テスト走行中NEWブラケット完成 アイボルト用Rサス

2009年12月06日

MYオリジナル・サスブラケット完成(A・B)

やっと、念願の左右同サイズのサス取り付け用ブラケット完成!!!

だが、、、取り付ける新品サスをオーダーしてないのと・・・
マフラー取り付け用のスリーブを短く製作しなけりゃならないのだ。。。

一応UP
↓ Aタイプ=左サス取り付け部と同じ位置になるようにした(仮組)
  コの字内径25mm用(実際は26mmだった)
A完成仮組-1A完成仮組-2
↓ Bタイプ=左右同サイズ・サス用だが、取り付け位置は純正に近い
  Aタイプだとパワーが加わった時にSアームが折れる不安が、、、
  こちらのが安心かなっと?!形状変更案とした
B完成仮組-1B完成仮組-2


ここまでの道のりは長く・・・
1.最初に同サイズ・サスの回転奇跡をトレースしてみた(形紙おこし)
  左のサス取り付け形状もトレース
形取-1形取-2

2.フリーハンドで形状を決める(取り付け穴の寸法を正確にプロットしながら)
  数々の失敗作と厚紙からアルミ薄板へと精度を高めていく
試作数々
↓ アルミ板で試作(A案=左画像・B案=右画像)
A-1試作パーツB-3試作パーツ

3.それをA・Bそれぞれ単品でボルト仮組してみる(イエローの樹脂パイプは仮仕様)
A-1試作B-3試作
↓ さらにSアームへA・Bを仮組してみる(ボルト穴位置確認)
A-1仮組

B-3仮組


4.仮組でOKだったので、図面化してシールプリントしたのを板に貼り
  それを本番用アルミ板3t(5000系)へ線で罫書いていく
  アルミ棒20Φと30Φにもカット寸法を罫書き、穴あけの芯出しもする
  ※一般的に調達できるアルミは1000系で5000系は合金で強度がある
   (金額は2倍ちかくアップするかなぁ)
   参考:ジュラルミンもアルミ合金で2000系と7000系(←これが最強)と呼ばれている

結局、試行錯誤を繰り返して試作した中から
完成の形状に決めた理由は
A案のは製作するのが難しすぎる形だった為に簡素化した
B案はボルト固定を2点支持するほうが強度的に良いと思えたからだった
材料ケガキ2

5.上記のアルミ板を大体の大きさでカットし、削っていく
  オークションでGETした1000円代の新古品電動ハンディグラインダーが大活躍
  ところが、これが大変で寸法どおりにいかないし
  途中で疲れ果て嫌になった。。。アセアセ;
  
6.形にできたら、穴開けしてく
  小さいキリから大きなキリと変えて段々と穴を広げていく
  いっきに一発で穴開けしようとすると失敗するので注意!!!
  それでも、中心からズレまくりで芯にきてるのが皆無だった。。。トホホ;
  (穴開けに友人のボール盤を借りて作業したにもかかわらず、穴ズレしちまったぁ~)
  だが、アルミは柔らかくて加工がし易いほうだ

7.今度は
  周囲のバリ取りをして、小口&表面を研磨してく
  電動ドリルに自作バフ盤(固めのスポンジ)で回転させながらコンパウンドをつけて磨く
  適度に綺麗に光っていたほうがいい

途中の写真は作業に専念してたので撮れませんでした、
とっ、言うか?!
疲れて、そんな余裕ありませんでした←これが本音^^;



以上
文章では短く簡単だが
実際の作業は、すっごく時間かかって大変だった
筋肉痛にもめげず、自分ながら良く頑張ったと思った・・・汗x100;;;



これからの予定は
新規サス購入(今のところフォルツァ用6cmダウンサス)とマフラー取り付けできるように金具のスリーブを作成しなきゃ~ならん
まだまだやること多し・・・
今年には完成させてテスト走行したいもんだが。。。

さらに欲が出てきた・・・
コの字の巾が20mmの通常タイプが付くようなブラケット形状にしたくなった
(アイボルト用でもいいが)
NEWバージョンで来年に製作開始しようかと考えている
どういう形にしようかなぁ。。。




freeway250cc at 20:30│Comments(3)TrackBack(0) 足まわり系 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mugacho   2009年12月08日 01:13
おばんです

うおっ、製品みたいですね!すごい!!
しかも両方作成とは…、すっごく大変だったでしょうね。
装着してのインプレ、今からとっても楽しみです。
綺麗なアダプタに合う、サス選びも興味津々です。
私も溶接機を手に入れたら色んな物作ってみたいです。

ご存知かも知れませんが
穴あけは最初にポンチ打っておくとずれないですよ。
次回、試してみてください!
2. Posted by 傍線人   2009年12月08日 11:19
どうもぉ~
ほんと大変だったですよ~^^;
電動グラインダーで削って
金属ヤスリで調整して
さらに紙ヤスリで微調整して
そんで角を丸めて面取りして
研磨もヤスリのスジが、なかなか消えなくて
もういいっやって
途中で諦めモードの中途半端で止めた・・・

穴開けにポンチ使ったけど
ドリルの刃が表からはセンター捉えるのだけど
裏でズレまくり
ボール盤も古いからか精度が甘く
刃に対して垂直に物を固定したつもりが微妙にズレてて
目視する限りではOKなんだけど
丸棒の芯から、ちょっとでもズレるとバレバレぇ~
大きなドリル刃に変えるほど
ズレまくりがヒドくなった~汗;
難しいです。。。
3. Posted by mugacho   2009年12月09日 01:14
なるほど、ほんっっっと大変でしたねぇ。
私はおおざっぱな性格なのでグラインダーで終了にしてしまいそう…。

仕上げの調整はルーターかドリルあると作業がはかどりますよ。
次回、大変でしたら使ってみてください。
穴の微調整から、やすり跡消し、鏡面までできますので。
↓鏡面ではないし汚いですが、これ位ならすぐに出来ます。
http://img.pics.livedoor.com/011/3/7/37eb88854a733621e7ca-1024.JPG

砥石やペーパーコーンは彫金売り場にあるのが安いです。こんなの↓
http://img.pics.livedoor.com/011/4/3/43375e6c3951d9ec1dbc-1024.JPG
私は作るだけで身に着けませんが、指輪やピアスを作るのも面白いですよ~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
テスト走行中NEWブラケット完成 アイボルト用Rサス