2009年09月19日

サスペンション Part2

サスペンション関係の画像

どうしてもFWのサスは左右が違った形状なので
取り付け方法も違い流用が難しいのです
そのままでは流用品は取り付きません
FWなら誰しも思案のしどころです


↓ ワンオフで製作してもらった左Rサス取付部と右Rサスの上部延長
  全てフュージョン用サスを流用
FサスRサスロッソマフラー















その後
リアは、サスの下取付部形状(アイボルト用)を左右同じにするために自作ブラケットをアルミ板から削り出し加工して作った
それにより、左右同じ長さのサスが流用できるようになったのである!
それに、KITACOのモンキー用280mmサスに変更した
記事はこちら ↓
http://blog.livedoor.jp/freeway250cc/archives/51419051.html

2011.1.20~
Fサスを中古だけどデイトナ製のフュージョン用ダウンサスに変更した
今までのがどこのメーカーのかは不明だったが、見た目形状はデイトナ製とほぼ同じようだったが
走行テストで比較したら
少し柔らかい感じで、MAX時にはボトムしてしまった(今までのはしなかった)
ダンパーが適度に利いていて、タイヤがバウンドせずにしっかりトレースしてくれてグリップ性能も乗り心地もア安定した

freeway250cc at 17:15│Comments(2)TrackBack(0)足まわり系 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さと   2009年09月21日 22:41
はじめまして。
mugachoさんのページから来ました。
こういう所へコメントを付けるのは初めてですが、一つ質問させてください。

左リアのサスペンションの取り付けについてです。
写真を拝見したところ、アルミのステーを介してプーリーケースと接合されているようですが、こうした場合、このステーがリンクとなって回転してしまい、サスペンション自体はほとんどストロークしないと思うのですが、いかがですか?

実は、自分も以前汎用サスと汎用ステーで取り付けてみたんですが、ロッド部にはほとんどストロークした形跡が無く、仕方なくゴムの塊をステーとサスの間に挟み、強制的に角度を固定してしばらくは我慢していました。
そのままでは怖いので(サスが折れそう)その後、別の物に取り替えました。

何か工夫をされているのであれば、参考に教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。
2. Posted by 傍線人   2009年09月22日 09:04
はじめまして「さと」さん

左Rサスのプーリーケース側の金具はボルトオンにての取り付け方法です

Pケースのサス本来の取り付け穴を中心に金具だけが回転してしまい
サスが縮まなくなってしまうのを
金具の上部にボルトがあって、それが回転を抑えています
画像では写っていないので判りづらいと思いますので
新しい記事として掲載しましたので
参照してください
(それでも、わかりづらいかも知れませんが・・・)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字