KAIKA公演情報

【公演情報】下京本楽隊×劇団しようよ『スーホの白い馬』と『スイミー』

下京本楽隊イベントワークショップイベントvol.10
劇団しようよがおくる『スーホの白い馬』と『スイミー』

スーホとスイミー2-1昔話や童話をモチーフに、人形劇や紙芝居などいろんな方法で作品をつくってきた「劇団しようよ」。
2本立てで、子ども向けのお芝居を発表します。
昨年度上演し好評を得た、モンゴル民話『スーホの白い馬』と、レオ・レオニ作『スイミー』の2作品を上演します。
国語の教科書などで親しまれている名作を、劇団しようよが、愉快で、悲しくて、でもあたたかい、優しい世界に描き上げます。
お芝居を通じて”体感する”物語をお楽しみください。

日時:
11月18日(土)午後4時30分開演
11月19日(日)午後1時30分開演
※上演時間は、2作品合わせて、約1時間程度の予定です。

会場:KAIKA

料金:子どもは無料。高校生以上1,000円


上演作品
①『劇団しようよのスーホの白い馬』
中国の北のほう、モンゴルには広い草原が広がっていました。そこに馬頭琴という、馬の頭の形をしている楽器があります。
でも、どうしてそんな楽器ができたのでしょう?
それには、スーホという羊飼いの少年と、美しい白い馬の、悲しくもあたたかい物語があったのです。

モンゴル民話  構成・演出:大原渉平
出演:西村花織 藤村弘二 大原渉平 吉見拓哉 川上唯 南志穂(夕暮れ社弱男ユニット)

②『劇団しようよのスイミー』
青く深い海に、スイミーとその兄弟たちは暮らしていました。他の兄弟たちとは違い、スイミーは真っ黒い色の小魚でした。
ある時、大きなマグロがスイミーたちを襲いました。泳ぐのが得意だったスイミーは、なんとか逃げ切ることができたのですが、たった一人ぼっちに。
そこから海をさまよいながら、スイミーはいろんな海の生き物と出会っていきます。

原作:レオ・レオニ  構成・演出:大原渉平
出演:西村花織 藤村弘二 大原渉平 吉見拓哉 川上唯 角田広菜 紙本明子(劇団衛星/ユニット美人)
   

お問い合わせ・ご予約:
下京本楽隊 Tel:075-353-1660(平日10〜18時 劇団衛星内)
      Mail:s.hongakutai*gmail.com(*を@に変えて送信ください。)
WEBフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/16d1ffba534658

https://www.gkd-444.com/国語の教科書シリーズ/#next


助成:下京区区民が主役のまちづくりサポート事業 京都府地域力再生プロジェクト
後援:京都市教育委員会
協力:劇団衛星 NPO法人フリンジシアタープロジェクト
主催:下京本楽隊


【公演情報】『劇団しようよのスーホの白い馬』試演会

main_スーホの白い馬_大

昔話や童話をモチーフに、人形劇や紙芝居などいろんな方法で作品をつくってきた「劇団しようよ」が、モンゴル民話「スーホの白い馬」のお芝居をお届けします。
愉快で、悲しくて、寂しげな、劇団しようよの世界をお楽しみください。
離れ離れになってしまう「スーホ」と「白い馬」。
お芝居を通じて”体感する”物語。

◎試演会のご案内
この作品は、2017年3月に下京図書館(京都市)での子ども向けイベントにて、上演しました。今後、学校や子ども会などを対象に上演を計画していますが、それに先駆け、試演会を行います。ご覧いただき、皆様のご意見を聞かせてもらえれば嬉しいです。

日時:2017年9月17日(日)午後2時開演
会場:KAIKA
入場無料

お申し込み・お問い合わせ:
劇団しようよ Tel:075-276-5779(フリンジシアタープロジェクト内)
       Mail:gkd_444☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて送信ください)
https://www.gkd-444.com/#suho


【公演情報】笑の内閣『名誉男性鈴子』

第25次笑の内閣『名誉男性鈴子』

平成の大合併で誕生した南アンタレス市初の女性市議会議員、黄川田鈴子は女性の社会進出の象徴として活躍していた実績をかわれ、引退する市長の後継指名を受け市長選へ出馬していた。しかし、鈴子は女性の社会進出の象徴といいながら、実際はきわめて男尊女卑的な言動を繰り返す、まさに「名誉男性」だった。
笑の内閣がお届けする3都市ツアーは、アパルトヘイト時代の南アフリカの名誉白人のごとく、男社会で男以上に女性差別を繰り返す名誉男性を笑うジェンダーフリーコメディー!
京都公演では、【娘編】【息子編】の両編を上演します。

[日時]
2017年
11月9日(木)19:30 【娘】
11月10日(金) 19:30 【息子】
11月11日 (土) 13:00【息子】/17:30【娘】
11月12日 (日) 11:00【娘】/18:30【息子】
11月13日 (月) 15:00【娘】/19:30【娘】
11月14日 (火) 15:00 【息子】/19:30【息子】

[会場]
KAIKA

[料金]
当日 一般3,500円/25歳以下3,000円
予約割 一般3,300円/25歳以下2,800円
先得決済14 一般2,500円/25歳以下2,000円
リピート当日 一般2,000円/25歳以下1,500円
リピート事前入金・予約 一般1,500円/25歳以下1,000円
高校生以下 一律 500円

※日時指定自由席。
※未就学児入場 要相談。
※満席でない限り日時変更可能(笑の内閣までご連絡ください)。
※25歳以下・高校生以下は当日要証明。

※先得決済14について
公演初日の14日前の23:59まで販売。購入手数料・振込手数料はお客様のご負担になります。(販売締切 10月26日。但し、窓口によって締切が異なる場合がございます。詳しくは取扱窓口をご確認ください。)

※キャンセルについて
公演中止など、不測の場合をのぞき、原則、チケット代金お支払い後の返金はできません。ただし、笑の内閣の窓口(銀行振込)にてご購入(入金)いただいた場合は、公演初日の前日までにご連絡いただけましたら、1枚500円の手数料を差し引いてチケット代金の返金をいたします。その他の窓口で購入されたチケットや期日を過ぎてからの返金はできませんのでご注意ください。詳しくは笑の内閣にお問合せください。

●リピートチケットについて
9月1日より、笑の内閣の窓口のみにて取扱い。ご来場当日に半券とお名前が確認できるものが必要です。事前入金分については返金不可。

●オレが札幌でお前が大阪で割
yhs 37th PLAY『忘れたいのに思い出せない』の半券提示で、受付にて500円キャッシュバックします。

[チケット取扱]
●笑の内閣
Mail:waraino_naikaku_u☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて送信ください)
Tel:090-2075-0759(9:00~20:00)
※先得決済14のお支払は銀行振込(ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行)での対応
※チケットは郵送いたします。
※お電話の場合はメモをご用意ください。
※特別な配慮がご必要な方は事前に笑の内閣までご連絡ください。

●LivePocket-Ticket(ライヴポケット)
http://t.livepocket.jp/t/25_suzuko_kyoto
*要事前登録。
*コンビニ決済の場合は、10月25日受付締切
*チケットの発券はありません。発行されるQRコードを当日会場にてご提示ください。

●カルテットオンライン(インターネット予約)
WEB:https://www.quartet-online.net/ticket/25suzuko_kyoto

●演劇パス(クレジット決済)
http://engeki.jp/pass/events/detail/296

●京都芸術センター窓口(10:00〜22:00)
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

●喫茶フィガロ(10:00〜18:00)
京都市左京区田中上大久保町13-2 ネオコーポ洛北1階
※月曜定休

●家酒場さんち(通常19:00〜)
京都市上京区紙屋川町839-7 太田ビル2階
※不定休(sangchi.jimdo.com、SNSにて随時更新)

●コワーキングスペース「小脇」(平日10:30〜20:00)
京都市下京区岩戸山町440 江村ビル3F
※臨時休業あり


[出演]
中谷和代(ソノノチ)
熊谷みずほ
土肥希理子
松田裕一郎【娘編】
石原正一(石原正一ショー)【息子編】
諸江翔大朗(ARCHIVES PAY)  
髭だるマン(爆劇戦線⚡和田謙二) 
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
延命聡子(中野劇団)【娘編】
丹下真寿美【息子編】
池川タカキヨ(ピルドレン)
横山優花(劇団立命芸術劇場)【娘編】
神田真直(劇団なかゆび)【息子編】

[作・演出]高間 響
[舞台監督]稲荷(十中連合)
[舞台美術]栗山万葉
[照明]真田貴吉
[音響]島崎健史(ドキドキぼーいず)
[演出補佐]余ティムラ
[広報]吉岡ちひろ
[制作]渡邉裕史 新原伶(劇団なかゆび) 坪井梢

[企画・製作・主催]笑の内閣
[共催]NPO法人フリンジシアタープロジェクト

京都芸術センター制作支援事業
芸術文化振興基金助成事業 
supported by KAIKA

[お問い合わせ]
Tel:090-2075-0759(9:00~20:00)
Mail:waraino_naikaku_u☆yahoo.co.jp(☆を@に変えて送信ください)
Web:http://warainonaikaku.sitemix.jp/


【公演情報】ゴジゲン『くれなずめ』

ゴジゲン 第14回公演『くれなずめ』

記憶は目に焼き付いた永遠!
思い出にするぐらいならわすれてやる!
沈む夕焼けは火傷しながら支えるだけさ!
今日もお前を迎えに行くぜ!
遠慮はいらないぜ!

omote[日時]
11月4日(土)14:00/18:00
11月5日(日)14:00

[会場]
KAIKA

[料金]
前売券:3,000円
当日券:3,300円

[チケット取扱]
チケットぴあ
http://w.piajp/t/gojigen/
0570-02-9999(Pコード:480-229)
0570-000-407(オペレーター対応)

イープラス
http://eplus.jp/gojigen/

ローソンチケット
http://l-tike.com/gojigen/
0570-084-003(Lコード:31832)
0570-000-407(オペレーター対応)

カンフェティ
0120-240-540
(平日10:00~18:00 オペレーター対応)

[出演]奥村徹也 東迎昂史郎 堀善雄 松居大悟 目次立樹 本折最強さとし
[作・演出]松居大悟

[共催]NPO法人フリンジシアタープロジェクト

imported to KAIKA

[お問い合わせ]
Tel:ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125(平日10:00~18:00)
Mail:info☆5-jigen.com(☆を@に変えて送信ください)
Web:http://www.5-jigen.com

【公演情報】ヤザキタケシプロデュース公演『スペースα』

ヤザキタケシプロデュース公演
『スペースα』

 
ヤザキタケシがプロデュースする、2部構成のダンス公演。
第1部では、4年ぶりとなるヤザキのソロ作品に加え、菊池航、渋谷陽菜・藤原美加・山本和馬、清水彩加など、いま「見たい・見てほしい」次世代を担うダンサー&コレオグラファー達による作品を上演。作品の多様性、個人が持っている独特な世界観、みなぎる真摯なエネルギーをお楽しみください。
第2部では、フランスで話題となったヤザキタケシ作品「スペース4.5」をはじめとするスペースシリーズの新作「スペースα」をお送りします。初演から14年、今回はヤザキのもとで学んできたLulu3期生が出演し、それぞれのテリトリーとしてのスペースから、反発・共鳴・平行線・交差・時性などをキーワードとし、舞台上に新たなスペース空間を現出させます。
 
[日時]10月15日(日)13:30-/19:00-
※各回30分前開場
 
[会場]
KAIKA
 
[料金]
前売券:一般 2500円
    高校生以下 2000円
当日券:一般 2800円
    高校生以下 2300円
 
[チケット取扱]
space.a.839☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)
上記アドレスに①お名前②公演時間③チケット枚数をご明記の上、ご連絡ください。
こちらからの返信を持ってご予約完了となります。
 
[出演]
ヤザキタケシ、Lulu3期生(岩田奈々、寺井幸穂、好光義也、ゆざわさな)、菊池航、清水彩香、渋谷陽菜、藤原美加、山本和馬、生田朗子、山田直子、米田尚子、小泉朝未、鈴木映吏子、中西紘子
 
[舞台監督]長峯巧弥
[音響協力]青木駿平
[照明]西本春佳
[音響]澤根菜摘実
[制作・宣伝美術]ゆざわさな
 
[共催]NPO法人フリンジシアタープロジェクト
[主催]ヤザキタケシ
KYOTO EXPERIMENT 2017 フリンジ「オープンエントリー作品」
supported by KAIKA
 
[お問い合わせ]
Mail:space.a.839☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)
Facebookページ


記事検索
  • ライブドアブログ