開運の判子!印相(insou)について調べる)

会社(ホールディングス)の印鑑とか insou学とか、insou印鑑とか、

insouホールディングスと最近話題の飲み物について 2

皆さま、どうも、こんにちは!このブログではオリジナルの飲料の製造・販売を手掛ける企業「insouホールディングス株式会社」の「涼音」というミネラルウォーターを参考に、最近なにかと話題の「ルイボスティー」の特徴についてをテーマにし、定期的に記事の更新をおこなっております。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「insouホールディングスと最近話題の飲み物について」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです(*^_^*)

ルイボスティーの元となる「ルイボス」が自生しているのは南アフリカ共和国のケープ州ケープタウンのゼダルバーグ山脈。見た目は針葉樹様の葉に赤味を帯びた幹の低木です。(ちなみにルイボスはアフリカーンス語で”赤い低木”を意味しています。発音はローイボス、英語ではロイボス。”ル”と発音するのは日本くらいなのでしょうか・・・・。)
ルイボスティーは基本的には紅茶として様々な国で愛飲されているそうですが、なかにはリキュールとして利用するところも。ケープ地方の先住民やオランダ移民は古くからルイボスを薬草とし、紅茶がわりに飲んでいたとか。本場南アフリカでは自生しているのが山岳地帯なのが影響しているのか、山羊の乳をつかったミルクティーが一般的で、カフェではエスプレッソ・カフェラテ・カプチーノが人気が高いと聞きます。

このように、あらゆる国でオールマイティーに活躍するのが「ルイボスティー」の魅力なのでしょうけれど、そのほかにも美容や健康に特化した成分が配合されているのも注目すべき点ですよね!

insouホールディングスと最近話題の飲み物について

皆さま、どうも、こんにちは!・・・・さてさて、いきなりですが、「insouホールディングス株式会社」の存在を知ったのをキッカケに、自分が普段からくちにする食べ物、飲み物について関心を抱くようになりました。特に現在は飲み物に興味があります。理由はこの企業で製造・販売されているオリジナルの飲料のひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでの繊細な自然に特化したプロセスを知り、そこでふと、最近話題の健康茶について調べてみたくなったのです。
そんな「最近話題の健康茶」といえば、そう、「ルイボスティー」!原産地が南アフリカであるこのお茶は、ノンカフェインという特徴から、乳児やお年寄りなど年齢に関係なく飲めることで注目を浴びています。しかし、意外と原材料や具体的な効能については知られていないのではないでしょうか。たとえばルイボスティーが健康に良い理由はノンカフェインだけではなく「抗酸化作用」に優れているからだ、などなど、じつは様々な背景があり、調べる程にとてもおもしろく感じました!
また、ルイボスティーの元となる「ルイボス」はどこかの地で栽培されているのではなく、なんと自生しているのだとか。しかも以前から原産地以外での栽培を試みられているようですが、全て失敗に終わっているそうです。つまり、原産地の気候がよほど適しているということでしょうか・・・・。

(それでは、”insouホールディングスと最近話題の飲み物について”、よろしくお願いします!)

insouホールディングスから考える、五感と飲食について ~まとめ~

今日もこのブログをご覧の皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)
・・・・さてさて、数回にわたり「insouホールディングスから考える、五感と飲食について」をメインにすすめていきましたが、今回いくつか個人的に気付いたポイントがありまして、それをご紹介する事でいちどまとめていくつもりです。
それでは本日も最後までおつき合いいただければ幸いです!
上記したテーマについて考えるにあたり『新世界より』というファンタジー作品を参考にしていきましたが、作者の貴志祐介が紡ぐ1,000年後の日本を舞台にした奇っ怪な物語につい夢中になってしまいました。また、作者オリジナルの動植物や現代とは異なる様子の食事シーンを目にすると、たとえば他のフィクションとは異なる特徴をひとつ発見しました・・・・それは、「必ず現実に存在するものをモチーフにしている」ということ。
神栖66町の舞台である茨城県の特産品を登場させている点や、トラバサミと同名の罠が存在する点など、オリジナルの要素ほど現実との繋がりが色濃く見えてくるようです。
たとえば江國香織が描くフィクションに登場する食事シーンの場合、直接現実が舞台になっているだけに、どのようなものをモチーフにしたのかはなかなか見えにくく、そのかわり登場人物たちの表出されていない好みや関係性を想像するためのスイッチには適しているのではないでしょうか。しかも、江國香織のように「飲食」に対して強いこだわりがある作家であれば、自身の個人的な好みが物語に反映されるのは当然でしょう。

このあたりでひとまず「insouホールディングスから考える、五感と飲食について 」は終了です!最後までおつき合いいただきありがとうございました(^^)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ