firstroadの競馬日記

まあよくある競馬ブログ。予想&回顧と最近始めた一口馬主の話が中心、というかそれ以外おそらく無し。

この馬に出資出来た事を

誇りに思いますし、おそらくもう2度とこんな馬には出会えない。本当に素晴らしい馬です。UAEダービーに出走したエピカリス、初めてこの馬の本気を見た、そして素晴らしいレースでサンダースノーと真っ向勝負。ほんのわずかに及ばず2着でしたが人馬には何の不満も無いですし感謝しかないです。



3/25  ドバイ・メイダン競馬場
25日のメイダン競馬では好スタートから先手を奪い、道中はそのままの位置でリズムを整える。いい手応えで最終コーナーを回り、直線では勝ち馬との叩き合いになったが、最後は僅かに相手が前に出て2着。「難しい環境での調整だったと思いますが、馬に跨がってすごく具合がいいのを感じました。ゲートの待ち時間は長かったけどいいスタートで、道中はリラックスしてリズム良く走っていました。直線ではしっかり脚を使って勝てると思いましたが、勝ち馬は地元ドバイの馬でアドバンテージがありましたし、相手も強くて本当に最後だけ上手くいかなかったですね…。日本と違った特殊な馬場でなおかつ初めてのコースでも対応して頑張ってくれたから、本当に勝ちたかったです」(ルメール騎手)「ドバイまで足を運んでいただいた会員の方々、そして日本からたくさんの応援をいただきありがとうございました。一番いい結果ではなく非常に申し訳ない気持ちですが、エピカリスのポテンシャルの高さを改めて感じましたし、またこれから人馬共に頑張って、皆様と一緒に喜べる結果を出していきたいです。レース直後の馬体チェックでは問題なかったものの、しっかりと走ったあとなので引き続き気を引き締めて馬を見させていただきます」(萩原師)初めての海外遠征で難しさはあったものの、ドバイ到着後は時間をかけてしっかりと現地の環境に馴染み、いい状態でレースへ挑むことができました。今回結果を出せなかったのは非常に悔しい限りですが、それでも地元ドバイの最有力馬を相手に堂々と渡り合ってくれました。ドバイのダートコースは日本のダートの砂質よりも粘り気があり、現地では珍しいほどの連日の雨で馬場が悪化していましたが、馬場を鑑みて蹄鉄を微調整していましたし、何よりも馬が厳しい状況にも順応して勝ち負けを演じてくれました。この経験を糧にさらに力を付け、先々ではさらなる大舞台で結果を残してほしいものです。今後はまずはレース後の状態をしっかりと確認していきます。

この後はとにかく馬の体調最優先でお願いしたいですね。一部ではキャロの取締役がアメリカ遠征を匂わせるコメントでしたが・・・おそらくデビュー以来初めて本気で仕上げて本気で走った反動は必ずある筈。そんな中でこれから日本まで輸送して1か月弱の検疫。体調が優れなければ春全休くらいの選択も踏まえてお願いしたいです。。。というか負けてたらアメリカは無いんじゃなかった?(^^;

エピカリスinドバイ

・無事に家に帰るまでが海外遠征です。心身共にまずは無事に!
・つーかサンダースノー回避の噂も結局いるやん・・・
・しかし馬券売らないレースだからJRAやらの扱いが雑だねえ。日本馬で一番勝てそうなのどうみても家の馬なのにねえ・・・
・本日1ドル=111.3円です(笑)

さあ頑張れエピカリス!
PA151438

惜しかった

土曜日金鯱賞に出走したロードヴァンドールは2着でした。

太宰騎手 「枠内でゴソゴソと。スタートで僅かに遅れてしまいました。瞬発力勝負だと分が悪い印象。あまりペースを落とし過ぎるよりも、今日のような後続に脚を使わせるぐらいの逃げがベターですね。左回りのレースが初めてで、コーナーでは多少ギコちない格好。でも、それは経験を重ねるに連れて慣れるでしょう。勝ち馬には離れた外から一気に行かれる形。本当に渋太いタイプだけに、馬体を併せる形だったら更に際どかったのでは・・・。申し訳ありません」

いやあ惜しかったねえ。最初大外枠の分逃げるのに脚を使わされた分がねえ・・・勝ち馬と枠が逆だったらもっと際どかった気もしますが。それでもよく頑張って2着で賞金2500万GET!で総賞金1億突破。一口的にはもう十分名馬ですねえ。馬券も取らせてもらってウハウハでしたがもう世間にはそろそろバレたか(笑)この後はレース前はここ使ってしばらく休養予定でしたのでしばらく休んで鳴尾記念辺りで復帰してその後はサマー2000シリーズ目指して貰うのが理想(笑)

・・・さすがに今年G3くらいなら勝てそうですしエピカリス、ネオリアリズムに続いて今年は重賞いくつ勝てるのか?来週復帰予定のサーブルオールもマイル路線で期待してるので今年はこの4頭で重賞戦線フル回転やでー。

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ