下京本楽隊イベントワークショップイベントvol.10
劇団しようよがおくる『スーホの白い馬』と『スイミー』

スーホとスイミー2-1昔話や童話をモチーフに、人形劇や紙芝居などいろんな方法で作品をつくってきた「劇団しようよ」。
2本立てで、子ども向けのお芝居を発表します。
昨年度上演し好評を得た、モンゴル民話『スーホの白い馬』と、レオ・レオニ作『スイミー』の2作品を上演します。
国語の教科書などで親しまれている名作を、劇団しようよが、愉快で、悲しくて、でもあたたかい、優しい世界に描き上げます。
お芝居を通じて”体感する”物語をお楽しみください。

日時:
11月18日(土)午後4時30分開演
11月19日(日)午後1時30分開演
※上演時間は、2作品合わせて、約1時間程度の予定です。

会場:KAIKA

料金:子どもは無料。高校生以上1,000円


上演作品
①『劇団しようよのスーホの白い馬』
中国の北のほう、モンゴルには広い草原が広がっていました。そこに馬頭琴という、馬の頭の形をしている楽器があります。
でも、どうしてそんな楽器ができたのでしょう?
それには、スーホという羊飼いの少年と、美しい白い馬の、悲しくもあたたかい物語があったのです。

モンゴル民話  構成・演出:大原渉平
出演:西村花織 藤村弘二 大原渉平 吉見拓哉 川上唯 南志穂(夕暮れ社弱男ユニット)

②『劇団しようよのスイミー』
青く深い海に、スイミーとその兄弟たちは暮らしていました。他の兄弟たちとは違い、スイミーは真っ黒い色の小魚でした。
ある時、大きなマグロがスイミーたちを襲いました。泳ぐのが得意だったスイミーは、なんとか逃げ切ることができたのですが、たった一人ぼっちに。
そこから海をさまよいながら、スイミーはいろんな海の生き物と出会っていきます。

原作:レオ・レオニ  構成・演出:大原渉平
出演:西村花織 藤村弘二 大原渉平 吉見拓哉 川上唯 角田広菜 紙本明子(劇団衛星/ユニット美人)
   

お問い合わせ・ご予約:
下京本楽隊 Tel:075-353-1660(平日10〜18時 劇団衛星内)
      Mail:s.hongakutai*gmail.com(*を@に変えて送信ください。)
WEBフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/16d1ffba534658

https://www.gkd-444.com/国語の教科書シリーズ/#next


助成:下京区区民が主役のまちづくりサポート事業 京都府地域力再生プロジェクト
後援:京都市教育委員会
協力:劇団衛星 NPO法人フリンジシアタープロジェクト
主催:下京本楽隊