼らのライブを見た。
結果。大興奮。

ちなみにこの時のライブもいろんな人に感想聞いたら、賛否両論。
でも俺はとっても感動した。
だって単純にこれって「ロックバンド」じゃん。

イアン・ブラウン、ジョン・スクワイア、マニ、レニってメンバーはみんな個性的だし、
何かを犠牲にしてバンドに寄り添おうともしてないような気もする。
でも結果四人が一緒に演奏すると奇跡的にピッタリはまる瞬間があって、
クールなところも、ずっこけるところも含めてもう「ロック」としか言いようがない。
(個人的に良いロックは笑えると思う)

その時もジョン・スクワイアが弾きまくっていて、しかも良い音で。
その度興奮したんですが、この曲のソロもまさにその音!

時代性とか含め、色んな観点あると思うんですが、
俺は単純に良い曲だと思うな〜。

と、思うと来日キャンセルは残念。。
レニ、不慮の落下で肋骨二本折るって・・・笑  

May 25, 2016

never young beach『明るい未来』(タイラ)


never young beach『明るい未来』

奇をてらうことなく、ネバヤンがしっかりネバヤンらしい事をやり切っている。
今回出るアルバムをちょっと前に聴かせてもらって聴いた感想。

これって出来そうでなかなか出来なくて、
言ってしまうと二枚連続で1stアルバムを聴くような感覚。
スキル的にも音作り的にも彼らの理想のサウンドに一歩近づいている感じもしっかり感じられて、
ライブハウスやクラブのデカいスピーカーで聴いても良さそうだなぁ。

でも改めて聞くと、歌詞の世界観はやっぱり「次」を感じる部分もあるなぁ。
こういう歌詞を阿部くんにはたくさん歌って欲しいと思うし、単純に似合う。さらっと聴けちゃう。

MVではいつもと全く違う格好でもこれはこれで様になってしまうのが面白い。
いつあのかわいい女の子とメンバーが絡むのかと思ったんだけど、
結局絡まないというところにも、個人的には好感が持てました笑  

May 23, 2016

Justin Timberlake『CAN'T STOP THE FEELING!』(タイラ)


Justin Timberlake『CAN'T STOP THE FEELING!』

これは今年のナンバーワンアンセムになるかもですね。
昨今の流行には目くばせしつつ、もっともっとスタンダードを目指している曲。
初期よりもてらいなくこういうPOP SONGをやれるようになっている印象です。
Weekendもそうですが、マイケルジャクソンを引き継いだって事かもしれませんね。
良い曲!  

May 18, 2016

20160514FREETHROW Vol.103セットリスト

20160514_FREETHROW Vol.103

23:35-cabbege boy
1.10CC / I'M NOT IN LOVE
2.MICHAEL FRANKS / MONKEY SEE-MONKEY DO
3.BARRY WHITE / IT'S ONLY LOVE DOING ITS THINGS
4.THE ISLEY BROTHERS / BETWEEN THE SHEETS
5.NAS / I CAN
6.DJ QUIK / ROGER'S GROOVE
7.Kick a Show / 友達以上恋人未満〜
8.SUCHMOS / GIRL(FEAT.RYOHU)
9.JURASSIC 5 / FREEDOM
10.BOSQ WHISKEY BARONS / NEVER FEEL COLD(FEAT.MENDEE ICHIKAWA)
11.D.A.N / POOL
12.シャムキャッツ / AFTER HOURS
13.BOYS AGE / IN THE DOLDRUMS
14.TENDOUJI / Life Size

0:25-タイラダイスケ
15.SEUSS / DANCING STUPID
16.THE SPECIALS / I CAN'T STAND IT
17.DESMOND DEKKER & THE ACES / YOU CAN GET IT IF YOU REALLY WANT
18.NEVER YOUNG BEACH / どうでもいいけど
19.LIGHTSPEED CHAMPION / XANADU
20.ENJOY MUSIC CLUB / EMCのラップ道
21.MAGIC, DRUMS & LOVE / フシギ"TONIGHT"
22.PRINCE / I WANNA BE YOUR LOVER
23.LUCKY TAPES / TOUCH!
24.STEVIE WONDER / SIR DUKE
25.RIDDIM SAUNTER / DEAR JOYCE
26.AVENGERS IN SCI-FI / E Z FUNK
27.SATIN JACKETS / SHINE ON YOU FEAT. ESSER

01:00-神啓文
28.UNDERWORLD / I EXHALE
29.PAELLAS / CAT OUT
30.NINE LONG / RUSH TO THE GROOVE
31.SUCHMOS / STAY TUNE
32.KEISHI TANAKA / HELLO, NEW KICKS
33.HAPPY / LUCY
34.加山雄三 FEAT.PUNPEE / お嫁においで 2015
35.奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / 機嫌なおしておくれよ

01:40-弦先誠人
36.JUNIOR SENIOR / HAPPY RAP
37.SKYLAR SPENCE / CAN'T YOU SEE
38.MYSTERY SKULLS / MAGIC FEAT.NILE RODGERS AND BRANDY
39.TUXEDO / DO IT
40.BEAT CONNECTION / SO GOOD
41.MIAMI HORROR / REAL SLOW
42.BODY LANGUAGE / YOU CAN
43.M83 / GO!
44.AMATEUR BEST / PLEASED
45.FISHMANS / NIGHT CRUISING
46.VACATIONER / PARADISE WAITING
47.THE MIGHTY SCEPTRES / JUST DIDN'T MEAN IT

02:20-cabbege boy
48.BECK / SEXX LAWS
49.THE GENE DUDLEY GROUP / INSPECOR NORSE
50.RIDDIMATES FEET.ヒサシTHE KID / 朝が来るまで終わることのないダンスを
51.YOGEE NEW WAVES / FANTASTIC SHOW
52.星野源 / WEEK END
53.YOUR ROMANCE / ANIMALS
54.HOMECOMINGS / HURTS
55.スピッツ / スパイダー
56.ORLAND / BECAUSE OF YOU
57.宇多田ヒカル / AUTOMATIC
58.CERO / SUMMER SOUL

03:00-タイラダイスケ
59.HALFBY / SLOW BANANA FEAT.ALFLED BEACH SANDAL
60.Donnie Trumpet & The Social Experiment / Sunday Candy
61.STUTS / 夜を使いはたして FEAT.PUNPEE
62.曾我部恵一 / LOVE-SICK
63.LUVRAW&BTB / GIVE ME LITTLE MORE
64.YOGEE NEW WAVES / CLIMAX NIGHT
65.NOT WONK / LAGHING NERDS AND A WALLFLOWER
66.QUATTRO / QUESTION#7
67.ANDYMORI / クラブナイト
68.TRACEY ULLMAN / BREAKAWAY
69.THE CHEF COOKS ME / 適当な闇
70.AVENGERS IN SCI-FI / NO PAIN, NO YOUTH
71.THE BEACHES / RIGHT HERE RIGHT NOW
72.SCAFULL KING / WE ARE THE WORLD

03:45-神啓文
73.BANANAMUR / EXOTICYORK
74.THE KEYS / DIE A LITTLE
75.THE CIGAVETTES / CAN`T FIND MEMORIES
76.TAKESHI IWAMOTO / HONEYMOON
77.THE LA`S / THERE SHE GOSE
78.THE STROKES / IS THIS IT
79.The fin. / NIGHT TIME
80.G.RINA / SWEET JUCEY LUV FEAT.LUVRAW
81.Nujabes / kumomi
82.DJ deckstream / exit sign
83.TAHITI80 / HEARTBEAT

04:20- 弦先誠人
84.MANCEAU / FULL-TIME JOB
85.group_inou / R.I.P
86.PASSION PIT / LIFTED UP(1985)
87.SMALLPOOLS / DREAMIING
88.YIKIKI BEAT / FOREVER
89.RED HOT CHILLI PEPPERS / AROUND THE WORLD
90.AVENGERS IN SCI-FI / CITIZEN SONG
91.PILLS EMPIRE / Kubrick Syndicate
92.MARK RONSON / UPTOWN FUNK
93.!!! / FREEDOM!'15
94.THE JERRY LEE PHANTOM / MUSICK LOVERS
95.ORLAND / Love's On The Way
96.The Stone Roses / Bye Bye Badman  

今週末も10周年!(タイラ)

先日はFREE THROWありがとうございました!
10年!
久しぶりに会えた人もたくさんいて嬉しかったなぁ〜。
やっぱり何事も長くやるもんですね。
年内くらいは10周年にかこつけて諸々にぎやかな感じでやれたらと思っておりますのでよろしくお願いします!

そして今週末金曜日も早速スペシャル企画です!

FREE THROW 10th Anniversary

2016/5/20(金)@渋谷HOME
open&start 24:00
adv.¥1500(D別) / day.¥2000(D別)

*GUEST LIVE

Car10


Jappers

*DJ
弦先誠人 / 神啓文 / タイラダイスケ / Cabbage boy

今週末は場所を渋谷移しての開催。HOME久々ですね。
THREEでお世話になっていた星野店長がHOMEも見ることになったという事で、
そのお祝いも兼ねてという感じです。

まずCar10。
色んな所で書いていますが、去年のFREE THROWベストパーティーは6月のCar10とやった回だと思っていて、あの日は色んなもののリミッターが降り切れて、酔ったし笑ったし最高でした。
なんか純粋な夜だった。
それから約1年後。ずっとやりたかったけどここまで温めたからこの日もめちゃくちゃ良い夜にしたい!
「10」周年だし!
Best Spaceでみんなでシンガロングしましょう!

Jappersもずっとやりたかったバンド。
ひょんなことからメンバーさんとちゃんと話す機会があって、
このタイミングで、この組み合わせは最高なのでは!とお誘いしました。
音楽はYoutubeでまずチェックしていただければと思いますが、FREE THROWとの相性ばっちりかと!
サイケデリックでフォーキーで気持ちいい。

こないだなんだかみんな体調悪かったんですが、笑
もうばっちりなんでぶっ飛んだ夜にしたいですね。

ご予約は予約フォームより。
お待ちしております!  

May 13, 2016

cabbage boy FREE THROW10th Anniversary MIX

土曜日のFREE THROW10周年を記念しまして、4DJのMIXをUPします。
10周年にちなんで10曲のショートMIXです。
本日はcabbage boyのMIXをUPしました。
是非聴いてみてください!

  

May 11, 2016

MAKOTO TSURUSAKI FREE THROW10th Anniversary MIX

土曜日のFREE THROW10周年を記念しまして、4DJのMIXをUPします。
本日は弦先誠人のMIXをUPしました。
是非聴いてみてください!

  

May 06, 2016

来週でFREE THROWは10周年です(タイラ)

来週の土曜日でFREE THROWは丸10年!
記念すべき日は4DJでごりっとやる事にしました。
以下詳細です!

FREE THROW vol.103
-FREE THROW 10th Anniversary-

2016/5/14(土)@新宿MARZ
open&start 23:30
adv.¥1010(D別) / day.¥1500(D別)

*DJ
弦先誠人 / 神啓文 / タイラダイスケ / Cabbage boy

*VJ
AJUKA(Beast picture Market)

10周年にちなんで、前売りは¥1010という悪乗りです笑
(MARZがおつり用意するの大変なんで是非皆さま10円のご用意よろしくお願いします笑)

今年はFREE THROWのアニバーサリー周年という事で、1年(くらい)かけて色々やってみようと。
その一回目にDJだけでシンプルにやるっていうのが良いかなと思っております。

ご予約は予約フォームよりお待ちしております!

===================================

ここからは個人的な話。

10年って一口で言ってもまぁ色々あるもんです。
(細かいこと言えば、自分は途中から加入なんで9年と半年って感じなんですが)
まぁ、あの時から10歳は年を取っているわけだし、時代も変化する。
考え方とか、やり方とか、風景とか、色々変わっていきますよね。
個人の人生とか、生活の環境とか。
体力の衰えとか!酒飲めなくなってきたとか!笑

長くやるってことは尊いものでももちろんあるけど、ただ長くやれば良いってものでもないです。
FREE THROWみたいなPartyって、特に新しい出会いを創る使命みたいなものがあると個人的には思うし、
それにはフレッシュなムードで、外に拓かれていっているもので在り続けたいって気持ちがあります。

その中で思う事は「じゃあ自分はどうなのか」という事。

10年の歳月の中で手に入れたもの。逆に失ったもの。
振り返ると「+」も「−」も色々あると思います。
でもそれも含めて一番大切なのは「今」なわけで。

やっぱりノスタルジックなモノではなく、現在進行形の「今」なPartyをずっとしたい。
ノスタルジーに浸るなんて、一番ダサいと俺は思います。
今までの蓄積みたいなものではなくて、「今」で勝負が出来るかを常に確認したいんですね。

正直10年もやったらいつでも辞めてもいいんですよ笑
逆に一つのPartyなんて10年も続けちゃいけないんじゃないかという気持ちすら、今はあります笑
Partyに限ってですが、10年も同じことを新鮮な気持ちで続けるなんて結構あり得ない事なんだと思うんです。
(まぁ、今もギリギリそれが出来ているから続けているんだと思うんですが。)

自分の価値観で言えば、続けるためにだけにやるなんて、すごく空しい。
自分自身がFREE THROWに面白みを感じなければ辞めれば良いし、その覚悟って常に持ってなければいけない。
その上で自分たちが面白おかしく興奮してフレッシュにやれるものを探して、結果続くならばそれは本当に美しい。
これって結構綱渡りみたいなものなんですよね。それを毎月毎月やっていく。
刹那的ですが、これが一番健康的なのではないでしょうか。

10年という節目にあんまり縁起の良い話じゃないかもなんですが笑
節目って自分で勝手につじつま合わせて創れるもんで、
それにかこつけて、今は「俺はいつでも辞めれる!」って気持ちなんですね笑
とは言いつつも、結局は「だからこそ、過去にすがることなく、今を面白いものにしたい」と。
そういう事です。


続ける事だけが正しいとは限らない中で、それでもなんだかんだで10年。
(自信を持って言いますが、もう10年、は絶対無理!笑)
10年経った「今」を是非見にきてください。
続けてるってことは、自信も、やっぱりちょっとあります。
お待ちしております。