環境コミュニケーションティーチャー(以下、環境CT)と、環境コミュニケーションリーダー(以下、環境CL)育成のライブ研修を行います。

環境コミュニケーションティーチング『演劇で環境』は、子ども達が演劇づくりを通して学習した知識を“体感”する、ワークショップ型の教育プログラムです。
子ども達とプロの俳優とが、台本づくりから作品上演まで共同で行います。演劇の創作に欠かせない、他者と対話を通じて異なる意見をすり合わせていく過程を経て、授業形式だけでは得ることが難しい、様々な効果を体験することができます。


「環境CT」はこのプログラムの講師を務めることができる人物です。環境劇のオリジナルシナリオを作成するというクリエイティブな分野に関わる専門性と、環境教育に関する知識、そして現場での経験が求められます。

「環境CL」は環境CTのアシスタントを務めることができ、地域における環境教育の中心となることができる人物です。環境CTにとって必要となる専門性は求められませんが、プログラム中に講師をサポートできるよう、演劇ワークショップの知識と体験、環境教育に関する基礎知識が求められます。


今回の研修では、いくつかの演劇やインプロのアクティビティの実践と、指導方法、「演劇で学ぼう」のプログラムデザインをテーマに講座を実施いたします。

アイスブレイクや集中力・想像力向上など様々な場面で用いられる「コミュニケーションゲーム(シアターゲーム)」は、俳優向けの演技レッスンはもちろん、学校教育や社会人教育などワークショップの現場でも応用することができます。

① ファシリテーターや演劇関係者など、ワークショップの仕事に携わっている方。
② 学校や企業関係者など、ワークショップの導入を検討している方
③ ファシリテーター・ワークショップ講師を目指している方。
④ 場作りに役立つ手法を学びたい方。

上記に該当する方、また、環境コミュニケーションティーチングや講座のテーマにご興味を持っていただける方の参加をお待ちしております。


◎内容◎

■日程/会場
2017年11月25日(土)10:00〜18:30
 @香林坊ラモーダ8F レクチャールーム
 (住所:石川県金沢市香林坊2-4-30)

■募集人数
20名(先着順)

■参加費
無料

■スケジュール予定■

10:00〜12:00 演劇ワークショップ実習(CTCL共通)
      講師:黒木陽子(劇団衛星)
      内容:環境演劇ワークショップの基本的な考え方をお話します。

12:00〜13:00 休憩

13:00〜17:00 環境教育実習(CTCL共通)
      講師:山田哲弘(岡山県自然保護センター)
      内容:環境問題や環境教育について、実際のアクティビティを交えながらお話します。

17:00〜17:30 休憩

17:30〜18:30 演劇ワークショップ台本実習(CTのみ)
      講師:黒木陽子(劇団衛星)
      内容:環境演劇ワークショップでの台本創作についてお話します。

■お申込み
お申込みは、メールにて受け付けています。氏名、所属(勤務先/通学先など)、生年月日、ご連絡先(メールアドレス)を記載の上、https://ssl.form-mailer.jp/fms/06131043544602までお申込みください。
折り返し、こちらからメールにて受付のお返事を致します。

■お問い合わせ先■
NPO法人フリンジシアタープロジェクト
TEL&FAX:075-276-5779(平日10:30〜20:00)
E-mail:info⭐︎fringe-tp.net(⭐︎を@に変えて送信してください)

主催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
助成:平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金


■講師プロフィール
黒木陽子
1997年京都大学文学部在学中に劇団衛星に入団。以降同劇団の俳優として活動。2004年自身のユニットユニット美人を立ち上げ、第15回ガーディアン・ガーデン演劇フェスティバル、演劇博覧会カラフル3等に参加する。
2005年より「演劇で学ぼう!」〜環境編〜の講師をつとめ、同プログラムの作成に関わる。
2010年〜 文科省児童生徒のコミュニケーション能力の向上に資する芸術表現体験事業に講師として派遣。
2012年より天理医療大学、2014年より京都造形芸術大学にて非常勤講師をつとめる。
2015年〜 NPO法人フリンジシアタープロジェクト環境CT育成プログラムライブ研修講師

■主な活動実績
・劇団衛星出演作
 「劇団衛星のコックピット」「珠光の庵」「大陪審」「サードハンド」 ほか
・ユニット美人 作・演出作品
 「紫式部の言うとおりッ!」「ユニット美人の三国志シリーズ」ほか

■所属劇団以外の活動
・京都舞台芸術協会プロデュース公演 『異邦人』 出演
・あいちトリエンナーレ2013 やなぎみわ案内嬢プロジェクト 出演
・京都国際現代芸術祭2015PARASOPHIA やなぎみわ舞台車上キャバレーナイト 出演

■ワークショップ講師
 NPO法人フリンジシアタープロジェクト 演劇で学ぼう!演劇ワークショップ
 ユニット美人 「女がつくる笑いのための演劇セミナー・ワークショップ」(ウィングス京都・市民活動サポート事業採択事業)
 小学校での演劇ワークショップ講師 多数



山田哲弘
1971年、東京都生まれの岡山育ち。幼少の頃は「岡山の自然」で思いっきり遊ぶ。
1994年4月、財団法人 岡山県環境保全事業団に入団。環境調査部の「いきもの係」に配属され、県内の野生動植物の調査や保護保全対策の提言などをおこなう。 岡山県野生生物調査検討委員会に所属し、岡山県版レッドデータブック 及び岡山県野生生物目録の作成に携わる。
2007年11月、環境学習センター「アスエコ」に異動。 環境学習及び地球温暖化防止に係る業務に従事。年間 70 以上の小学校~大学、企業、公民館、行政などで温暖化や生物多 様性についての講演をおこなう。 西川用水路のお魚調査や西川緑道公園でのセミの抜け殻調査、落ち葉の調査、ネイチャーゲームなど,身近な自然を利用した自然体験イベントを積極的に実施。 環境省認定の資格である「環境カウンセラー」として、大阪大学、鳥取 環境大学、川崎医療福祉大学、倉敷市などで自然体験活動の講義やトヨタ、住友林業、積水化学、永谷園などの企業で環境問題についての講演等をおこなう。
2014年4月、岡山県自然保護センターに異動。大人から子供まで、里山環境を利用した自然体験、自然観察を通じて身近 な自然の素晴らしさ、大切さを伝える業務に従事。
FM岡山「A Touch Of Breeze」レギュラー出演。地元新聞電子版(「さん デジ 山田哲弘」で検索)でコラムも執筆中。
2015年11月、身近な自然を再発見する絵本や自然観察専用のノートを出版。

プライベートでは、岡山県生物多様性勉強会を主催。生物多様性について勉強する
だけではなく、岡山県内の生物系の方々が情報交換をおこなうほか、人と人とがつな
がる場を提供している。
趣味は合気道。合気道の極意は自然と一体になること。合気道の技は奥が深くとて
も難しいが、力を抜いて楽しんでいる。
50