2011年01月14日

オイル交換

castrol XF08_5W40このオイルの説明は↓

XF-08は、合成油の配合により性能を強化。過酷な条件下でもエンジンを保護します。高いせん断安定性能でエンジンオイルの総合的な性能を維持。また優れた高温酸化安定性能により、エンジン内部で高温にさらされるオイルの劣化を軽減し、高い潤滑性能を長期間維持します。
4輪車用ガソリン・ディーゼルエンジン両用
マルチバルブ、ターボなどハイメカニズムを駆使した高性能エンジンに対応します。世界共通規格のAPI(アメリカ石油協会)サービス分類の中でも最新・最高のガソリンエンジン規格「SM」に合格。また、ディーゼルエンジンオイル規格「CF」に合格した高性能エンジンオイルです。
・合成油の配合により性能を強化。過酷な条件下でもエンジンをしっかりと保護します。
・高いせん断安定性能により、オイルの総合的な性能が維持されます。
・優れた高温酸化安定性能により、エンジン内部の高温にさらされるオイルの劣化を軽減し、高い潤滑性能を長期間維持します。
2輪車にはご利用いただけません。

となっていたが
湿式のクラッチバイクの場合に不具合が出る可能性があるらしい
スベったり、つながりが悪くなったりとか、磨耗の度合いが違ったりとか
むろん出ないケースもあるようだが

スクーターのクラッチはエンジンオイルとは無関係なので問題なしと勝手に判断!!!
とうぶん、このオイルでテスト走行してみるつもりだ
なにせ、このオイル4L缶で1980円くらいで安かったのだ
今はバイクと車のオイルは別扱いするようになってしまったようだが
昔は2輪も4輪も同じオイルを使っていた時代があるのだからと・・・
またしても自己判断炸裂するのであった。。。

交換作業
サービスマニュアルには交換時が1.1Lと表記されていたが
実際には1.4Lも入った
オイルレベルゲージから少しオイルが漏れだしていたので
1.それのOリング18x3<91307-035-000>と
2.タペットアジャスティングホール<12361-035-000>と
3.それのOリング30.8mm<91302-001-020>を同時に交換しといた
オイルフィルターにはゴミが附着してなかったが、とりあえず掃除して、そのまま交換せずに取り付けた
今まで使っていたエンジン内のオイルは、ちょうど3000km走破くらいだったが、黒くてドロドロしていた


freeway250cc at 16:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 商品紹介 

2011年01月01日

2011元旦

明けまして
おめでとう ございます
今年も よろしく~

1



freeway250cc at 08:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0) その他 

2010年10月06日

ユニバーサル・プーリーホルダーの改良

市販のユニバーサル・プーリーホルダーではFWのクラッチドラムの外周が大きすぎる為に使えなかった
そこで、使用済みのプーリーベルトを使って改良型を作った

↓ 市販のままの状態
ユニバーサルプーリーホルダー

上の画像の赤いベルト部分をFWのプーリーベルトに交換する
使用済みのベルトの凸凹部を反転させて外周部にくるようにして使う
一箇所だけベルトを切断すればOK、ベルトを取り付ける金具をアルミ板から削り出して
ボルト&ナットで締めれば完成

↓ 完成した改良型
バンド・ホルダー

↓ 金具:ベルトの凸凹部にひっかかるようにコの字形にアルミ板を曲げた
バンド・ホルダー金具-1
 
↓ ボルト&ナットでベルトを挟み込み固定
バンド・ホルダー金具-2 バンド・ホルダー金具-3

さて、
はたしてFWのクラッチドラムを外す事ができるかどうか?!
この工具の出番は、いつになることやら・・・


その後の追記
2011.1.13日にメンテついでにクラッチ部を点検した
その時に↑の改良工具を使用した
バッチり使えたのだ!
満足度大☆
スベらずカッチりと固定できて、すんなりSナットが外せた
これならFWのような大きな直径のクラッチドラムでも大丈夫になるので良いですぞ~


freeway250cc at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 工具類