東座 FROM EAST 上映案内

映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会
信州のまんなか、葡萄の里"塩尻"で、ハートにしみる上映会を開いています。
地方ではなかなか上映されない単館・ミニシアター系の映画を期間限定で上映。
こちらでは、上映情報を簡単にお知らせしています。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
12月8日(土)〜12月28日(金)
◆12/8〜12/14→10:00/14:30
◆12/15〜12/28→12:20/18:30

★作品情報★
2017年製作/フランス製作/フランス語 アラビア語
上映時間:1時間42分
監督・脚本:ラシド・ハミ
出演:カド・メラッド、サミール・ゲスミほか

★ストーリー★
 フランス、パリ。移民の子が多いパリ19区の小学校に、ヴァイオリニストのシモンが、音楽教育プログラムの講師として着任する。シモンは子どもが苦手だが、オーケストラでの演奏に行き詰まり、生活のためにこの職を得た。教えるのは、楽器に触れたこともない、イタズラ盛りの子どもたち。やる気のない彼らに、シモンはスタート早々うんざりするが、一人だけ、ヴォイオリンに興味を持つ男の子がいた。

フランスが取り組む音楽教育プログラム(Demos)は、子どもたちに無料で楽器を提供し、情操教育を推進するプロジェクトで、マクロン首相もドイツのメルケル首相も現場を訪れ推奨している。

「ヴァイオリンなんか弾けるわけがない」と諦めていた子どもたちが、ひとりの少年の熱意に引っ張られて音楽が好きになり、挫折寸前の音楽家を立ち直らせる。
音楽の、偉大な力に改めてひれ伏す、すてきな物語。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
12月8日(土)〜12月21日(金)
◆12/8〜12/14→12:10/18:30
◆12/15〜12/21→14:20"

★作品情報★
2017年製作/中国・台湾製作/中国語
上映時間:2時間1分
監督・脚本:シルヴィア・チャン
撮影:リー・ピンビン
出演:シルヴィア・チャン、ティエン・チュアン・チュアン、ラン・ユエティン、ウー・イェンシューほか

★ストーリー★
 台湾を代表する女優、シルヴィア・チャンの脚本・監督・主演作品。中国の巨匠、田 壮壮(ティエン・チュアン・チュアン)が彼女の夫役を演じ、豊かな才能を見せている。

 ベテラン教師のフイイン(シルヴィア・チャン)は、テレビ局で働くひとり娘ウェイウェイと、自動車教習所の指導員をしている夫の三人で、町場の団地に住んでいる。
定年退職の日が迫ったある日、母親が亡くなった。フイインは、父親と同じ墓に入れたいと、田舎にある父の墓を自宅の近くに移そうとするが、墓の近くに住む、父親の最初の妻ツォンが猛反対。近所の村人まで加勢して大騒動になってしまう。ツォンは長い間、夫の帰郷を待っていたという。フイインは自分の母こそ本妻だと証明するため、役所に出向くが、業務移転で両親の結婚証明書が手に入らない。一方、テレビ番組の新企画として「墓をめぐるトラブル」を考えたウェイウェイは、こっそり老いたツォンを訪ねては取材を重ねていた。

墓を守ること、家族愛、夫婦愛についての価値観の違いを、20代60代80代の三世代にわたる女性の視線で描いた心温まる秀作。撮影監督はホウ シャオシェンや行定勲、是枝裕和監督作品を手がけてきた台湾の実力派カメラマン、リー・ピンビンがつとめている。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
12月15日(土)〜12月28日(金)
◆10:00/20:30
※15日と22日の土曜日は8:00/10:05/20:30
※8:00は一律千円

★作品情報★
製作年度2017年 | 製作国:フランス| 上映時間:1時間53分
フランス語 英語 

■監督・脚本:セドリック・クラピッシュ
■出演:ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル、ジャン=マルク・ルロほか

★ストーリー★
 フランス・ブルゴーニュのドメーヌで生まれ育った長男ジャンは、10年前に世界が見たいと故郷を離れた。そのため家業を継がざるを得なくなった妹のジュリエットは、女の細腕で懸命に父を手伝い葡萄畑とワイナリーを守ってきた。ところが父の病が悪化し、治る見込みがないと宣告される。次男はすでに別のドメーヌの婿養子になっており、全ての仕事を負うことになったジュリエットは、ジャンを頼るしかない。
しかし、10年ぶりに再会したジャンは、オーストラリアでワイナリーを築いていたが、深刻な家族の問題を抱えていた。
やがて父が亡くなり、3人は高額な相続税に驚き、今後について頭をかかえる。しかし葡萄は例年どおり順調に育ち、収穫の時期を迎えていた。

★Kozのお勧め!★
家族経営のワイナリーと、家族間の心情が、詳細かつ克明に描かれている。
醸造家マルセル役で登場する俳優ジャン=マルク・ルーロは実際にワインの生産者でもある。彼のアドバイスにより、収穫時期に兄妹が言い争うシーンが生まれた。1年をかけて撮影された「神に祝福された地」ブルゴーニュの四季と、極上のワインを、目で味わってください。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
11月24日(土)〜12月7日(金)
◆11/24〜11/30→12:15/18:30
◆12/1〜12/7→10:00/14:25

★作品情報★
☆イタリア・ゴールデングローブ賞 最優秀脚本賞
☆ゴールデンCIAK賞 最優秀撮影賞
☆イタリア映画記者協会賞

2016年製作/イタリア製作/イタリア語
上映時間:1時間46分
監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ
出演:リマウ・グリッロ・リッツヘルガー、ヴァレンティーナ・ロマーニ、レオナルド・パッザッリほか

★ストーリー★
 舞台はイタリア北部・ウーディネの町(ベネチアの東、スロバキアとの国境近く)。
16歳のロレンツォは、トリノの孤児院で里親が決まり、この町に引っ越してくる。夢はスターになることだ。新しい両親の温かいもてなしに感激した彼は、翌朝、お気に入りの服装で登校するが、早々に白い目で見られ、いじめの対象になってしまう。しかし、隣の席に座ったブルーは、愛想は悪いが、ロレンツォの堂々とした態度が気に入り、二人は即座に打ち解ける。ブルーもまた学校内で、男好きだと中傷を受けていた。ロレンツォは、もうひとり、クラスの誰とも口をきかないアントニオが気になり始める。アントニオはバスケット部で活躍しているが、トロい、頭が弱いと仲間に馬鹿にされ自信を無くしていた。彼には優秀な兄がいたが、事故で亡くなり、それ以来、両親はアントニオを守ろうと過保護になっている。
そんな三人は、学校で、はみ出し者扱いをされながら、友情を育んでゆく。ところが、閉鎖的な学生たちは、ロレンツォがゲイであることを馬鹿にし「アンチ・ロレンツォの会」というサイトまで立ち上げて彼をネット攻撃し始める。
レディ・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」をはじめMIKA、STAGなどのヒット曲とポップなファッションが彩りを添える、瑞々しくて切ない青春劇。

 感情の制御が不完全で、なおかつ人格も形成途中の高校生が多い中、抜きん出て精神の成長が早く、洞察力や自立心も備わっている彼らは、学校内で異質とみなされ排斥されてしまう。そんな理不尽で非人道的なことがあって良いのだろうか。しかし、ウーディネというイタリアの小さな町で生まれ育ったティーンエイジャーたちは”そういう教育”を受けてきたのだから仕方がない。そんな排他的な環境にあっても、ポジティヴ思考のロレンツォは、誰にも負けずマイペースで我が道を行く。彼の潔い行動と強さに、大人がどれだけ勇気をもらったことか!!!

☆大手企業に勤めていた男性が、定年退職後、スペイン行きの機内上映でこの作品に出合い、強く惹かれて、行き帰り、何度も繰り返して見たという。帰国後、彼は、日本での上映予定が
ないことを知り、自ら映画配給会社「日本イタリア映画社」を設立し、本作は上陸した。
ひとつの情熱の力に大きな拍手を送りたい。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
11月24日(土)〜12月7日(金)
◆11/24〜11/30→10:00/14:25
☆11/25(日)は11:30〜18:00 松本市裏町DOON食堂印度山のアシシュ・シェフ特性
キーマカレーを、ロビーにて\300でご提供します。
◆12/1〜12/7→12:15/18:30

★作品情報★
2017年製作/イギリス製作/英語
上映時間:1時間46分
監督・脚本:グリンダ・チャーダ(「ベッカムに恋して」)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤールほか

★ストーリー★
 1947年8月、イギリスの植民地支配から解放されるまでのインドの6ヶ月間を描く。

 1947年、インドの首都デリー。
第二次世界大戦で国力が弱まったイギリスは、植民地インドを解放すると宣言する。
主権譲渡の任務で、インドに赴任した新総督マウントバッテン卿と夫人は、早々に識字率の低さと寿命の短さに驚き心を痛める。
その頃インド全土で暴動が起きていた。ヒンドゥー教徒とシク教徒は独立後の統一インドを望むが、ムスリム連盟は分離してパキスタンの建国を願っていた。
総督は最善策を練る為に国民会議派のガンジーやネルー、ムスリム連盟のジンナーと話し合う。

解放後のインドの未来について、誠実に取り組む総督と妻の真摯な姿、分離によって運命が大きく変わって行く若い恋人同士の苦悩が、壮大なスケールの時代背景とともに描かれる。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com

このページのトップヘ