January 01, 2017

FREE THROW 今後のスケジュール

※この記事が常に一番上に来るように設定してあります。
リアルタイムの更新は下の記事からになります。

12/10(土)新宿MARZ『FREE THROW Vol.110』

【FREE THROW Twitterアカウントあります。是非フォローを!】




【FREE THROW Facebookページもあります。是非「いいね!」を!】
FREE THROW Facebookページはこちら

予約可能な公演のご予約は
【メール予約】 adv@freethrowweb.com まで、ご氏名、枚数を明記してメール
【予約フォーム】FREE THROW予約フォームに必要事項を明記して送信
でお受けしています。


FREE THROW、DJ個人へのDJ出演のご依頼はadv@freethrowweb.comまでお気軽にご連絡ください!  

December 02, 2016

FREE THROWレギュラーパーティー休止のお知らせ(タイラ)

FREE THROWは12/10(土)、1/14(土)の新宿MARZでの2回の開催をもって、
レギュラーパーティーを休止することにしました。

理由の一つは営業形態の変更に伴い、MARZの深夜開催が一時的に不可能になるということです。
MARZからも文面を頂きました。

=============================================

2017年1月以降、営業形態の変更に伴い、一時的に深夜営業を停止することになりました。
これまで楽しい夜を作ってくれたFREE THROWのDJ陣、ゲストバンドの皆さん、大変お世話になりました。そして遊びに来てくれたお客様ありがとうございました。
深夜営業再開の目処が立ち次第、アナウンスさせて頂きます。
今後とも、新宿MARZをよろしくお願いいたします。

=============================================

こちら、もちろんMARZ側も意地悪で言っているわけではないので、ご理解を頂ければと思います。

永遠に深夜営業が不可能というわけではないと思うのですが、
MARZでの開催が今後すぐにまた出来るようになるかは現状では判断がつかず、
それが叶わなかった場合、FREE THROWを他会場で開催するイメージがつきませんでした。
(ちょうど今年の9月、10月は渋谷HOMEさんにお世話になったのですが、こちらは11月にMARZに戻れるという前提があっての事で、逆にMARZでは出来ないことをやろうという気持ちがありました。)

これは会場のインフラという面ももちろんありますが、自分たち自身の気持ちの問題ももちろんあります。
FREE THROWはMARZと共に育ってきたパーティーであるという自負もありますし、お客さんも馴染み深く感じて頂いていると思います。
自分たち自身が納得してここだ!と決めれる会場が他にあれば問題はなかったのですが、現状それを全員納得する形で見つけられない状況の中で、2月以降のレギュラーを開催をしていくことはお客さんにとっても不義理ですし、この先を漫然と続ける事の方がFREE THROWというパーティーの在り方として「悪」なのではないか?と、全員で話してその結論に至りました。
「MARZがやっぱり良かったね」と言われるのも言うのも、とても寂しい事です。
やはりパーティーは懐古ではなく、未来を見て創っていくものでありたいという気持ちがあります。

もしかしたら、会場を変えるってそんな大きな問題なの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
一晩のパーティーを創り上げるときに、自分たちはそれくらい「会場」に重きを置いて考えています。
これはMARZに限らず「その会場ごとの特徴」というのは必ずあって、それによってパーティーの創り方、在り方もニュアンスを変えていきます。
自分たちはその会場の一長一短を理解して楽しみつつ、可能であれば味方につけて、
自分たちなりのアレンジで、お客さんにその空間を最高に楽しんで帰ってもらうのが仕事の一つです。
なので、MARZと同じ方法論を他の会場で当てはめても完璧にフィットするということは有り得ないんです。
もしMARZ以外の会場でやるとしたら、自分たちはFREE THROWというパーティーの在り方ややり方自体をアレンジしなければいけない。
そのための時間が必要だというのも理由の一つになるのかもしれません。

FREE THROWの全ての活動もこのタイミングですべて終了にしようかと、そういう考えもありましたが、
やはり10年続けてきたパーティーですし、こういう形で終わってしまうのは本意ではありません。
いつの日か形を整えることが出来た時には、またレギュラーパーティーを再開出来たらと思っていますし、
そしてそれがそう遠くない未来であることを自分たち自身も希望しています。

レギュラーパーティーは休止になりますが、FREE THROWとしての活動は続けていきます。
FREE THROW単位で誘っていただけるイベントがもしある場合は是非誘っていただきたいですし、
何かイレギュラーなパーティーや地方での開催はこの期間中も続けていきたいと思っています。
ずっと埋まっていた第二土曜日が当面の間4人とも暇になっちゃうので笑

12月、1月の内容は近々でお知らせできたらと思っています。
12月は大忘年会と題しまして、所縁の深い人たちをたくさんお呼びして無礼講に開催できればと。
1月の詳細は少々お待ちください。

近い未来の再開と再会を、と勿論思っているのですが、現状本当になんの見通しも立っていないというのが本当のところなので、この2回で是非皆さんと一緒に遊べたら嬉しいなと思っております。
1月以降、レギュラーパーティーで皆さんとお会い出来たときは新しいFREE THROWになっていることをお約束します。

一先ず12月と1月。
FREE THROWをよろしくお願いいたします!








  

November 21, 2016

20161112FREE THROW Vol.109セットリスト

20161112 FREE THROW vol.109

23:40-弦先誠人
1.PREDAWN / KINDS OF KNOT
2.CAMERA OBSCURA / IF LOOKS COULD KILL
3.JUST HANDSHAKES / SAY IT
4.THE DELGADOS / EVERYBODY COME DOWN
5.GOMEZ / CACHH ME UP
6.THE KEYS / NIGHT OUT
7.TOY / I'M STILL BELIEVING
8.BELLE AND SEBASTIAN / THE PARTY LINE
9.BEAT CONNECTION / SO GOOD
10.EDDIE C / SPACE SHUTER
11.MAGIC TOUCH,OCTO OCTA,NEW BODY / YOU(FEAT.NEWBODY AND OCTO OCTA)
12.TUXEDO / DO IT

0:15-cabbage boy
13.SUN / DANCE(DO WHAT YOU WANNA DO)
14.WU-TANG CLAN / UZI(PHONIKS REMIX)
15.THE PHARCYDE / SOUL FLOWER
16.MC LYTE / ICE CREAM DREAM
17.BRUNO MARS / 24K MAGIC
18.ZEN-LA-ROCK&KIRIN / MAD JACK UR BODY
19.DR. DRE & ED LOVER / BACK UP OFF ME!
20.ENJOY MUSIC CLUB / EMCのラップ道
21.スチャダラパー / GET UP AND DANCE
22.ROBIN THICKE / AIN'T NO HAT 4 THAT
23.RYLE / KEEP THE FAITH(FEAT.KENNYTHOMAS)
24.SUCHMOS / STAY TUNE
25.THE CLASH / THE MAGNIFICENT SEVEN
26.PRINCE / IWANNA BE YOUR LOVER

1:00-THE BEACHES [LIVE]

1:50-村圭史
REAL LIES / DAB HOUSING
MARCHING CHURCH / LION'S DEN
HARD-FI / CASH MACHINE
THE CLASH / BRAND NEW CADILLAC
DEAD KENNEDYS / TOO DRUNK TO FUCK
THE NOVEMBERS / 1000年
SAVAGES / I AM HERE
CAR SEAT HEADREST / VINCENT
NUMBER GIRL / NUM-AMI-DABUTZ
BOW WOW WOW / I WANT CANDY(KEVIN SHIELDS REMIX)
THE BANGLES / MANIC MONDAY
VANILLA.6 / OLD FRIEND
THE SMITHS / GIRLFRIEND IN COMA

2:55-神啓文
27.THE LEMON TWIGS / I WANNA PROVE TO YOU
28.TORO Y MOI / THE FLIGHT
29.THE ACOUSTICS / THE LIGHT
30.THE JACK MOVES / DOUBLIN' DOWN
31.SUCHMOS / MINT
32.ORLAND / BECAUSE OF YOU
33.LUCKY TAPES / TOUCH!
34.TAHITI 80 / HEARTBEAT
35.!!! / ALL THE WAY

3:35-タイラダイスケ
36.MARQUIS HAWKES / SOMETHING IN YR HEAD
37.TODD TERRY FEAT. MARTHA WASH & JOCELYN BROWN
38.SAM SPARROW / HAPPINESS
39.Tempalay / HAVE A NICE DAYS CLUB
40.THE BEACHES / SUNSET SUNRISE
41.THE CLASH / WRONG'EM BOYO
42.AMY WINEHOUSE / MONKEY MAN
43.THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / DANNY GO
44.NOT WONK / LAUGHING NERD AND A WALLFLOWER
45.THE LIBERTINES / DON'T LOOK BACK INTO THE SUN
46.HAPPY / LUCY
47.NEVER YOUNG BEACH / 明るい未来
48.THE BEATLES / HELP!

4:00-弦先誠人
49.TRACEY ULLMAN / BREAKAWAY
50.THE BEACHES / 魚ごっこ
51.バナナムール / EXOTIC YORK
52.JOE HERTLER & THE RAINBOW SEEKERS / FUTURE TALK
53.LOS STELLARIANS / YOUNG, GIFTED, & BROWN
54.THE AVALANCHES / BECAUSE I'M ME
55.STUTS / ROCK THE BELLS FEAT. KMC
56.NULBARICH / NEW ERA
57.KEISHI TANAKA / JUST A SIDE OF LOVE
58.MARTHA / PRECARIOUS (THE SUPERMARKET SONG)

4:40-cabbage boy
59.DONALD BOY / THINK TWICE
60.坂本慎太郎 / ディスコって
61.MASIC,DRUMS&LOVE / FUSHIGI TONIGHT
62.YOGEE NEW WAVWS / FANTASIC SHOW
63.45 / LUCKY DAY FEAT,RAY MANN FROM THE RAY MANN THREE
64.THE SOCIAL EXPERIMENT,DONNIE TRUMPET / SUNDAY CANDY
65.PSG / 愛してます







  

November 16, 2016

仙台クラスヌ×フリスロでした。次回は3/5!(タイラ)

MARZでのFREE THROW翌日は酒のダメージを引きずりながら仙台へ。
二回目のCLUB SNOOZER×FREE THROWでした。

Shaftはとっても好きな箱。
とにかくDJの出音がとっても良い。サイズも丁度よくて逃げ場もあるから遊び方の自由度も高い。
そしてなによりスタッフのみんなが最高なんですよね。
テキーラ15杯くらい飲んだ気がする。。。

LIVEはNOT WONKとTENDOUJI。

NOT WONKは見るたびに貫禄というか、演奏にもどっしり感が増して、
それと反比例するように尖っている感じも増していて最高です。
今回のセットリストも良かったなぁ。
飛行機の関係で終演までいられなかったのですが、今度はゆっくり飲みたい。
いつか彼らの地元、苫小牧でFREE THROW開催するのが夢です。

TENDOUJIはてっきり車で来ると思ったら、前日の大阪楽しくなりすぎて打ち上げてしまい、
車を捨てて全員新幹線で来るという笑
「NOT WONKのライブ見ててカッコいいこと言おうと思ったんですけど、何も出てこなくて・・・
楽しくバンドやってます!TENDOUJIです!」
ってMCに最初は爆笑したんだけど、一周回ってグッときてしまった。
楽しい、って言われたらもうそれだけで無敵というか。真理。

DJはやっぱりあれもやりたかった、これもやりたかったと欲を言えばキリがないのですが、
楽しくできたし、他のDJでもよく踊った。
クラスヌの二人は自分達の今のモードをしっかりDJに落とし込んでいて、そこがはっきりしているのはとっても良いなぁと思いました。刺激的。

いっつも最後のマイクで無茶ぶりで次回日程決めちゃうんですが、
次回は3/5(日)にまたShaftでやります!もう言っちゃいます!笑
是非是非スケジュールあけておいてくださいねー!
いつかはFREE THROWフルメンバーで、オールでやれたりしても最高ですよねと、
夢を膨らませておきます。
仙台大好き!  

FREE THROW×THE BEACHES×村圭史ありがとうございました!(タイラ)

遅くなりましたが、土曜日はFREE THROWありがとうございました!
沢山のお客さんに来ていただけて本当に嬉しかったです。

7年ぶりにご一緒させて頂いたTHE BEACHES。
いつも思う事ですが現役感がバリバリでした。




こちらヒサシさんのFacebookにあがっていた動画。
良いところで切れてるんですが笑
FREE THROWに捧げます、なんて言われてこの曲やってもらえるPartyって幸せですよね。



村さんのDJもカッコよかった。
FREE THROWでDJやることを村さん的に解釈してやってくれたんだろうなと。
そういうのが一番うれしいし、それってDJのあるべき姿だろうなぁと思います。

次回は12/10(土)@新宿MARZ。
詳細は近日です!
とにかくこの日はメモリアルな日になると思うので空けておいてくださいねー!
  

November 12, 2016

KANDYTOWN『R.T.N』(タイラ)


KANDYTOWN『R.T.N』

世田谷区出身の16人(!)のMC、DJ、トラックメイカーからなるヒップホップ・クルー、KANDYTOWNの1stアルバムより。
アルバムの中でも一番アッパーな曲かも。
exズットズレテルズの呂布くんもメンバーなんですね。

こういうクルー感みたいなはHIP HOPによくある感覚でもあるかなと思うんですが、
日本では今の20代のアーティストにこういう空気感がある人がジャンルを超えてたくさんいて、
すごく今っぽい感じがします。

DIY+色々なものを巻き込むパワーがこの人たちにもあるような。

色々調べていくと2015年に亡くなったズットズレテルズのドカットカットことYUSHIさんもこのクルーの中心的な存在だったようですね。
今回のジャケの絵も彼によるものだとか。
彼が残したラップやビートはもちろん、こういう形で一つ彼らの作品をまず残せたことは、すごく意義があることだと思います。

彼らのこれからにも注目。


  

明日はクラスヌ×フリスロ×NOT WONK×TENDOUJIで仙台へ!(タイラ)

今夜のフリスロ×THE BEACHESはもちろんですが、
こちらの興奮をもって明日は北は仙台へ!

二回目のクラスヌとのカップリングパーティーです!

sendai


CLUB SNOOZER×FREE THROW

2016/11/13(日)@仙台CLUB shaft
open&start 16:00
adv.¥2300(D別) / day.¥2800(D別)
プレイガイド→e+

*GUEST LIVE
NOT WONK / TENDOUJI

*CLUB SNOOZER DJ
田中宗一郎 / ヒサシ the KID

*FREE THROW DJ
神啓文 / タイラダイスケ

前回7月にHAPPYと一緒に初めてこの2Partyで仙台に行けて、今回2回目。
前回やったときは「目が合うとテキーラシステム」を勝手に開発してめちゃくちゃ酔ったんだよなぁ。
(このシステム詳しく聞きたい人は直接聞いてください笑)
このカップリングパーティー、仙台以外ではやったことがない(東京でもなし!)ということを考えると、仙台はかなりレアな土地なのではないかと。大好きな街です。

Shaftもとっても大好きな箱。
音が好きだし、何よりスタッフが最高。
famもそうだし、仙台には良い箱が多いなぁ。
個人的にも仙台は毎月のように来れたし、自分が福島出身で近いってのもあって、とっても思い入れがある場所なんです。

今回のゲストLIVEはラウドな二組を。
THE BEACHESは7年ぶりですが、
この両組はFREE THROWとは今年初めて絡んだバンド。
クラスヌに出演するのは初めて。
そういう意味でもフレッシュなPartyになるのではないかと!









以前NOT WONKが出てくれたFREE THROWにTENDOUJIが来てくれていて、
「めっちゃ良かった!」って言ってたんでふと思いついての対バン。
そういう繋がりがあると、きっと良い夜になると思うんですよね。

しかもShaftはステージないので両者ともフロアライブ!
見た感じも相当クールになる予感がします!

ちなみに
17:30−18:10 NOT WONK
19:40−20:10 TENDOUJI
の予定ですのでお早めにご来場ください!

ご予約は予約フォームより!
お待ちしております!  

November 11, 2016

Bruno Mars『24K Magic』(タイラ)


Bruno Mars『24K Magic』

時代は繰り返すというか。
Uptown funkから時代の針を進めて、もろな80sな雰囲気に今っぽい要素もところどころに散りばめつつ、
とにかくBruno Marsがやる説得力で一気に押し切っちゃう。

Daft Punkが「Get Lucky」を出してあのサウンドがある種の打ち止めって感じがあったのと同じで、
この曲でこの感じは一先ずの区切りって感じがします。
そのくらいの説得力。いい曲。  

THE BEACHESについて(タイラ)

いよいよ明日はFREE THROW×THE BEACHES、という事で、
自分の思い入れというか、今回にかける意気込みみたいなものを記しておこうかと。

まずですが、ライブ再開タイミングでの過去の話は自分がもう一個やっているレジデントパーティー「Parade」Tumblrに書いてあります。

で、6月に東阪でのロングバケーション明けの2本のライブがあり、
自分が立ち会えなかったけれど8月のPACKaaaN!!!があり、
9月にはBAYCMPがあり。

自分が立ち会えたものはもうどれも忘れられないライブでした。
一本目東京のライブは期待半分、不安半分という気持ち。
あの頃のTHE BEACHESは思い出補正で美化され過ぎている部分もあるだろうし。

ただ、リハが終わって、本番直前の楽屋に入ったときに全員のギアみたいなものがグッと上がっているような気がしたし、あの頃の憧れていたTHE BEACHESがそこにいる!とちょっと感動したり。
毎月一緒にDJしたり、現場で遊ばせてもらってるヒサシさんも、サングラスかけてソファーに座ってるだけで「うおー!ヒサシ the KIDがいる!」と思ったり笑

ありがちな表現かもしれませんが、ライブは本当にカッコよかった。全然現役。
そしてそれは演奏ももちろんなんですが、楽曲にも思ったことです。

THE BEACHESってバンドはその時代の一番クールなビートを自己解釈してダンスするバンドなわけで、
約6年ぶりのライブであの時代のビート感ってもしかしたら色褪せてしまって聴こえたらどうしようってちょっとだけ思ったりもしたんですが、全くの杞憂でした。
「その時代の一番クールなビートを自己解釈してダンスする」の「自己解釈」の仕方がきっと素晴らしくオリジナルなんでしょうね。
その結果あの時代のビートがTHE BEACHESのアイディアのフィルターを通してもう普遍的なフィジカル感を持っているんだなと。
めちゃくちゃ踊れました。




それを受けての大阪クラスヌ。
これももう素晴らしかった。
二階から見るフロアの姿がめちゃくちゃ美しかった。
だってみんなめっちゃ楽しそうで、しかも踊り方はバラバラ。
それぞれの踊り方で踊るお客さんってめっちゃカッコ良くて一番好き。
そういうフロアは本当に華やかでクールだなって思います。
あの日はそんな光景が広がってました。




夏のBAYCAMPはFREE THROW TENT最後のライブアクト。
ある種トラブルライブ。
SEは鳴らないわ、アンプ壊れて音でなくなるわ。
多分まぁまぁ酔ってたであろうヒサシさんが鳴らないアンプを見てマイク通して「マジむかつくわ!」って言い放った時とかバックステージでヒヤヒヤしてたんですが笑
結果そんなの関係ないというか、それがあったからこその跳ね返りの高さというか。
あぁ、THE BEACHESってパンクバンドだよなって再認識した部分も。




このあゆ子さんの言葉。
「私も長い休止からやっと完全に勘を取り戻したのを実感したライブでした!」
これがバンドのタフさを物語っているような。

そして、そのBAYCAMP後の最初のライブが土曜日のFREE THROWです。
きっとTHE BEACHESが一番輝くであろう時間、25:00から50分のロングセット。
こんなん、絶対に最高に決まってるじゃないですか。

忘れちゃいけない、今回は村さんもGUESTで。
FREE THROWはほとんどGUEST DJって入れないんですが、
村さんはTHE BEACHESと「DISCO SANDINISTA!」ってPartyを一緒にやっていたし、
FREAK AFFAIRお疲れさまでした&これからもよろしくお願いしますって気持ちも込めたり込めなかったりして。
というのも今回の出演も先月のFREE THROWで酔った勢いで決まったようなもんですから笑
でもそれって半分は真理だと思ってる(意地で思い込んでる)部分もあります。
村さんはTHE BEACHESライブ直後の出番です。










このヒサシさんの言葉には深く納得。
そうそう、今年はFREE THROWは10周年なんです。
毎月いつも通りやってるけど笑
THE BEACHESも今年で10周年。同級生。
思えば音楽の色々が変わった10年だったなぁ。

前にTHE BEACHESとやった時の情報引っ張り出してきました。

◆FREE THROW vol.32

2009/09/18(金)
OPEN/START 23:30
@新宿MARZ

【GUEST BAND】
THE BEACHES

【DJ】
弦先誠人(puke!)
神啓文(Getting Better)
タイラダイスケ(soultoday)

ほぼ7年前。Vol.32だって。今回Vol.109ですよ笑
77回ぶりの再邂逅。
長くやってたからこそ、また交わえる。


「来年THE BEACHES10周年だからやろうと思ってるんだよね」
ってヒサシさんに聞いたとき、めちゃくちゃ嬉しかったんですが、
意地悪に揚げ足とると、「じゃあ11周年はやらないんですか!」って笑
まぁ色んな状況あるし、先の事なんて誰にも分らないんですが、
俺らに出来る事って「これ、またやりてぇな」って思わせる事くらいしかないなと。
俺は今回のFREE THROWで(というか毎回なんですが)、
「出てよかったな」と「また一緒にやりてぇな」と「楽しかったな」の全部を持って帰ってもらいたい。

ちょっとウェットで堅過ぎるかもですが、音楽とダンスを止めない方法って、
それをステージ側もブース側もフロア側も持ち帰り続けることしかないと思うんです。

と、まぁそんなことは頭の片隅で。
とにかくデカい音でおもろい音楽聴いて、いい酒飲んで踊りましょう。
ご予約は予約フォームからまだ大丈夫。
明日はMARZでお待ちしております!  

November 10, 2016

Gi Gi Giraffe『Naked Girl』(タイラ)


Gi Gi Giraffe『Naked Girl』

今年のフジのルーキーにも選ばれたこのバンド。
まだ年齢は二十歳そこそこだと思うんですが、年に似合わず枯れたブルージーなサウンド。
隙間あるリズム隊の上で弾きまくるギターがかっこいい。
曲の短さもいいなぁ。


Gi Gi Giraffe『Better Each Day』

こちら最新MV。

この曲もNaked Girlとは違ったちょっとユニークでかわいらしい魅力がありますね。
後期ビートルズのような多幸なサイケデリック感。
プライベートなメンバーはまだ少年のようですね。

音への偏執的なまでの拘りを感じさせる彼らの1stアルバムは11/16発売。
とっても楽しみ。