16両から短編成化され、P1からP12の12編成の4両車がいた山陽路です。

運転区間は博多と岡山間の中で「こだま」のみで運転されていました。
2010年春の時刻表では朝夕を中心に下りで12本、上りで13本のダイヤが見られます。

上ってきたP6編成を跨線橋から捉え、振り向いて後を追い記録していたものです。
これは博多南線を経て博多を9時20分発、岡山着12時52分で運転する「こだま740」でした。

2010.05.09 11:40頃
山陽新幹線 広島・東広島

IMG_3368_1
IMG_3369_1
IMG_3371_1
「カテゴリーアーカイブ」からも是非ご覧ください。