2009年05月24日

ミッドシーズン・ファンタジーベースボール チーム募集

今年もミッドシーズンのリーグを作りました。
Yahooの無料版です。
http://baseball.fantasysports.yahoo.com/b1
皆様のご参加をお待ちしております。

League ID#: 404655
Password: kawakami
ドラフト日 日本時間 6月19日(金)10:30PM
ゲーム開始日 現地 6月22日(月)
ロースター C, 1B, 2B, 3B, SS, IF, LF, CF, RF, OF, Util, SP, SP, RP, RP, RP, P, P, P, BN, BN, BN, BN, BN, DL
スタッツ R, HR, RBI, SB, AVG, OPS, W, SV, K, HLD, ERA, WHIP

fresh_ananas at 10:09|PermalinkComments(16)TrackBack(0)MLB 09 | Fantasy Baseball

2008年06月18日

セルティックスが優勝

ビッグ・チケットポール・ピアス、ケビン・ガーネット、レイ・アレン、おめでとう。

リングのないスーパースターたちが遂にやった。


泣けてきましたよ

fresh_ananas at 13:09|PermalinkComments(5)TrackBack(0)独り言 

2008年05月13日

ミッドシーズン・ファンタジーベースボール チーム募集

ご無沙汰してます。

毎年恒例のファンタジーベースボールのミッドシーズンのリーグを作りました。
例年通り、Yahoo!の無料版です。

今年も多くの皆様の参加を募集しております。よろしくです。

☆ANANAS LEAGUE 2008

リーグID 300779
パスワード kuroda (半角英数)

ドラフト日 日本時間 6月8日(日)12:00PM(正午)
リーグ開始 6月16日(米国)

ロースター・ポジション C, 1B, 2B, 3B, SS, IF, LF, CF, RF, OF, Util, SP, SP, RP, RP, RP, P, P, P, BN, BN, BN, BN, BN, DL

スタット・カテゴリー R, HR, RBI, SB, AVG, OPS, W, SV, K, HLD, ERA, WHIP


質問などがありましたら、ここのコメント、またはこちらの掲示板でお願いします。


fresh_ananas at 23:52|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Fantasy Baseball | MLB 08

2008年03月21日

日本上陸

レッドソックスも来日したらしいけど、一応オレも今日来日(笑)。

今回は6歳の娘との二人旅行。だからオークランドとの試合を付き合ってもらう代わりに、明日、明後日と、娘に付き合ってディズニーランドとシーに行かなきゃいけない。

まぁこっちの方も楽しんできますわ。

fresh_ananas at 22:39|PermalinkComments(14)TrackBack(0)REDSOX 08 | 観戦旅行 08

2008年02月15日

バッテリーがキャンプイン

バックホルツ
















春ですね。

いいですねぇ。

fresh_ananas at 15:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)REDSOX 08 

スーパーボウル42

眺めはマズマズ


















座席からの眺め。0ヤードだけど、前から3列目だけあって悪くはない。

カージナルスのロゴ


















シートの横にホームチームのカージナルスのロゴ。ちょっとしたことだけど、気が利いてて可愛いと思った。

ゲーム開始直前


















ゲーム開始直前。フィールド上はキックオフのカバレージチーム。カバレージに関してはゲームを通じて良くやってた。

NYGファン


















NYGのベンチ側ってこともあるのかもしれないが、周りはほとんどがジャイアンツファン。こういう環境は苦手ではないけど、試合後に彼らからもらった暖かい祝福はキツかった。特に真後ろに座ってた高校生ぐらいの子に、最後のTDが決まったときに頭をこずかれたのには殺意が芽生えた(´∀`*)。

マローニーのTD


















2ndクォーター開始直後のマローニーのTDは目の前だった。前半で最も盛り上がったシーン。

ディフェンス


















オフェンスの写真も載せたのでディフェンスも。座席が0ヤード地点なんで、まともな写真を撮る機会はかなり限られていた。望遠はNGだったしね。

マローニーがリターン


















ついでにSTも。これはキックオフリターン。ホブスじゃなくマローニーだったのはマイルドな驚き。

後半は試合観戦に必死で、写真を撮る余裕はほとんどなかった。結果が違ってたら表彰式を取まくってたんだろうけど、この日は試合直後に退場。未だ心が晴れずって感じ。NFL的には接戦で、超高視聴率だったしホクホクだったんだろうな・・・。

来期の開幕までに立ち直れれば良しとしよう。あんまり自信はないけど。

Super Bowl 42

fresh_ananas at 11:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Patriots 07 | 観戦旅行 08

2008年02月14日

テールゲート・パーティー

で、試合当日。

まず朝起きて、LAと時差があることに気づく。前日に閉店1時間前に到着したはずのレストランがことごとく閉まってたのにやっと納得。相変わらず抜けてるオレ(;´Д`)。

スタジアムの会場は午前11時からだけど、起きてからダラダラプとレゲームショウをTVで観てて、なかなかホテルを出れず。結局11時ごろにホテルを出た。

会場が見えてきた
















ホテルからはハイウェイで5分ぐらい。

熱気でいっぱい
















ここが球場のすぐ横のイベント会場の中心。この中でTVのプレゲームショウなんかも収録されていた。

スポンサーつきテールゲートパーティー
















NFLといえばやっぱ「テールゲート・パーティー」。これは試合前早くに駐車場に行って、入場するまでバーベキューパーティーをやるってやつ。たいていの人はこの時点で酔っ払っていい気分になっている。写真は球場から一番近くにある駐車場で、おそらくVIP関係が止めれるところ。ネットではここのパーキング権だけで500ドルとかで販売されていた( ̄□ ̄;)。さすが高料金を取ってるだけあって、ここではスポンサーつきのテールゲートパーティーになっていた。

試合会場
















で、ここが試合会場・・それと撮られてると勘違いしてる兄ちゃん

ユニバースティー・オブ・フェニックス・スタジアム
















今年2年目だけあって綺麗な外観。開閉式のドームなんだけど、この日は曇り空なんで閉めたままで試合が行われた。

ゲートに向かう人たち
















ゲートまでの道のり。観客の割合でいうと6〜7割がジャイアンツファン。そんな中で見つけた大好きなトロイ・ブラウン。

気球
















ゲート付近にあった気球。これから飛ぶのか、飛んできたのかは結局分からなかった。

セキュリティーチェック


















入り口のセキュリティー。まるで空港並みの設備。実はオレは1回目は入れなかった。持ち込み可能なカメラのレンズが6インチまでってことで、オレのレンズはアウト。最初は入場を拒否された。仕方がないので車に戻ってコンパクトと交換して入場した。

MVPの賞品


















セキュリーティーチェックを受けて、会場に入るまでに目にツイいたのが、この日のMVPの賞品のキャデラック。写真を撮ったときはブレイディの新車を撮ってた気分のマヌケなオレ・・・。

やっぱまだ悲しい(+△+;)。

fresh_ananas at 13:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Patriots 07 | 観戦旅行 08

2008年02月13日

アリゾナへの道

こないだの観戦旅行記。

長文書くほどは立ち直ってないので写真をUP。今回はLAからアリゾナまでの道のり。

風力発電?















まだカリフォルニア。10号線を東にいくとアウトレットモールがあって、それをすぎたら出てくる風車軍団。これなんなんでしょ?

ホント何もない
















LAから2時間ぐらいでこんな景色。いわいるカリフォルニアのイメージとは大違い。

壮大















カリフォルニアとアリゾナの境界線あたり。

岩山
















この時点では期待と希望で満ち溢れてたオレ・・・。

だんだん暗くなってきた
















もう少し行くとサボテンなんかが現れるはずなんだけど、徐々に暗くなってきて肉眼では見ることができなかった。残念。

夕暮れ
















あと1時間半ぐらいでフェニックス

アリゾナ入り
















翌日に悲劇が起こったwユニバースティ・オブ・フェニックス・スタジアム。宿泊したホテルはここから車で5分ぐらいのところ。

fresh_ananas at 08:42|PermalinkComments(11)TrackBack(0)Patriots 07 | 観戦旅行 08

東京ドームでの開幕戦のチケット

開幕戦すでに25日、26日、ともに売り切れで、チケット獲得がかなり厳しかったらしいけど、オレは比較的簡単に獲得できた。捨てる神もいれば拾う神もいるってことか。たまにはいいことがないとね。

26日のチケットは先行販売予約の抽選でS席が当選。1塁側を申し込んだはずなんだけど、当たったのは何故か3塁側(;´Д`)。まぁそれでも文句はないけどね。

25日のチケットは9日の一般販売でローチケのサイトでS席を確保。販売開始から15分ぐらいたってたけど、あっさり買えたので拍子抜け。どうやらツイテいたらしい。
このツキが1週間程前にあれば・・・・・。

どなたか観にいかれる方、気軽に声をかけてくださいね。

fresh_ananas at 07:21|PermalinkComments(4)TrackBack(1)REDSOX 08 | 観戦旅行 08

2008年02月04日

負けちゃった・・・

開幕からの連勝記録が終わっちゃった。

NFL前人未到の19勝0敗はやっぱ難しかったようだ。

ドン・シュラの嬉しそうな顔が浮かんで悲しすぎるぞ。

来期までにオレは立ち直れるのでしょうか? 自信ありません。

試合の感想なんかは後日に詳しく書いてみます。

ひとつだけ書くと、OLが相手DLに圧倒されたってのが敗因ですね。

ペイトリオッツの皆様、お疲れ様でした。

fresh_ananas at 13:29|PermalinkComments(33)TrackBack(0)Patriots 07 | 観戦旅行 08

スーパーボウルを予想してみる

super bowl 42あとちょっと。

前回のチャンピオンシップ同様、今回も予想してみる。

NE42−17NYG

レギュラーシーズンの最終戦では38−35と苦戦したけど、今回は地力の差を見せてくれそう。ドームっていうことも、パッツの攻撃の大きな味方になってくれそう。モス、ストールワース、ウェルカーたちWRのスピードやクイックネスのは当然プラスだし、RBのマローニーにもアドバンテージになるはず。

ディフェンスも今回はきっちりNYGのラン攻撃を止めてくれるだろうし、イーライの好調が長すぎたので、今回は普通にやらかしてくれるんじゃないかと思う。

試合観に行ってきまーす。

fresh_ananas at 04:11|PermalinkComments(7)TrackBack(0)Patriots 07 

2008年02月03日

アリゾナ到着

実はアリゾナには行ったことがなく、今回が初めて。

だからってわけじゃなけど、LAからドライブしてやってきた。距離は約400マイル(560KM)で、昼の1時半にLAを出て、夕方に6時半過ぎに到着。道中の景色は壮大で、かなりいいものを観れたって感じ。(写真は後日にでもUPします)。

試合会場のユニバースティ・オブ・フェニックス・スタジアム(ナゲー名前w)は、ライトアップされてて幻想的。ますます明日が待ちどおしくなった。

ただ街全体では盛り上がりがイマイチ。きっとボストン市内のほうが盛り上がってたんじゃないかと思う。地元のチームの試合じゃないので、ここでは仕方ないのかもしれない。でも以前に行ったニューオーリンズではもっと盛り上がってた気もする。(飲んべーの街だからかもしれないけどw)

まぁ明日は思いっきり盛り上がってきます。



fresh_ananas at 17:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Patriots 07 | 観戦旅行 08

2008年01月31日

チケットが到着

スーパーボウルのチケット昨日ネットで購入したチケットが今日デリバリーされてきた。

利用したブローカーは老舗で、先日もESPNのウェブでも記事になってたぐらい信用できるとこなんだけど、やっぱチケットが手元にくるまではドキドキしてたオレ(笑)。

ホントに気分が高揚してきた。

fresh_ananas at 09:44|PermalinkComments(12)TrackBack(0)観戦旅行 08 | Patriots 07

2008年01月26日

パッツの通信簿 AFCチャンピオンシップ

スーパーでもよろしくブレイディが練習に参加してないのが心配な今日この頃。先週の不振も怪我のせいだったのかなぁ。

試合のほうはサンディエゴディフェンスの頑張りもあり、タフでフィジカルな内容で大苦戦。でも過去のパッツがスーパーボウルを制覇したチームはこんな感じだった。ディフェンスはヤードを与えても、TDを許さない。オフェンスはここぞというチャンスに確実に得点。こういうフットボールが出来ればトーナメントには強いはず。

これで開幕から18連勝で、これはリーグ新記録。


☆QB 70点

WEEK15のジェッツ戦に匹敵するぐらい悪かった。極寒で強風、コンディション的には最悪なのは分かるけど、3INTは多すぎるし、特にエンドゾーンでのインターセプションはアン・ブレイディ・ライク。

それでも勝負どころでTDパスを決めれるブレイディはやっぱ凄い。一時は14−12とリードを縮められたけど、負ける気は全くしなかった。

☆RB 100点

マローニーのラン、フォークのレシーブ。この二人がパッツの勝利を呼んだのは間違いない。最強の1,2パンチだった。

もともとオープンフィールドでの速さが評判だったマローニーだけど、去年の12月ぐらいからは密集での力強さも披露。NFLのエリートランナーといってもイイ内容。この試合ではチームのオフェンスを引っ張ってた。

フォークに関してはリーグトップのサードダウン・バックっていっても良いと思う。ブリッツに対するパスブロックは上手だし、パスキャッチの安定度は抜群で、難しいパスも難なく捕球。ホントに頼りになる。

この二人に比べると目立たなかったけど、エバンスもこの日は大活躍。ショートヤードランを確実に決めてくれていた。

☆WR TE 65点

この日はブレイディのパスが荒れていたってのもあるけど、WRのドロップも目だってた。特にストールワースのドロップはインターセプションに直結、いただけない。

☆OL 90点

パス、ラン、ともにブロックがきっちり出来ていた。

パスブロックではライトが今季1番のデキかも。あのメリーマンを子供扱い。こんなに良いライトは久しぶりにみた。

☆DL 80点

OLではライトが今季1番のデキだと思ったけど、DLではシーモアが今季最高の内容だったかも。コンスタントにレバースにプレッシャーをかけていた。でもシーモアの場合はもっと出来るんじゃないかって気もするんだけどね。

ウォーレンはPOに入ってからの好調を維持してたし、ウィルフォークも安定してた。

☆LB 90点

14−9でリードの3rdクォーター。チャージャーズはパッツ陣内4ヤードで3rd&1でターナーのランプレイ。それをセアウがギャップを突っ込んで2ヤードロスのスーパータックル。このプレーが勝因だとオレは思う。まさにチームを救うタックルだった。

ランタックルでいえばブルスキーも非常に良かった。彼も今季最高の試合だったんじゃないかと思う。

☆DB 65点

このコンディションでチャンバースとジャクソンの両ワイドに100ヤード近くキャッチされてるんだから良いわけがない。

で、今回(も)狙われたのがホブス。スーパーでも一番心配なポジションだ。

☆ST 85点

非常にソリッド。キックカバレージは相変わらず好調だし、リターンも悪くなかった。ハンセンのパントも悪コンディションのなか安定してた。

☆コーチング 90点

序盤にスプレッドオフェンスが調子悪いと感じたら、後半は3TEや1フォーメーションのランプレーに切り替えて大成功。パッツのコーチングのアジャスト能力はすばらしい。


いよいよあと1つ。やってくれるよね。

fresh_ananas at 07:54|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Patriots 07 

2008年01月24日

アリゾナ

昨日から出張中。

といっても昨日の夜に成田入りして、今日のフライトでLAに。

LA、SDで仕事をとっとと片付けて、来週末はアリゾナで過ごす予定。

さて、観れるのだろうか?

fresh_ananas at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦旅行 08 | Patriots 07

2008年01月21日

SD VS @NE AFCチャンピオンシップ

次はアリゾナスーパーボウル出場決定 

やりました。開幕から負けなしの18連勝でAFCチャンピオン! あと一つでパーフェクトシーズン達成です。やばいです。

ところが試合の方はというと、パーフェクトからは程遠い内容。風の影響もあるんだろうけど、特にブレイディが悪かった。

そのブレイディ、出だしからヤな感じ。1stドライブで早くも先週と同じ数のパスを失敗して3&アウト。

その後もドライブが続かず、ゲーム開始から10分後ぐらいには今日一つ目のインターセプション。結局この日は3つもインターセプション。2年前のデンバーとのプレイオフを思い出させるような内容。

ディフェンスも特別良かったわけじゃない。

試合開始当初こそ、相手のランをきっちり止めていたけど、徐々に相手のパスで崩されてた。それでも両コーナーのサミュエルとホブスがインターセプションを決めたりと、プレーメイカーぶりを発揮。ゲームを作ってくれた。

この日の勝負を決めたのがレッドゾーンでの攻防。

チャージャーズは3回のレッドゾーンオフェンスで、いずれもTDを取れなかった。ここはパッツのディフェンスが良く踏ん張ってたと思う。もちろんトムリンソンが怪我のために、最初のシリーズ以降は出場できなかったのも大きかった。

一方ペイトリオッツのほうは4回のチャンスのうち3回をTDに結びつけた。調子が悪くても、ここ一番では的確なプレーが出来たブレイディ。やっぱ貫禄って感じ。

先週のJAX戦で一皮剥けた感じのマローニーはこの日も好調を維持。特に後半での活躍は素晴らしく、最後のドライブでもタフなランで、タイムを消費するのに大きく貢献。プレイオフに入ってからは、チームのMVPといっても差し支えないと思う。マローニーの活躍はホントに嬉しい。

次はいよいよスーパーボウル。去年のシーズン最後ははあんなに悔しい負け方だったんで、今年はきっと喜ばせてくれそうだ。NFL新記録の19勝0敗というとんでもない記録を作ってもらいましょう。

fresh_ananas at 11:40|PermalinkComments(18)TrackBack(1)Patriots 07 

2008年01月20日

予想

NE 37-21 SD

平凡すぎる予想で面白くないな( ´∀`) 。

試合中にチャットやるので、時間のある方は遊んでやってください。
http://www.avion.co.jp/jetchat/chatpage.php3?00283206

fresh_ananas at 17:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Patriots 07 

2008年01月18日

パッツの通信簿 ディヴィジョナル・ラウンド

やればできるこ予想以上に苦戦したってのが、率直な感想。まぁそれでも11点差で勝ったんだから許容範囲だとも思う。でもディフェンスにはもう少し頑張ってもらいたい。


☆QB 100点

26/28と、PO新記録のパス成功率(92.9%)。そのパス不成功の2回も、限りなくパスインターフェアレンスに近いプレーでのワトソンのドロップと、同じようなパスが1000回あれば999回は取れるはずのイージーパスをウェルカーがドロップしたもの。今年のブレイディは開幕からレベルの違うプレーを見せてくれていた。でもそれ以上のプレーをしてくれるんだから信じられない。

3rdクォーター開始直後の、RBへのディレクトスナップをフェイクしてのウェルカーへのTDパスは芸術品。本人も言ってたけど、アカデミーにノミネートされてもいいと思う。

そして何よりも素晴らしいのがブレイディのクールなところ。相手チームに先制されようが、ディフェンスが崩壊しようが、いつも自信に満ち溢れてる表情。それがチームメイトを安心させるし、自信を与えてる。

☆RB 95点

マローニーが今期最高の内容。

22回ラッシュで122ヤードゲインというスタッツも素晴らしいし、パッツのオープニングドライブでの33ヤードレセプションも悪くない。でも個人的に一番良かったと思うプレーが2ndクォーターのゴール前での1ヤードTDラン。ああいうパワープレーがマローニーの苦手なプレーだったし、これまでは批判の対象になっていた。でも強力ラインを擁するジャガーズ相手に押し込んでこれたときはホント嬉しかった。

☆WR、TE 85点

ブレイディが約93パーセントのパスを成功させてるってことは、当たり前だけどWRも高いパーセンテージでパスを取ってるということ。ただドロップがあったのも事実で、その当たりが減点材料。それと相手マークがキツいってのは理解ができるけど、それでも1キャッチのモスにはもの足りなかった。

☆OL 90点

パッツのオフェンスの最初のプレーでサックされたときは、どうなることかと心配したけど、そのプレーで目が覚めてくれた模様。それ以降はラン、パス、ともに素晴らしい内容。久々にニールが復帰したけど、ランプレーでは明らかに戦力アップ。彼のすばやい動きが目立っていた。

☆DL 80点

今年はイマイチだったウォーレンが今期最高の試合内容。終始ギャラードにプレッシャーをかけていた。一方でウィルフォークとシーモアはイマイチって感じ。まぁ悪いってほどじゃないけど、相手OLに軽くいなされていた。

☆LB 75点

ランプレーに対しては良く反応できてたと思う。ただパスカバレージがボロボロだった。怪我するまでははTEのルイスに好き放題されてたし、RBのジョーンズ・ドリューはいつもワイドオープン。MLBのスピード不足はかなり深刻かも・・・。

☆DB 55点

悪かったねぇ。特にゲイのカバースキルにはがっかり。ホブスがプロボウラーに感じるぐらいだから酷さが分かると思う。セーフティーの二人も良くなかった。サンダースはパスカバーに四苦八苦してたし、ハリソンはレイトタックルのパーソナルファールを連発。

☆ST 70点

キッキングのカバレージチームはほぼ完璧。不安なディフェンスを抱えながら、後半はFG2発の6失点ですんだのは、相手のリターンを完璧に止めてたから。さすがのJAX(自陣20ヤード以内からにTD率はNFL2位)でも、ロングドライブを何度もTDするのは難しい。

心配事はゴストウスキーとキックリターン。35ヤードは外しちゃいけないし、ここでもホブスが恋しくなった。

☆コーチング 80点

OCは最高の仕事をしてた。DCも個人的には良い仕事だったと思う。特に好ましかったのが、あまり使わなかったブリッツを非常に効果的なタイミングで使ってたこと。

まぁ確かにパスディフェンスには課題が残ったけど、ギャラードじゃなくてリバース相手なら、きっちり仕事をしてくれると楽観してます。甘いかな?

fresh_ananas at 08:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Patriots 07 

2008年01月14日

JAX VS @NE ディヴィジョナル・ラウンド

ほぼパーフェクト待ちに待ったペイトリオッツのプレイオフの緒戦。先週はバイで試合がなかったこともあり、この試合への期待や楽しみがかなり蓄積されてたんじゃないかと思う。

もちろんパッツは期待を裏切らなかった。

ただ予想以上に苦戦はしてた。

パッツのキックオフでゲームはスタート。ゴストウスキーがエンドゾーンに蹴りこんで、ジャガーズは自陣20ヤードからの攻撃。

パッツのディフェンスはベーシックな3−4ディフェンス。ただ相手のラン攻撃を警戒してるようで、セーフティーのハリソンはやや浅め。それと怪我の影響か、ホブスの代わりにゲイが先発。

JAXは準備万全で、見事にこれらを突いてきた。

もちろん自慢のラン攻撃も使ってたんだけど、それ以上にギャラードを使ったパス攻撃。特に1stドライブでは浅めのハリソンの裏をかくように、TEのルイスへのパスでロングゲイン。さらにゲイのいる方向へのパス攻撃。ゲイは全く対応が出来てなかった。最後はジョイーズへの8ヤードパス(当然カバーしてたのはゲイ)であっさりと7点の先制点を許してしまう。

ちょっと嫌な感じのスタート。

その「嫌な感じ」ってのは間違いじゃなかったようで、ディフェンスに関しては最後までジャガーズを完全に抑えきることは出来なかった。

それでも失点が20点で収まったのは、パッツが出来ることをきっちりこなしてたからだと思う。それを端的に現してたのがスペシャルチームのカバレージチーム。相手に大きなリターンを許さなかった。さすがのJAXオフェンスでも、何度もロングドライブをTDに結びつけるのは容易じゃなく、後半は2回のロングドライブをどちらもFGで終わらせていた。

それとベテラン選手の試合巧者ぶり。ブレイブルのファンブルリカバーと、ハリソンのインターセプションが本当に効果的だった。特にハリソンなんかはレイトタックルのパーソナルファールを2回もやらかすなど、それまでは散々な内容。それでも最後に勝利を確定的にするインターセプションを決めるんだから、さすがハリソン。ちなみにハリソンは、これでPO4試合連続インターセプションでNFLのタイ記録。まさにマネープレイヤー。

一方のオフェンスはというと・・・。

攻撃が最大の防御ってよく言われるけど、今日の試合はまさにそんな感じ。ジャガーズがロングドライブを決めれば、パッツはすぐにロングドライブでお返しをしてた。

とにかくブレイディがすごかった。

ジャガーズのディフェンスは2ディープゾーン。さらにニッケルやダイムディフェンスを多用してた。モスには常にダブルやトリプルカバー。目的はもちろんパッツにロングパスを決めさせないこと。その目論見は見事に成功。この日のモスは僅か1キャッチ。

でもパッツの武器はモスだけじゃない。

ディープがダメならショートパス。ブレイディが我慢強く、ウェルカーやフォークへのアンダーニースのパスで活路を見出す。相手のディフェンスを見て、常にオープンレシーバーを見つけ、的確なパスを投げるブレイディは精密機械。結局この日は28回のパスで26回のコンプリーション。パス成功率92.9%はPO新記録。失敗した2回のパスもブレイディのミスじゃなくワトソンとウェルカーのドロップ。まさにアンストッパブル。

もちろんOCのマクダニエルスのプレーコーリングも冴えていた。

相手のセーフティーが深めなので、当然ランプレーを効果的に使いたい。ただジャガーズのラインはデカくて中央突破は容易じゃない。そこでマローニーのスピードを生かして、エッジからのラン攻撃を多用してた。

マローニーも期待を裏切らない活躍で、ビッグランを連発。ホント、オープンフィールドでのマローニーは速い。ジャガーズのディフェンス相手に22回走って122ヤードは素晴らしい。パッツのボール保持時間に大きく貢献してくれた。

得点こそ31点と、今年のパッツの基準でいうと少なめだけど、内容的にはそれ以上だったと思う。パスとランがこれだけバランス良く決まれば、相手のディフェンスには悪夢以外のなにものでもない。

ゴストウスキーのFGやソフトなディフェンスなど、心配事は確かにあるけど、スーパーボウルに向けてまずまずのスタートが切れたと思う。

これで開幕から17連勝。とりあえずNFLタイ記録。これも悪くない(´∀`*)。

JAX VS @NE

fresh_ananas at 06:08|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Patriots 07 

2008年01月12日

ワイルドカードTV観戦その4 TEN VS @SD

意外な選手が大活躍ワイルドカード最後はチャージャーズ対タイタンズ。

ワイルドカードの中では、力の差が最もあるんじゃないかと思ってたけど大間違い。チャージャーズと比較して、戦力的に劣ると思ってたタイタンズが大健闘。というか、もったいない負け方で、タイタンズは勝てた試合だったと思う。

そのタイタンズ、前半は再三チャージャーズ陣内まで攻め込んだ。ただゴール前ではことごとくチャージャーズに止められてしまう。SD陣内20ヤード以内に、前半には3度も攻めながら、FG2本とファンブルのターンオーバーで僅か6点止まり。レッドゾーンでの、チャージャーズのディフェンスを褒めるべきかもしれないが、タイタンズにとってはもったいなかった。前半は無失点に抑えてただけに、ここで少なくてもTDを1個でも決めてたら、流れは違ったものになってたはず。

一方サンディエエゴ側から見れば、前半のディフェンスの辛抱が後半に活きた感じ。前半は酷かったQBのリヴバースが、後半には大変身。トムリンソンを止めるための8メンボックスをあざ笑うかのように、ディフェンスのマークが薄くなってるWRへ次々とパスを決めていた。

チャンバースが6回取って121ヤード。ジャクソンが5回で114ヤード。トムリンソン以外のスキルプレイヤーにこれだけ活躍されたらチャージャースの攻撃を抑えるのは難しい、というか、ほぼ無理。後半はサンディエゴがじわじわ加点を重ねて逆転してしまった。

個人的にはどっちも応援してたわけじゃないけど、パッツの相手はJAXよりTENのほうが良かったってのが本音。ちょっと残念。

そのパッツ対ジャガーズ戦、チャットしながら応援しようと思ってる。暇な方はこちらでお願いします

TEN VS @SD

fresh_ananas at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)NFL 07