January 01, 2019

FREE THROW 今後のスケジュール

※この記事が常に一番上に来るように設定してあります。
リアルタイムの更新は下の記事からになります。

5/11(金)渋谷OTO『FREE THROW Vol.118』
6/8(金)下北沢BASEMENT BAR『FREE THROW Vol.119』
9/8(土)川崎東扇島東公園『BAYCAMP2018』


【FREE THROW Twitterアカウントあります。是非フォローを!】




【FREE THROW Facebookページもあります。是非「いいね!」を!】
FREE THROW Facebookページはこちら

【FREE THROW Spotifyプレイリストもあります。是非フォローを!】


予約可能な公演のご予約は
【メール予約】 adv@freethrowweb.com まで、ご氏名、枚数を明記してメール
【予約フォーム】FREE THROW予約フォームに必要事項を明記して送信
でお受けしています。

FREE THROW、DJ個人へのDJ出演のご依頼はadv@freethrowweb.comまでお気軽にご連絡ください!  

July 11, 2018

The Lemon Twigs『If You Give Enough』(タイラ)


The Lemon Twigs『If You Give Enough』

2018年8月24日リリースのニュー・アルバム『Go To School』より。
なんだかちょっと大人になった!?って感じですが、
今まで出たほかの先行曲はそんなことも無かったので、
まぁバラエティー豊かなアルバムになるのではと予想。
前作がアレンジがとにかくアイディアフルだったので、
こういうシンプルなものをやらせたら逆説的ににさすがだなって思っちゃうのは、
彼等の手のひらで転がされてるんでしょうか??笑  

July 10, 2018

7/10雑記(タイラ)

某日。

OTOスタッフあかりちゃん企画でDJ。
あかりちゃんだからこその組み合わせのパーティー。
こういう色んな現場の雰囲気が一晩で楽しめるのは個人的に楽しい。
湯けむりDJsさんの後にどうやって今フロアでめちゃくちゃ踊ってくれている人たちと自分の接点を見つけようかなーと頭をフル回転。
OTOのお客さんはオープンマインドでDJしてても楽しい。
朝まで賑やか。

某日。

青森へ。
乗り鉄じゃないのに、新幹線はテンション上がって眠れない。
調べたら青森市にDJで行くのは4年ぶり。
久しぶりなのに沢山のお客さんの前でDJさせて貰って本当に感謝。
バチッとハマる瞬間、予想外な瞬間、どちらもDJとしての真価が問われる時間だと思う。
一晩の流れ、みたいなものは自分も含めてある人のある1曲で変わっていく事もある。
自分がDJをする時はシュートを打つ事でもあるけど、後ろの人へのパスでもある。
そう思えばやっぱり他の人のDJ中だってフロアからは動けない。
もちろん楽しいからっていうのも大きいんだけどね。

某日。

青森観光。
神さんの実家へ。
ご両親本当にパワフル。
酒飲まないと話せない話もありますよね。

某日。

東十条のモツ焼きの名店「埼玉屋」さんへ初来訪。
お店ルールみたいなものがあって、めちゃくちゃ緊張したんだけど、すごく美味しい。
ここは酔ってる客は入れないとか、厳しいルールあるんだけど、
自分がプライドを持っているものをちゃんと理解できる人だけを相手にするというのはすごく理にかなっている。
その代わりルールを守ってくれる人は全員必ず満足させる。
カッコいい店だった。
けど泥酔。


某日。

赤羽でDJ。
樹里ちゃん、MA-Iちゃん、KAOKERUZOの三人女子DJをお招き。
女の子がかけると映える曲ってやっぱりありますよね。
みんなよかったけど、KAOKERUZOがつっぱりながらキャパを広げ続けている感じが本当にすごい。
俺もああありたいと思う。

某日。

JABBA DA FOOTBALL CLUBワンマン。
WWW人いっぱい。
かなり前にERAのFREE THROW大忘年会に出て貰ったのが懐かしいなぁ。
ROVINくんのフローはアイディアあるなぁ。
客演で出てきたKick a Showの色気がすごい。

某日。

OTO→CIRCUSのハシゴ。
NIGHT RHYTHMちょっとしかいれなかったけど、Cool GさんのディスコセットDJめちゃくちゃ良かった!
最後にかかったMISIAの「Never Gonna Cry」、和製レアグルーヴでカッコ良かったなー。
CLUB SNOOZERは本当に久しぶりに行けた。
CIRCUSの音響パンチあるなぁ。低音の揺れで身体が痒くなる感じ。
宗さんのDJはスケール感あるなぁ。
あれはデカ箱を経験してきている経験値なんだろうか。
DJをするのはもちろん楽しいんだけど、無責任に遊ぶのが一番楽しいかも。
まぁ楽しさの種類が違うのか。

某日。

新宿Be-WaveでSIDE DISH。
お客さん来る前にやまださんにレクチャー頂いてアナログで2枚使いの練習。
あんなの平然とやる人信じられない!

この唾奇のドキュメント、衝撃でした。
めちゃくちゃタフ。
未見の方は是非。




  

July 09, 2018

今週金曜日はレギュラーFREE THROW!DJのみでの開催!(タイラ)

freethrow-299x300-3-900x650


今週金曜日はレギュラーフリスロ。
今回はゲストをお呼びせず、レギュラー4DJのみでどっぷりお届けできればと。

場所は渋谷スタジオ。
スタジオ、といっても皆さんのイメージする「スタジオ」ではなくて、
めちゃくちゃ雰囲気が良いカフェバーです!
DJの環境も良い感じで出来るので楽しみ。
ちょっとラウンジな雰囲気も出るかもなんですが、
いつものFREE THROWらしくパッと一晩飲んで楽しめたらと。

夏のレギュラー開催なのですが、BAYCAMP等もあるし、
もしかしたら次のレギュラー開催は10月とかかも?
なんでこの機会に夏の景気づけも兼ねて遊びに来ていただければと!

当日&前売りは同料金なのでふらっと来て頂いてOK。
金曜は渋谷でお待ちしております!

FREE THROW Vol.120

2017/7/13(金)@渋谷Cafe&Dinerスタジオ
http://www.clubberia.com/en/preserve/CAFE/studio1.html

open&start 23:30
TICKET.¥1500(D別)

*DJ
弦先誠人
神啓文
タイラダイスケ
cabbage boy  

July 08, 2018

Peter CottonTale『Forever Always (ft. Chance The Rapper, Rex Orange County, Daniel Caesar)』(タイラ)


Peter CottonTale『Forever Always (ft. Chance The Rapper, Rex Orange County, Daniel Caesar)』

今年の夏フェスはフジの二日目とサマソニ東京の二日目は絶対!と思っているのですが、
前者はやはりケンドリック・ラマー、後者はチャンス・ザ・ラッパーが一番の目当て。

チャンスも所属するThe Social Experimentの鍵盤奏者Peter CottonTaleのソロにチャンスも参加したこの曲が素晴らしいです。
Donnie Trumpet & The Social Experiment名義で出した作品の延長線上にあるような質感。
ライブ本当に楽しみだなぁ。

しかしここにさらっといるRex Orange Countyって本当に売れっ子なんですね。
彼もサマソニでライブ見れる!


Rex Orange County『Loving is Easy (feat. Benny Sings)』

Daniel Caesarは恥ずかしながら知らなかったんですが、この曲とかめちゃくちゃ良いですね。
大好きなKali Uchisと一緒にやってます。


Daniel Caesar『Get You ft. Kali Uchis』  

July 07, 2018

Justin Timberlake『SoulMate』(タイラ)


Justin Timberlake『SoulMate』

前のアルバムは彼のルーツみたいなものに向き合う内容だったのですが、
そこからの新曲は一気にミーハーに最近のアフロっぽい流れを汲んだものに。
そういう所に彼のポップスターたるところを感じてしまったり。
プロデューサーのNineteen85はDrake周りの仕事を良くやっている人らしく、One Danceなんかもやった人と知ればなるほどと思ったりもしますね。


Drake『One Dance ft. Wizkid, Kyla』
  

July 06, 2018

Tempalay『SONIC WAVE』(タイラ)


Tempalay『SONIC WAVE』

新体制になった彼らの新曲。
今までの彼らの曲にもあったようなサイケデリックファンクな雰囲気をもっとサイケ寄りに振り切ったような。
ビデオも気持ち悪いけどなんかくせになって見ちゃう笑
ドラムのドシャメシャ感と、サビで風景がパッと拓ける感じも気持ちいい。  

July 04, 2018

6/29雑記(タイラ)

某日。

最近は真面目に歯医者に通っているんだけれど、
ダメになった歯を抜かなくてはいけなくて、
治すのにちょっとびっくりするような金額がかかると説明。
まぁ値段はさておき、悪くなるものって色んな種類のものがあるけど
ゆっくりダメになっていって気が付くと手遅れみたいなものはやっぱりある。
ゆっくりだから気が付かない事も多いし、
やっぱり放置するといけないよなぁと、当たり前な事を今更痛感。
でも歯医者も含め、病院は嫌いなんだよなぁ。

某日。

赤羽CrabでDJ。
安心して酔える場所があるのは幸せだ。

某日。

六本木Bar StriXでDJ。
所謂ちゃんとしたバースタイル。
マイケルJフォクスさんのDJはやっぱり素敵。
カウンターで音には耳を傾けつつおしゃべりしながら飲むのも楽しい。
StriXはすごくしっかりしたお酒を出してくれるんですが、
やっぱりプロは「所作」がカッコいい。

某日。

Parade@渋谷Organ Bar。
自分が誰にDJを褒められたら一番嬉しいかというと、それはヒサシ the KIDさんだと思う。
それはヒサシさんがお世辞を言わないから。(すごく優しいんだけどね)
良い時は「ナイスDJ〜!」って言ってくれるし、
良くないときはその話題に触れない 笑
この日は良かったよ、と言ってくれてやっぱりめちゃくちゃ嬉しかった。
今月もめちゃくちゃ楽しい夜だった。
ヒサシさんとのBtoBのあの曲の返し、もっと違う道筋あったなぁ〜!とかちょっと後悔もしながら帰宅。
あの後はcardy Bだったなぁ〜!!悔しい!


某日。

チャリでこけて手首を負傷。
骨折はしてなくて一安心だけど、(嫌いな病院に行った。。。)
知らぬ間に過去に同じ場所を骨折していた事がレントゲンにより発覚。
ぱきっと割れて剥がれて角が取れた丸い骨がくっきりと映るレントゲン写真。
自然治癒してた。鈍感にもほどがある。
DJにはあまり支障が無い事が九死に一生を得た感じ。
早く治んねぇかなぁ〜。
痛くて乗れないチャリに早く乗りたい。

某日。

School in london@恵比寿バチカ。
村田タケルくんのDJはいつ見ても刺激的だ。
明確な美意識と技術があって、それを丁寧に周りにプレゼンしてくれる。
彼の周りに自然と人が集まるのは納得。
カッコいいパーティーだった。
初見のCeremony、痺れた。

某日。

W杯日本戦。
VSセネガル戦、VSポーランド戦のパブリックビューイングでDJ。
スポーツに限らずだけれど、ここまで集中して、しかも片方に肩入れして見るのはめちゃくちゃ面白い。

某日。

UNITでHAPPY企画。
GLIM SPANKY、松尾さんの声はすごい。
俺の中ではミッシェルチバさんに匹敵する「ロック声」。

某日。

渋谷TangleでDJ。
音楽的に信頼している人が遊びに来ているフロアは背筋が伸びるし、
その人たちにダサいと思われたくないからいつも必死。
会話は何でも楽しいけど、やっぱり音楽の話をしている時が一番楽しい。

某日。

渋谷OTOでDJ。
J-POPをバカテクでかけまくる湯けむりDJsさんの後の出番という事もあり、
頭フル回転の35分。
DJはある種軽薄な表現でもあって、昨日と今日の内容が全く違うなんて事も出来る。
じゃあそこにどうやって整合性を付けていくかと言えば、やっぱり「人」の力なんだろうなと、ずっと思っている。
タイラがかけたらより良い曲に聴こえた、とか、新鮮に聴こえた、とか、
そういうものが少しでも毎回あるようにしたいと。  

7/16(月・祝)は仙台へ!FREE THROW×DENIMS×SHAFT!(タイラ)

7161


7162


今月は久々にFREE THROWで仙台へ!
(残念ながらキャベツは所用でお休みです涙)

前回一緒にやった時も最高だったDENIMSと。
SHAFTとの相性もバッチリな予感。(音的な意味と酒的な意味で)
SHAFTはフロアライブですし、彼等に聞いたらフロアライブすごく得意との事で余計に楽しみ。
ご予約はSHAFT HPからお受けしております。
翌日は平日なんでライブはちょっと早めスタート、その分たっぷりやってもらえたらと。

久々の仙台、乾杯出来たら嬉しいです!
お待ちしております!

FREE THROW SENDAI
2018年7月16日(月・祝)@仙台SHAFT
OPEN 17:30 LIVE 18:30

当日/3500yen(+1D 600yen)
前売り/3000yen(+1D 600yen)

前売り予約は下記から受付中です!
チケット予約:http://www.clubshaft.com/home/?page_id=2

GUEST LIVE/
DENIMS


DJs/
弦先誠人
神啓文
タイラダイスケ  

June 29, 2018

くるり『忘れないように』(タイラ)


くるり『忘れないように』

音楽的に実験心も野心も知識もある人達が、
色んなものを極限にそぎ落とした時に到達したポップソングが好きだ。

くるりはまさに何年かに一度、そういうものをぽっと提示してくれるような気がして、
(とはいっても彼らの作る音楽は全てポップではあるのだけれど、ここまで分かりやすく、という意味で)
その度にハッと息をのむ。

歌詞も素晴らしい。
示唆的なものの中にも十分な余白があって、
自分を落とし込む余地を与えてくれる。

聴きながらちょっと泣きそうになった。
今日で東京は梅雨明け。