下一站太子

我想去HK

若い人の生命保険の掛け方

あくまで何十年生きてきた個人的感想ですが
若いときに生命保険は不要
だって死んでもお金残す必要ない
代わりに何か積み立てておくこと
そのうち300万くらい積みあがったらそれで一時払いで何か保険を買えばいい。
それで十分。

六甲山上バス

神戸を代表する観光地 六甲山

1000万ドルの夜景

おしゃれなケーブルカーで簡単に登れます


問題は登った後。

一例として六甲ガーデンテラスの時刻表を載せます。

六甲山上バス


平日はまだしも、週末でも1時間に2本のみ!!
クリスマスの観光シーズンですよ。
実際に人はすごく多いです。
六甲スノーパークもあり、雪遊びに来るアジア各国からの観光客も急増してます。

しかも夜8時台で終わり!!

しかもスノーパークの平日など5時台で終わり

で、このふざけた本数。

山の上はタクシーもほとんどいませんので、バスが頼りです

当然のごとく、超満員になり、積み残しが出ます。

超満員で蒸し暑い車内

そもそもこんな観光用のバス、時刻など決めず、客の量に応じて柔軟にはしらせればいいのですよ。
規制などの関係で自由が利かないなら、最初から増やしておく。

クリスマスの夜景シーズンにこの本数は異常でしょうが?

情けないです。

神戸市はこれをどう考えてるのか


なぜ終業式が要るのか

終業式シーズンですね

子供たちは学校に行って、先生がつまらない訓辞を垂れるのを聞かされて通知表もらって給食も食わずに帰ってきます

あえて1日つぶす必要なし

終業式など授業最終日に1時間使ってやれば済む話
始業式も同様

こんな無駄な日が年に6日もあります

これを授業日にすれば、夏休みを減らさなくてもキッズウィークも可能

いつまでこんな無駄を続けるのか
日本人の心の闇ではないでしょうか?

グリーンソフト

和歌山名物玉林園のグリーンソフト。たまに神戸でも売ってます。探してみて。
要は抹茶アイスなのですが、かなり昔からあります。老舗の名に恥じずあっさりしてお勧め。
グリーンソフト

キッズウイークがダメな8の理由

キッズウイークなるものの問題点を自分なりに考えてみました

夏休みが減る

もともと日本の子供たちの夏休みは世界最低水準。これ以上減らすと教育上問題です。「毎日家に居られては大変、仕事もしてるし、夏休みなんかなくてもいい」というお母さんも多いでしょう。しかし日本より共働きの多いアメリカなど3か月ほどあるわけで、どうするかというとサマーキャンプに放り込んだりするわけです。何週間も。え?なんか良くないですか?子供が何週間もいないのですよ。のんびり羽を伸ばして映画見たり、友達と食事したりしたらよろしい。短い夏休みでは、その逆。話がずれました。子供たちは夏に成長するのです。長期のキャンプに我が子が行ったと想像してみてください。目に見えて成長して帰ってくるに違いないです。アメリカ人は大学出たらもう立派な大人です。日本人は、まだまだ子供。企業が教育しなければなりません。これは子供の時に成長機会がなかったから。毎日学校の授業では、自分探しも冒険もできません。それをキッズウイークで分散してしまうと、それはただの休暇。単に学校に行かなくていいというだけで、教育的価値はありません。

経済的に逆効果

キッズウイークの経済効果は4000億円との試算が出ていますが、たったのそれだけのために貴重な夏休みを減らす意味が分かりません。しかもそれはあくまでキッズウィークで秋の国内旅行が増えた分の経済効果ですのでマイナス要素を差し引いていません。一番のマイナス要素は、夏休みが減ったことによるプールや行楽、山や海の、旅行、帰省に伴う消費、そのた種々イベント類、夏期講習など軒並みマイナスとなります。キッズウィーク期間中は親が有給休暇とるそうですので、各企業の活動が低下します。それも地域ごととはいえ、ある程度一斉にに取ってしまうと日本経済にとって大きなマイナスとなります。またキッズウィークは丸1週間ということで海外旅行にも向いていますので、海外に行く人も多いかと思います。その分は、明らかに日本経済にマイナスです。

子供のためではない
そもそも子供のためという視点がまったくありません。およそ教育にかかわる政策に置いては、何よりもまず子供たちの幸福と未来のためだけにこれを行わなければなりません。大人の都合、大人の利益のために子供を利用し、子供の将来を変えてしまうことは決して許されません。
国家による児童虐待といっていい。

有給休暇は自由であるべき
有給休暇は労働者が自由に取れるべきで、他人から強制されるものではありません。これは労働者の権利として、基本的に守られるべきものです。

共働きには悲惨
ただでさえ子供の病気やPTAその他で有給休暇を使い果たしてる共働き世帯。もう有給は残っていません。仮に残っていたのとしても、夫婦そろって同じ時期に休むなど何パーセントの人が可能でしょうか?大部分の人は、子供の預け場所がなく困る羽目になるでしょう。最初、「子供が家にいたら困るので夏休みを短くして欲しい」と言ってたママがいましたね。夏休みは短くなりますが、秋に子供が家にいますので、結果同じです。

「親子が向き合う時間が増える」という詭弁
親子が向き合う時間が増えたほうがいいのであれば、なんで夏休みを減らすのか?
トータルの休み日数が変わらないなら向き合う時間も変わりません。休みの全体量を増やさないと向き合う時間を増やすための政策とはいえない。
それにそもそも子供と一緒に居たいでしょうか?子育てしている親ならわかると思いますが、まさに「夏休みなんかなければいい」と言うママと同じで、要は子供と一緒にいたくないのです。幼稚園のころなら素直なものですが、小学校になるということは聞かない勉強もしない、口答えする、けど放置もできないし力でねじ伏せることもできない。このため、ちょっとしたことを進めるのに延々と子供と交渉しなければならず。気力と時間を使い果たします。そうです子育て中の人が一番欲しいのは、子供と向き合う時間ではなく、「子供のいない時間」、しかも複数日にわたってです。そうすれば友達と飲みに言ったり夫婦で一泊旅行すら可能。そしてそのための条件としてはやはり、非常に長めの夏休みを取ってもらい、数週間のサマーキャンプに行ってもらう。これしかないです。夏休みを短くしてる場合ではないです。

休めない人は多い
キッズウイークは両親が有給休暇を自由に取れるのが大前提。
しかし、そうではない人も非常に多い。
ブラック企業と呼ばれるようなところは論外としても、サービス業や医療関係、交通、インフラ系、自営業、などなど、いきなり今週は休みなさいとお上からいわれて休めるわけがないです。特に観光業では、キッズウイークはかき入れ時となるので、とても休みどころではないです。

全員が国内旅行行きたいわけではない
旅行が趣味というひとは、キッズウイークに若干期待もしてるかもしれません。ただし日本人全員が国内旅行が趣味というわけではないのですよ。行きたいけどお金がないという人も多いと思います。旅行はせいぜい年に一回。という人は、キッズウイークに行けば他の連休にはもうどこにも行かないです。収入は増えるわけではないので。あと旅行が明らかに嫌いな人もいますし。嫌なことをお上から強制されるなんてたまったものではありません。

私の気づいていない問題点、デメリットはまだまだあるでしょう。
メリットはごくわずかな経済効果
しかし別のデメリットで相殺されてしまいます。
何より、子供たちが成長する機会を奪われますので、彼らが社会に出たとき日本全体でつけを払うことになります。国際競争力がおちてどんどん国が衰退しても、10年前から始まったキッズウイークのせいだと分かる人は少ないでしょう。分かったところで取り返しがつかないし、責任者を追求することもできません。果実は小さなうちに昔の人が食べてしまいましたので、残るは負債のみ。

ハーバーランド わたがし店

テレビなどで見かけるカラフルな綿菓子を売る店がハーバーランドにもできてます。
モザイクの南端。アンパンマンミュージアムの前です。

わたがし
 

事故の阪急オアシスは今

4年前、近所の阪急オアシスで悲惨な事故が起きました。

駐車場から暴走した車が自転車置き場にいた主婦に激突。意識不明(当時)に。

駐車場と自転車置き場の間には何の防御もなく、むき出しの状態でした。事故は起こるべくして起こったのです。

当ブログではかねてから自動車暴走から歩行者を守るための柵やポールの設置を訴えています。
この事故の際も、改善案を書かせていただきました。

事故直後に、自転車置き場には柵が設けられ、現在は店舗側にも策ができています。
これで大事故のリスクは大幅に下がったはずです。

阪急オアシス

起きた事故を無かったことにはできませんが、事故を教訓に安全策を講じた店側の対応は、称賛されてよいと思います。


 

和歌山で見かけた素晴らしいもの

見ての通りです。

歩道上(正確には学校の敷地)に設置されたポールです。

自動車から歩行者を守るためのもの。
しかも夜にはライトが光ります。

言うことなし。素晴らしい。
自動車が子供たちに突っ込んで殺される事件が減ります。
お年寄りも安心して歩ける。

夜に歩きやすく、犯罪を防止。

本当に素晴らしい。
 
安全ポール
 

青木を青亀と改名を提案

神戸市東灘区に青木という地名があります。青木駅という阪神電車の駅もあり、震災前はフェリーターミナルもありました。

この地名が難読地名。

「あおき」ではなく、「おおぎ」と読みます。

地元以外の人にはまず読めません。それは良くあることとして・・
地名の由来を検索するとすぐにわかると思いますが、、「保久良(ほくら)神社の祭神が青亀(あうぎ)に乗って漂着した」のが由来とされているようです。

海の近くですからね。
話の真偽はべつとして、昔は砂浜もありましたので、亀がいても不思議ではありません。

じゃ、地名も「青亀」(おおぎ)でいいのでは・・?

どうせもともと難読なのです。「青亀」でも読みにくさは同じ。
だいたい、海の近くです。回りに木がたくさん生えてるわけでもなく、亀のほうがずっとしっくりきます。

それに、「青亀」となると、亀のイメージを使えます。
これは町おこし、町のアイデンティティに大いに役立ちます。
たとえば、駅や公民館、欄干だろうが地域情報誌のロゴなんだろうが、亀をモチーフにしたデザインを使えるようになります。
青を基調としたカラーと、ウミガメのデザイン。
南国観光地でよく見かけますが、そういうところに遠慮することなく、正々堂々と亀のイラストを使えます。なにしろ地名が亀なんですから遠慮はいりません。

また「青亀」なら商品名にももってこいです。
「青亀せんべい」「青亀まんじゅう」
建物にしても風格が出ます。「青亀公民館」「青亀駅」

手書き文字が減っていき、画数の多い字も簡単にかける時代、未来にわたって「木」を使い続けるメリットはもうあまりないのではないでしょうか


(個人の意見です)


 

和歌山マリーナシティ 

和歌山マリーナシティにいってきました

駐車場料金は、ずばり1000円。

駐車時間に関係なく1日1000円です。

20161126163539(1)


もともと無料でしたが、ポルトヨーロッパの入場料が無料になったのと合わせて有料化されたようです。
とはいえ、車1台に何人も乗ってくるのが普通と思いますので、交通費として考えるとまったく高くはありません。

20161126163222(1)

朝ドラ「あさが来た」のロケでも使われた街並みを見るだけでも楽しい


黒潮市場もリーニューアルされてるし
一日楽しめそう

20161126165932(1)


こんどまたゆっくり来たいと思います

大阪からなら日帰りでもじゅうぶんな近さ 
最新コメント
ギャラリー
  • 六甲山上バス
  • 六甲山上バス
  • グリーンソフト
  • ハーバーランド わたがし店
  • 事故の阪急オアシスは今
  • 和歌山で見かけた素晴らしいもの
アクセスカウンター

    Archives


    購物 shopping
    • ライブドアブログ