January 01, 2019

FREE THROW 今後のスケジュール

※この記事が常に一番上に来るように設定してあります。
リアルタイムの更新は下の記事からになります。

9/8(金)川崎クラブチッタ『BAYCAMP TGIF』
9/9(土)神奈川県 東扇島東公園 特設ステージ『BAYCAMP2017』
10/1(日)仙台SHAFT『FREE THROW SENDAI』

【FREE THROW Twitterアカウントあります。是非フォローを!】




【FREE THROW Facebookページもあります。是非「いいね!」を!】
FREE THROW Facebookページはこちら

予約可能な公演のご予約は
【メール予約】 adv@freethrowweb.com まで、ご氏名、枚数を明記してメール
【予約フォーム】FREE THROW予約フォームに必要事項を明記して送信
でお受けしています。


FREE THROW、DJ個人へのDJ出演のご依頼はadv@freethrowweb.comまでお気軽にご連絡ください!  

September 20, 2017

Yuksen Buyers House『Slowdance』(タイラ)


Yuksen Buyers House『Slowdance』

彼らの初のEP「Out Of The Blue EP」より。
ここまで全うな「インディー感」ってなかなか最近日本ではないのでは?
DIIVなんかを想起させるようなギターのリフやシューゲイズ感にグッときます。
EPではこの曲とはまた違うような表情も見せてくれているので、
今後に本当に期待。FREE THROWでもいつか一緒にやりたいバンドです。
  

September 19, 2017

Cosmo Pyke『Great Dane』(タイラ)


Cosmo Pyke『Great Dane』

Cosmo Pykeの新しいMV。

とにかく絵になるなぁ。
俺がガキの頃に好きだったミュージシャンは、ルックス含め純粋にカッコよくてあこがれる存在で。
そんな幻想をいまだに抱かせてくれる彼のような存在はとっても貴重。
サウンドもビジュアルもトータルで美意識がある。
フィジカル欲しいなぁ。
先日四国行ったときにROCK TRIBEのNoriさんがChronic Sunshineの7inch持っていてマジで羨ましかった。
出てるの知らなかったなぁ。

  

September 14, 2017

Noah Slee『Radar』(タイラ)


Noah Slee『Radar』

ベルリンを拠点とするソングライター。
1st Album「OTHERLAND」からの一曲。

ネオソウル、R&Bと括ってしまうと面白みがないのですが、
彼の楽曲はそこにダンスミュージックの要素が色濃く入ってくるのが面白い。
ビートの解釈がいわゆる界隈の人に比べて分かりやすくとっつきやすい。
サウンドもシルキーなものからマッドなものまで幅広い仕上がり。
DJでも重宝しそうな一枚。  

September 12, 2017

BAYCAMPありがとうございました!(タイラ)

BAYCAMP2017


先週末はBAYCAMP TGIF&2017ありがとうございました!
二日続けて遊んでくれた人も沢山いて、めちゃくちゃ心強かったです!

TGIFはちょっとだけも含めて見れたのは四星球、MOROHA、teto、TENDOUJI、HAPPY、avengers。
終電前と終電後でお客さんの雰囲気もガラッと変わって、
朝方のあの盛り上がりとかグッときました。
バンドもいいライブしてたなぁ。
DJも結局5時過ぎまで。

わずかな仮眠をとって東扇島へ。
(ちなみにマコトさんは前夜祭でアドレナリンが出すぎて一睡もできなかったらしい!笑)

FREE THROW GARDEN、ステージが広くなっていて、
DJブースが初めて、ステージの前側に。
お客さんの顔が良く見えて、嬉しかったなぁ。

ライブはちょっとだけも入れたら結構見ました。
FREE THROW GARDEN出演の人たちは全アクト見たし、
他のステージもCreepy Nuts、Yogee、きのこ帝国、KOHH、ドミコ、ナード、DENIMS。
今までのBAYCAMPで一番沢山ライブ見れた年かも。
まだまだ若いですね!笑

ゲストで出てくれたDJさんもそれぞれ持ち味バッチリ。

タロウくんはもはや半分ライブくらいの勢いで機材を持ち込み、新曲2曲をブースライブみたいな形で披露。最近アコースティックセットもやってるけど、これきっちりやったらDJセットみたいなものも出来るかもね。

チャーベさんはPANORAMA FAMILYとKONCOSのTA-1くんを引き連れたMIXX BEAUTYチームで。
(MIXX BEAUTYは彼らが毎月渋谷のOrgan BarでやっているPartyです。)
これも素晴らしかった。
自分はBAYCAMPのDJブースはただのお祭りではなくて、普段のパーティーの延長線上にあるものにしたいなと思っているんですが、(だから自分たちの選曲もそんなにいつもと変わらないはず)
チャーベさんはそれを自分たちとは違う形で体現してくれたんだなぁと思って、とっても嬉しかったです。
自分の気持ちを汲み取ってくれたような。

マイケルさん&村上大輔くんはとてもフィジカルでトライバルなセット。
といっても、意外とワールドミュージックものはかけてなくて、あくまでロックの中からそう言うテイストの曲をセレクトしてくるところにグッと来たり!
ラスト辺りでケンドリックラマーまで行ったところが最高に良かったー!!

タクミさんはもう安定感ですね。
FREE THROWが触らない、触れないところをやってくれるから、
お客さんもめちゃくちゃ嬉しいだろうなぁと思いながら。
で、俺らもタクミさんがいるからああいう風に出来る。
BAYCAMPになくてはならない存在。

OFFICIAL SITEでは二日間の写真も見れるので是非チェックを。
FREE THROW4人の写真もあります。
http://baycamp.net/2017/

FREE THROWのレギュラーパーティーが止まっている状況で、少しの不安はありつつ、
でもやれて良かったなぁというのが素直な感想です。
だけれど、来年は絶対にレギュラーパーティーもバンバン動かしてまたあのブースに立ちたいなと思っています。
ゲストのDJさんはやっぱり意味がある人をブッキングしたいと思うんですが、
ならFREE THROWだから無条件で出れるって話だったらおかしいと思うんです。
やっぱり自分たちにも厳しくなければいけないし、
お客さんの信頼感がなくなったらあそこの場所に魅力は無くなってしまうような。
自分自身の事は自己判断むずかしいですが、FREE THROWの3人は自分にとって心強かったです、やっぱり。
阿吽の呼吸というか。まぁ10年以上毎月やってたですもんね!

プレパーティーの時に主催の青木さんに話したのは、
DJもTIP OFF ACTみたいな感じでオーディションみたいなものがあっても良いかもね、とか。
やっぱり新しいヒーローというか、フックアップみたいなものって絶対に大事で。
でも、DJってただDJだけが上手けりゃ良いわけじゃないよねって考え方もあったりするんで、
DJ MIXの音源だけで判断は出来ないし、選び方にどういう形があるのかなぁ?と。
もしかしたらそういう話も今後あるかもしれないので、興味がある方は是非チェックしていてください!
(話自体が無かったらごめんなさい!!!!)

とにかく今年もBAYCAMP沢山の人に支えられてDJをさせて頂きました。
スタッフの皆さん、VJのアスカさん、青木さん、そしてもちろん遊びに来ていただいたお客さん!
本当にありがとうございました。
もっともっとこの大好きなフェスの力になれるように、
また一緒に皆さんとスペシャルな一晩を創れるように、
また一年頑張りたいと思います!  

September 09, 2017

【生活と音楽 Vol.2】×武田信幸(LITE) バンドを続けるために「お金」と「時間」を生み出すための「起業」(後編)

takeda1


Sam's Upでの対談連載「生活と音楽」第二回の後編がUPされています。
今回はLITE武田君にお話を伺っています。

前編はこちら。未読の方は是非!
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.2】×武田信幸(LITE)
バンドマンとして、バンドを続ける「不安」と「喜び」に向き合う(前編)
https://sams-up.com/featured/interview/seikatsutoongaku_02/

バンドを続けるためには「お金」と「時間」が必要だと考えた武田君。
それを生み出すための方法として「起業」をしようと、動き始めます。
こういうアイディアを発想して、具体的なアクションがとれる事がまず彼のタフなところだなぁ、と。
起業の内容を「行政書士」にしたところにも、武田君の人生の信念が貫かれています。

「生活」と「音楽」が別離するのではなく、良い形の相互作用を産みだす、理想的な形の一つのように思いました。
そして、それを今まで自分が育ってきたバンドシーン、ライブハウスシーンに還元しようとする姿も心強い。

そして最後に。
武田君が言ってくれたこの言葉に胸が打たれます。

『LITEを14年続けてきて…すごくよかったと思う。年々その思いは強くなってるかな。それはもう結成当初の時よりも今の結成14年の方が圧倒的に「続けてきてよかった」って思えていて。これからもLITEは20年、30年って続けていきたいなと思ってる。続けていけば、転がってどんどん大きくなる雪だるま式じゃないけど、そこに関わる感動とか、自分の経験が雪だるま式に増えてくる。だからそれは絶対に転がしていきたいなっていう風に思ってるんだよね。』

こういう素敵な考え方を持っているバンドマンと一緒に出来たから、FREE THROWは推進力を貰って続けられたのかも。
是非武田君の力強い言葉、受け取っていただけたら嬉しいです!

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.2】×武田信幸(LITE) バンドを続けるために「お金」と「時間」を生み出すための「起業」(後編)
https://sams-up.com/featured/interview/seikatsutoongaku_02b/  

September 08, 2017

Lil Peep『Awful Things ft. Lil Tracy』(タイラ)


Lil Peep『Awful Things ft. Lil Tracy』

最近HIP HOPを良く聞くのは、
そこに自分なりの「ROCK」を投影するからだったりする。
極端に言ってしまうと、最近はバンドマンよりもラッパーの方に昔自分が感じてきたロックへの憧れみたいなものをキャラ的にも音楽的にも感じてしまう事がある。
(そういう意味ではHIP HOPが好きだけど、結局ROCKが好きなんだなぁ、という事も逆説的に出来るのかもしれない。)

例えばKOHHのこの曲を聞いた時なんてサウンド含めてどのロックミュージシャンより狂暴じゃん!と思ってめちゃくちゃ興奮した。


KOHH『Die Young』

グランジの新しい解釈というか。

アメリカの20歳、Lil Peepもそういう系譜にいると思う。
ちょっとライトなサウンドが自分的には丁度良い。
サウンドが重くなっちゃうと、個人的な好みとは外れてきちゃうと思うから、
これ以上マッチョにならないで欲しいけど、なんとなくそういう方向に行ってしまいそうな気もちょっとだけする。

しかし、こんなタトゥーだらけのクラスメイトいたらめっちゃ怖いよ!笑  

September 07, 2017

タイラ的解説!今週末はBAYCAMPその2【BAYCAMP2017編】(タイラ)

土曜日はいよいよ本祭、BAYCAMP2017。
タイムテーブルはこちらです!

2017tt


まず今年はステージが一つ増えて全4ステージになっているところが大きな変更点。
嬉しい悩みが増えますが、どこをとってもBAYCAMPらしいブッキングかと。

FREE THROW GARDEN(今年からテントステージじゃなくなるという事で名前が変わりました!)では何組かのゲストDJをお招きしました。
まず、avengers in sci-fiからタロウくん。
バンドではTGIFに出演するので、こういう感じの2DAYSも良いかな?と思ってお誘いしました。
色んな機材持ち込もうかなー?と言っていたのでちょっとスペシャルなDJになるかも。

チャーベさんはハスキンとLOW IQ 01の間っていう時間帯にもこだわりました。
この日はPANORAMA FAMILYを連れての登場という事で、彼のライブも数曲見れるはず!

マイケル+村上大輔は一昨年の冬からの出演。
実はその年に一番ブースを盛り上げたのが彼らだったんですよね。
そういう連動性もしっかり持たせていきたいなというか、
やっぱり良いパフォーマンスをしてくれた人がちゃんと次に繋がるべきだと思います。
(偉そうですし、俺も頑張らなきゃいけないのですが!!!!)

たくみさんは毎年恒例ですね!安定!!

LIVEももちろん見所沢山です。
まずFREE THROW TENTでは…
15:20のシャムキャッツ。今バンドめちゃくちゃ良い状態だろうなー!
その後のFBYもアルバムめちゃくちゃ最高だったので楽しみ。新曲聴けるかなー?
NakamuraEmiさんは去年初見でぶっ飛ばされたんで今年も見れるの嬉しい。
夏は初登場のPredawnも楽しみ。前に出た冬の時のライブはめっちゃパンクだった!(精神的にね)
KIMONOS→マイケル+村上大輔→スパルタって流れは個人的には一番踊れそう!
深夜のimaiくんなんて最高に決まってます!
とにかくFREE THROW GARDENは唯一音が止まらないステージ。
ここを中心に遊びを組み立ててくれたら嬉しいです!

他のステージに目を移すと…
やはり夕暮れ時のYogee、スペアザは最高だろうし、
暗くなって来て一発目のきのこ帝国はしびれるだろうなぁ。
そしてKOHHはやっぱり見たい!やっと見れる!
新ステージMOROMI STAGEは若手中心って感じですが、見所満載ですね。
ある意味このステージが一番FREE THROWっぽいかも?
俺もちょこちょこ見に行きたいと思ってます!

エリアマップも公開!

area


ステージの場所やトイレなどチェックしてもらいたいのですが、
気になるのは「リング」!笑
翌日の同場所開催「夏の魔物」用だと思うのですが、
プロレスファンとしては近くでリング見てみたい・・・・!
(全然関係ない話なんですが笑)

とにもかくにも、野外オールナイトフェスという事で、タフな楽しみ方になると思います!
夜は冷えたり、雨等への準備も万端で是非起こしくださいね!
FREE THROW GARDENでお待ちしております!

http://baycamp.net/2017/




  

タイラ的解説!今週末はBAYCAMPその1【TGIF編】(タイラ)

いよいよBAYCAMPが間近!
という事で見所や楽しみのポイントなどを直前まとめておきます!

まず金曜日は前夜祭TGIFです。
タイムテーブルはこちら!

TGIFtt


FREE THROWはアティックステージの早い時間を担当。
(タイムテーブルに名前入ってますが、弦先、タイラ、神の3人編成になります!)
メインステージの最後の時間もちょっとだけやらせて頂きます!

ゲストDJにはGetting Betterより斎藤雄くん、そしてピストル・ディスコチームをお誘いしました。
深い時間はお任せします!

ライブは翌日からダブルヘッダーチームもいつつ、やはりTGIFでしか見れないバンドに注目。
四星球、何気に初めて見れるの楽しみ。大笑いしてスタートしたいですね!
HINTOとスパルタが二日間で一気に見れるなんて贅沢。
去年大トリのMOROHAは今年も。去年のライブマジで痺れました。
後半3組は仲良しなTENDOUJI→HAPPY→avengers in sci-fi。
もう絶対楽しいやつでしょう!

チケットは当日のみで格安2000円。
にも関わらず、翌日のBAYCAMP2017のチケットをお持ちの方はなんと無料!
ドリンク代のみで入場可能です!

川崎駅周辺には安い宿もあるみたいですし、
思い切って前日から一緒に遊ぶってのはいかがでしょうか??
チッタでお待ちしております!

TGIF


2017年9月8日(金) 
会場
川崎CLUB CITTA'
時間
OPEN 19:00 / START:19:30 オールナイト
チケット
BAYCAMP2017 入場券 にて入場無料 ※ ドリンク代のみ別途必要
DAYTICKET 2000円 (税込)ドリンク別
<注意事項>
※オールナイト公演となりますので、18歳未満の入場不可となります。
※入場時にIDチェックを行います。顔写真付き公的身分証を必ずご持参ください。 公的身分証とは運転免許証、パスポート、住基ネットカード、学生証(いずれもコピーは不可)

ARTIST

avengers in sci-fi
HAPPY
Helsinki Lambda Club
HINTO
MOROHA
MOTHBALL
TENDOUJI
teto
四星球
春ねむり

[DJ]
FREE THROW
斎藤雄(Getting Better)
ピストル・ディスコ

http://baycamp.net/2017/tgif/
  

September 05, 2017

Tempalay『新世代』(タイラ)


Tempalay『新世代』

先日見たTempalayのライブが素晴らしかった。
リョートの指のケガから久々の4人でのライブだったみたいだけど、
その緊張感もプラスに作用したのかもしれない。

先日出た『from JAPAN 2』も素晴らしい。
アイディアとユーモアと美意識に溢れたアレンジと音像。
その中で今作自分が一番グッと来ているのはリョートの歌だったりする。
明らかに前作よりも本人自身が歌を歌うことに自覚的になっているような。
何か見えているものが変わったんじゃないかと。
アルバム収録曲「かいじゅうたちの島」は特にその声が全面に出た一つの完成形のような感じがして、本当に名曲。


Tempalay『革命前夜』

この曲も先日のライブですでにハイライトになっているのがすごく頼もしい。
これは今年のベストソング入ってくる名曲ですよね。