外装系

2010年07月22日

猛暑の連続で収納部も熱気に・・・

梅雨が明けて
猛暑となり、蒸し暑い日々が続いています
収納スペースにも
熱い夏がやってまいりました ^^;

そこで!
ラゲッジBOX裏に断熱材が貼ってありますが
かなりくたびれているはずです!
やぶれたり・はがれたり・汚れもひどくなって機能が落ちてしまっているはずです

ならば、それを剥がしちゃいましょう
取り付け用の突起物をニッパで切って根元からフラットにしてしまいます
汚れも綺麗に落として
キッチン用のアルミテープを広範囲に貼っていきます
100円SHOPにあるので、3巻きほどあればOKです
シワになりやすいですが
気にせず、どんどん貼っていきましょう~
カッターナイフの背&腹部分でヘラの要領で
結構、力を入れて慣らしていきましょう
小さなシワは伸びてシワが無くなり
大きなシワは、そのままシワの跡が残りますが密着するので大丈夫

↓ エンジンの熱の影響を防止できるように広範囲へ貼る
ラゲジボックス

こんな感じに、けっこう綺麗に貼れますよ~☆
かなり熱気が防げます。



freeway250cc at 17:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月19日

アルミステップ Part6

2009.3月
待望のアルミステップをゲット

これが、また取付に難儀だった。。。
ネジ穴は合わないし・周囲がピッタリはまらないし
削ったり&塞いだりと大変だった
もっと、ちゃんとしたのもあったんだろうけど
なんせ、これが安かったのだ
まぁ、しばらくは このままでいようっと

アルミステップ2アルミステップ1

freeway250cc at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

塗装完成 Part5

やっとの事で2007.12月下旬に
自前の塗装も完成となりました
インナーはウレタンつや消し黒で外装はシルバーに透明ウレタン上塗り
両方ともスプレー缶タイプ使用

この時点では塗装もキズが無く
綺麗な状態だったのですが。。。
その後、キズはつきやすいわ・すぐハゲてしまうしで
(上塗りの透明ウレタン塗装の厚みが薄かったのが原因のようだ)
やっぱり自分でも塗装ってのは上手くいかないもんだと痛感したのだった。。。トホホ;;

正面ビュー前ビュー横ビュー

freeway250cc at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カウル外し・分解・掃除 Part1

2007年度は大忙しの改造となってしまい
店でのカスタム後は
自分でカウルの塗装をオリジナルにしようと
全部外して
掃除しながら・・・配線の整理やら・・・
カウルのツメの補修・補強やらと・・・

1.樹脂のカウルは模型用のプラ板とか、プラ棒(四角形・丸形)・アクリルの透明棒(三角・四角・丸)とパイプを組合わせて使用した
接着はアクリル用か瞬間接着剤を使った
とにかく、暇にまかせて時間を費やした

2.塗装はカウルをメッキにしようと当初計画してたのだが、自分でできないし高価だしで
 結局、もともとのライトシルバー色のスプレー缶ですることにした
 シルバー色の上に透明ウレタンをスプレーしたら、グレーになる事に気付き
 (その時点では、もう遅し)
 ちょっとヤル気をソガれてしまった

↓ 裸丸出し状態のFW、フレーム剥き出しのネイキッド・バイクっぽさもあるが・・・
全体ビューエンジン周りリアFビュー

freeway250cc at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バーハン・カスタム

2007年はFWの厄年なのかと思える返品の出来事から
仕方なく、今までのを大修理することにしたのだった。

エンジン関係・駆動関係・電装関係等と
この際、悪いとこ全て修理しようと決めた
どうせエンジン下ろしたりカウルを分解して外すのだったら
カスタムにしてしまおうと考えた

そしてカスタム店で
↓ のように改造してもらった
 (ハンドルが高すぎてしまった、後日低いのに交換した)
 めちゃくちゃ、これだと乗りづらかった
バーハン









↓ ハンドルをそのままで、前後のポジションが狭かったので
 いたずらで
 ロングホイール仕様に画像修正してみた
合成ロンホイ

freeway250cc at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Rブレーキペダル

2002.5月ころ
車と接触事故!!!

信号で止まる寸前に、信号待ちのK自動車の左ドアが急に開き・・・
ドアの角に激突し、路肩へハジき飛び
バイク破損の右手打撲怪我をしてしまった。。。
その時の画像が下だ
だがバイクの破損箇所が写っていない・・・
暗くて写らなかったのだろうか?!

まぁいいや
それよりフットペダルにプレート(車用の社外パーツ流用)を
ネジ止めして踏みやすくしてる
もともとFWのフットペダルは踏みづらく感じていて
フット面を大きくして、中央よりの位置を外側よりにすれば
踏みやすくなると思っていたのだ
そこで車用品店でアルミのペダルを買ってバイクへ移植したら
踏みやすく、見た目もカッコ良くなった。


だが、、、
信号待ちの車のドアが開いたのに対応できなかったブレーキ操作は
たんなる、反射神経の遅さの問題だったんだろうか?!
ペダルを改造しても無意味だったって事?!・・・FP


freeway250cc at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)