セラピスト圭のゲイ的生活

ゲイです。アロマ・ストーン・リフレ・整体のサロンやってます。コンセプトは「プライベートリラクゼーション」と「セクシャリティ&ジェンダーフリー」。 このブログは、ゲイムービーやセクシャルマイノリティブックの紹介など、ゲイ的日記を綴ります。

英LGBT史跡を特別認定、オスカー邸や「秘密の寝室」も

 ロイター発として毎日新聞ほか各社が報じています。
「オスカー・ワイルド邸宅など特別認定、LGBT関連史跡で英団体」(毎日新聞) : http://mainichi.jp/articles/20160926/reu/00m/030/007000c



 イギリスの「ヒストリック・イングランド」(Historic England=イングランドの歴史的建造物や記念碑を維持、保護する公共団体)は、アイルランドの劇作家オスカー・ワイルドの自宅など、LGBTQに関連するイギリス国内の数か所を、特別認定しました。

 2017年に同性愛の部分合法化50周年を迎えるのに合わせ、近代英国の構築に寄与しながら、しばしば軽視されてきたLGBTコミュニティーの貢献を称賛する動きとのこと。

 ほかに、作曲家ベンジャミン・ブリッテンの元自宅、アン・リスターの家屋、エジプト学者で作家のアメリア・エドワーズの墓なども認定されます。

 CEOを務めるダンカン・ウィルソン氏は「歴史的建造物や場所は、社会をつくってきた数々の出来事の証人でもあります。国がどう発展してきたのか、明白かつ具体的な証拠を持ち合わせています。時に、マイノリティに所属しているからという理由で、国を築いてきた人々のことがまったく知られていなかったり、その影響力が過小評価されたりしています。私たちのプライドプロジェクトは、この国が多様であることをより理解するための一歩だと思っています」と語っています。


 今回認定された場所のうち5カ所は、国の特別保護対象となる「国家遺産リスト」にも含まれています。



 今回の登録に含まれた、一軒の邸宅を、シークレットボックスが紹介しています。
「秘密のベッドルーム」が!クィア建築として認定されたゲイカップルの大邸宅(シークレットボックス) : http://secretbox.life/archives/2963



 紹介されているのは、英サリー州に建つセント・アンズ・コートと呼ばれる大邸宅。
 1936〜37年にゲイ建築家であるレイモンド・マクグラス卿が設計・建築しました。数々の有名人が所有し、テレビ撮影などでも使われた邸宅ですが、はじめは、ブローカーであったジェラルド・シュレシンジャーと、造園家クリストファー・タナードの住まいでした。

 広々とした空間が広がった、美しくモダンな邸宅には、実は秘密があります。
 ひとつに見える寝室が別々の部屋として独立するよう緻密な設計がされているのです。
 同性愛が犯罪とみなされていた当時は、自宅での性的行為も違法でした。同性カップルであったシュレシンジャーとタナードは、他人が訪問した際に別々の寝室で寝ているように見せるため、ひとつのベッドルームが二部屋に分かれるように施していました。

1609265

(平面図はシークレットボックスより転載)

 簡単なトリックですが、生活を偽らなければいけなかった時代を表す建造物です。
 

  ヒストリック・イングランドは、ホモフォビアの歴史的背景を象徴する建物として、この建物を選定しました。

 

 ちなみに、シークレットボックスが報じるところによれば、現在、セント・アンズ・コートは、約12億円で売りに出されているとのこと。
 購入者が、当時のからくりを生かして、利用してくださるといいですね。

・・・・・・・・・・・・

※以下は当店からのご案内です。上記の記事との関連はございません。



いつも当店をご愛顧賜り、まことにありがとうございます。
みなさまのご利用をお待ちしています。

 圭の整体アロマ&ストーンセラピー

「仮に選べたとしても、私はゲイになる」(インタビュー)

ハフィントンポスト日本版が報じています。



ゲイは生まれ持ったものなのか、それとも自分で選ぶものなのか。「『本人が選んだことではない』と言ってしまうと、ゲイでいることが悪いことかのように聞こえてしまう。仮に選べたとしても、私はゲイになる」――テレビプロデューサーのリッチー・ジャクソンさんのインタビューです。



「仮に選べたとしても、私はゲイになる」 TVプロデューサーは訴える【動画】(HUFF POST日本版) : http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/14/gay-pride_n_12003900.html?utm_hp_ref=japan-lgbt

Youtubeで見る
https://www.youtube.com/watch?v=moqJQw0-fdw
 

・・・・・・・・・・・・

※以下は当店からのご案内です。上記の記事との関連はございません。



いつも当店をご愛顧賜り、まことにありがとうございます。
みなさまのご利用をお待ちしています。

 圭の整体アロマ&ストーンセラピー

国連で初のLGBTめぐる首脳級会合を開催

昨日のブログ「国連初 LGBTの人権を話し合う首脳級会議 開催」の続報です。
(ちなみに、昨日のブログページにも、以下の文章等を追記しています)



TBSが昨日(2016/9/22)報じました。

「国連で初のLGBTめぐる首脳級会合を開催」TBS News(動画・音声付き) : http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2874765.html



※以下、TBS報道をもとに、一部引用・再構成したものです。

 国連本部(ニューヨーク)で2016年9月21日、潘基文事務総長やバイデン米副大統領らが参加して、性的マイノリティの人権について議論する、初の首脳級会合が開かれました。LGBTの人権をテーマにした各国首脳級による会合は、国連の71年にわたる歴史の中で初めてだそうです。
 世界各国からLGBTの団体も参加し、同性愛が70か国で犯罪行為とされていることや、同性愛を理由に殺された人が一昨年までの7年間で1600人余りに上ることなどについて意見が交わされました。バイデン米副大統領 は、「LGBTの皆さんの普遍的権利を守ることが現代の人権問題であり、とても重要なことです」等と発言しました。

 国連本部前の横断歩道は、今週末までLGBTのシンボルであるレインボーカラーにペイントされ、国連総会に出席する各国の首脳や代表団にLGBTの人権についての理解を促します。



[追記です2016/9/27]
※下記サイトが、詳しく報じています。

国連でLGBTの人権をめぐる初の首脳級会合が開催されました(glad.xx) : http://gladxx.jp/news/2016/09/4716.html

・・・・・・・・・・・・

いつも当店をご愛顧賜り、まことにありがとうございます。
みなさまのご利用をお待ちしています。

 圭の整体アロマ&ストーンセラピー

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Gweblog - ゲイウェブログ -
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ