瀬戸内からDeparture

鉄道、飛行機、船などの のりもの 記録をご紹介しています

カテゴリ: 客  船

白い船は 石崎汽船の定期船 スーパージェット「瑞光」です。海上自衛隊の艦船を少々離れた河口から記録しています。この日、艦船が満艦飾となる 建国記念の日 でした。白い船は呉桟橋を出るとすぐに造船所の青色コンテナ船の前を通過。となりの基地を通って音戸の瀬戸へ。松 ...

スーパージェット「祥光」が呉桟橋を出てきました。目前のドックには最近、青いコンテナ船が入いりました。その様子を見る間もなく駆けだします。しばらく江田島付近に停滞していたメガコンテナ船がドックに戻って来ていました。全長400mの「ON INSPIRATION」。一気に推力を ...

この日もピンク色の壁がなく、広い視界がここにあります。遠くに見えるのが「SEAPASEO」だともすぐに判別ができます。ピンクのことばかり気にしていると次のコンテナ船でしょうか、ブルーの壁が出来つつありました。壁。そのくらい大きい船舶だということを表現したくて・・ ...

日の入りまで30分を切った頃。SEA PASEOに暮れようとする陽が当たっていました。その前方にはカモメでしょうか、海面をざわつかせています。よく見るとSEA PASEOの後方にはSEA SPICAもいました。両船とも呉桟橋を出ると広島港へ向かいます。建造中のコンテナ船上のセルにも夕 ...

① 10時過ぎでした。② 12時です。③ 16時過ぎでした。④ 夕方。瀬戸内海汽船のクルーズフェリー「SEAPASEO」。同一日の4題でした。 ...

呉港の日常。その景色です。低く製鉄所の設備が見え、その前面には海自の艦船がいて。つぎに造船所が現れる。いまはピンク色のタンカーがいて。そのうちに水色をした船体も現れそう。「大和」を造ったドックには毎年この時期に入渠する 浚渫兼油回収船 が見え。スーパージェ ...

SJ「宮島」を見送って25分後にやって来たのは、松山観光港からの「SEAPASEO02」でした。ここまでおよそ1時間40分の船旅。元祖音戸大橋をくぐっています。ここを通過する記念にと橋梁を記録される方は多いですね。下から仰ぎ見るように。デッキにその人影が見えます。青と白と ...

「追いつ追われつ」の3隻を見送ったあと、しばらくして逆方向からやって来たのはスーパージェットSJ「宮島」でした。こちらもこの時季にマッチするような白い大きな航跡を引いています。その航跡を延ばしながら呉港桟橋へ向かって走り去りました。SJには一度だけ呉・松山間で ...

広島サミットでは各国首脳を乗せて宮島を往復した「SEASPICA」です。船の知名度も上がったことでしょう。この日の乗船客も多そうです。このコースは東向きで下蒲刈島、大久野島を経て三原港までのコースで、広島港から所要4時間半程度です。5月、これに乗船することができま ...

昨日の続きの様子です。フェリー「旭洋丸」を追うように第二音戸大橋をくぐったのはスーパージェットの「道後」です。「道後」が作る白くて幅の広い航跡が、その後ろから来る「SEASPICA」のそれとは明らかに違っています。パワーの差をみせている、とうことでしょうね。「追 ...

今朝、ここ音戸の瀬戸公園に行ってきました。5月に「SEASPICA」に乗船しました。その際に見た「追いつ追われつ」(こちら)を演じた参加者たちをここから見られないか、と来てみました。5月の3船は予定通りにやってきてくれました。さすがにこの狭い瀬戸、海峡でそんな光景は ...

こういう船がいることは知っていましたが初めて見ました。呉辺りでは見ない船形で優雅に感じます。原爆ドーム前の元安川を上っているところです。航路はここと宮島間ですから「世界遺産航路」なんですね。この元安川や、となりの本川利用もあるようです。宮島までの所要は45 ...

ふたつのアーチ状橋梁の下をくぐって呉港、広島港へ向かうスーパージェットSJ「道後」です。左手にあるのは「伝清盛塚」。平清盛が開削したといわれる瀬戸にある塚です。そこに白い橋、参拝橋が架かっています。今年2月にこの橋に貨物船が衝突し、陸側から1スパンが海中に落 ...

分かります?。クルーズフェリー「翔洋丸」はどこを走っているでしょうか。後方には大麗女島が見えますが・・・。はい、そうですね。呉港でした。第一便として松山観光港を出て、呉に入港直前でした。この日の朝は雲はあるもののその上に真っ青な空があり、どこなのかと思わ ...

そんなに前でもなかったんですね。今の「瑞光」は真っ白けです。この日はここでこちらの客船を記録していました。それが現れるまで広島港で待つ間に捉えたのが石崎汽船「瑞光」でした。松山観光港からの到着でしょう。港出入り口の赤い灯台、白い灯台を抜けて入ってきます。 ...

呉基地を出ようとする「いせ」に二隻のフェリーが重なりました。呉を基地にして就役3年を経たころです。風景はいつもと変わらないものですが、ただ。こうして掲載していますが「石手川」の記録は持っていないと思っていました。こんなところで見つけるとは、の思いがあります ...

スーパージェットSJ「宮島」がやって来ました。松山から広島へ向かう途中は呉港に寄港する場合もあります。製鉄所の前を通り、海自呉基地、造船所を右手に見ながら経由港の呉桟橋へ入ります。写っている船を数えるとそれは10隻以上います。そんなには広いとは思えない呉港 ...

過去にも同じ場面を掲載しています。が、背景にある製鉄所のクレーンなどはもうありません。最近の新聞では解体が進んでいるという記事をみました。「四万十川」です。何度か乗船したことはありましたがこの記録をした月に引退しています。その後に「SEAPASEO01」が就航する ...

↑このページのトップヘ