東座 FROM EAST 上映案内

映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会
信州のまんなか、葡萄の里"塩尻"で、ハートにしみる上映会を開いています。
地方ではなかなか上映されない単館・ミニシアター系の映画を期間限定で上映。
こちらでは、上映情報を簡単にお知らせしています。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
1月12日(土)〜1月25日(金)
◆1/12〜1/18→12:10/18:30
◆1/19〜1/25→12:10/14:00/18:30

★作品情報★
2018年製作/アメリカ製作/英語
上映時間:1時間33分
監督:レイチェル・ドレッツィン
原作:アンドリュー・ソロモン著「FAR FROM THE TREE」

★ストーリー★
 少年時代にゲイであることを両親に告白し、拒否されたことから長年うつ病に苦しんだ
原作者アンドリュー・ソロモンは、「ニューヨーク・タイムス」の編集者から、ろう文化の記事を依頼され、普通でない子どもたちへの偏見と先入観に気づいた。子どもたちは思春期になると、自らコミュニティを築き喜びを見い出して生きている。それを機に、自閉症やダウン症、
低身長症の若者が、親とのふれあい以外で生きがいやアイデンティティを見つけている事実を
知り、10年の歳月をかけて彼らを取材し1冊の本にまとめた。発達障がいや身体障がい、LGBTなど、一般的ではない子どもを持つ300以上の家庭の協力を得て、家族の本質を探ったこの本は、24ヶ国語に翻訳され国内外50以上もの賞を受賞。多くの悩める家族や親を励ました。
この本に取り憑かれた女性監督レイチェル・ドレツィンは、30以上の映画化のオファーを勝ち抜いて権利を獲得し、抜粋した家庭との信頼関係を築いてドキュメンタリー製作に入った。

原題の「FAR FROM THE TREE」は「The apple doesn’t fall from the tree」(リンゴは木から遠いところへは落ちない)という諺に由来する。子どもは親に似る、というのは先入観であり、独自の視線で世界を見たり歩き出したりするもの、という取材で得た事実をアンドリューはタイトルに込めたという。

我が子の現状にどれだけ泣いても、一度たりとも子どもを取り替えたいと思ったことはないという無償の愛。たとえ障がいを持つ子が生まれても育てる自信があると、低身長症のリアは出産を望み、長い間言葉を発せなかった自閉症のジャックは、タイピングを覚えて自分の意思を両親に伝える。
映画化のプロジェクトで、アンドリューも父親と和解し、パートナーと結婚して子どもを持つ身になった。

障がいを持つ人々に対して、たとえ好意的であっても偏見を抱いている人は多い。”普通”ではない人々の人生観や家族に希望の光を当てた本作は、万人の心にやすらぎを与え、違いや個性を認めることが、人間として、どれだけ自然なことか改めて気付かせてくれる。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
1月12日(土)〜1月25日(金)
◆10:00/20:30

★作品情報★
製作年度2017年 | 製作国:ロシア| 上映時間:1時間48分 ロシア語 

■監督・製作:アレクセイ・ウチーチェリ
■出演:ラース・アイディンガー、ダニーラ・コズロフスキー、ミハリナ・オルシャンスカほか

★ストーリー★
 ロシア皇帝ニコライ2世とマリインスキー・バレエ団のプリマ、マチルダ・クシェシンスカヤの実話に基づく物語。

 1890年台後半のサンクトペテルブルク。ロシア王位継承者のニコライ2世は、イギリスのヴィクトリア女王の孫娘と婚約していたが、美しいバレリーナ、マチルダに一目惚れし、ほどなく2人は愛し合う。だが、そこへ一方的にマチルダを慕う大尉が現れ、ニコライ2世に襲い掛かるという事件が起こり、2人の関係は、宮廷内に知られることとなる。
ニコライの寵愛を受けるマチルダは、他のバレリーナたちから激しく嫉妬されるが、常に冷静を装い、気高く振る舞っていた。
2人が密かに逢瀬を重ねる間、囚われた大尉は拷問を受け、化学実験の対象にされて、ついには発狂してしまう。
一方、ニコライの婚約者アリックスは、事実を知り、嫉妬と憎悪に燃えて画策し、ニコライとの結婚にこぎつける。だがマチルダへの想いを募らせるばかりのニコライは、王座に背き、マチルダの元へ必ず帰ると約束する。

★Kozのお勧め!★
 合計7,000着という絢爛豪華な衣装と、歴史ある宮殿や劇場の美しい内装に目を見張る。
全盛期のロシアを象徴する背景に、配色、デザインともに凝ったバレエ衣装や王宮貴族のドレスがまばゆい光を放つ。かつて見たことのない映像美に圧倒され、サスペンス色がにじむ展開に吸い込まれてゆく。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com

このページのトップヘ