image



⤴︎ 上のお題で脳科学者の茂木健一郎先生の講演を聞く機会がありまして母を誘い行ってきましたー✨✨✨母は、茂木先生って誰⁉️…状態でして、話しが面白くなかったら寝てて良いとの条件付きで引っ張り出したわけです😅







茂木先生はさすが人前で話し慣れていらっしゃる☺️
約1700名収容会場は満席で、しかも年齢層が10代から80代⁉️
…今日は年齢層幅広くてしゃべりにくいなぁ〜なんて頭をポリポリかきながらトーク開始。








先生が若い頃、自分の容姿にコンプレックスもあり、なかなか自分の個性を受け入れられなかった…の話しにはじまりこんな絵 ⤵︎ を描いて美男美女を数値化してくれました😁





image





私の記憶のままにヒトの顔👦描きましたが、先生本気で⤴︎こんなに上手い絵かいたんですよ…笑
東京藝術大学非常勤講師つとめられた実力👀‼️…恐れ入りますって感じでしょ😅😅😅






当日先生の出で立ちは寸足らずのチノパン、ヨレヨレのTシャツ、失礼のない程度のジャケット、しかも散髪は20年間自分でいたす…という徹底ぶり。お世辞にも見た目かっこいいとはいえないなぁ😅😅😅
ドラえもんが多少人間に進化した感じ…とあえて表現いたします💦先生ゴメン❗️






⤴︎ 上の絵を少し解説しますと、キーワードは46%と36%
この数値に顔のパーツがおさまっていればいわゆる美男美女グループなんだそーです。この数値からはずれればはずれるほど悲しい感じの見た目になるそうな…






先生のお話は多岐にわたり、いわゆるオタク族も個性、音符読めないけど曲が作れるヒトも個性、…などなど会場に自前のパソコンにダウンロードした音楽を流してくれたりしながら具体的にお話を進めてくれました。ちなみに先生のパソコンにはなぜかアインシュタインの顔面ステッカーが貼られてました😊なんか気になる〜







後半は先生お得意のドーパミンがらみトーク💨💨💨
ドーパミンって自分ができるかどうかわからないことがきちんと出きた時や不意に緊張状態に置かれたが上手く出来た時などに出る神経伝達物質で、やる気、集中力、生産性をあげる鍵となるものだそうです。








会場から20代と30代の方を壇上に呼び寄せ、2分間の時間を与えるから英語で自己紹介をしてください❗️…とか
あなたがノーベル賞を受賞したと想定してしゃべってください❗️…など不意にお題を提示して困らせてました…笑
たくさんドーパミン出ましたねぇ…って









頭脳明晰な先生はおっしゃった。
偏差値ではない人としての魅力、個性、特徴を知り、活かしてほしいと。
同じ会場にいた学生さん達はどのようにとらえたでしょう…⁉️
そして、私達中年組み、高齢者の方々にはどのように響いたでしょうかね…⁉️











その道のプロに話してもらったり、考え方を聞いたり出来るってやっぱりいいですねぇ。自分の想定を超える体験や気づきを得ることができますもんね☝️









我が子達にもきかせてあげたかったな。10代、20代と柔軟なうちに色々なヒトと触れあったり体験をすることがいかに貴重であるか私もきちんと話してあげなきゃな…と思いましたです。