東座 FROM EAST 上映案内

映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会
信州のまんなか、葡萄の里"塩尻"で、ハートにしみる上映会を開いています。
地方ではなかなか上映されない単館・ミニシアター系の映画を期間限定で上映。
こちらでは、上映情報を簡単にお知らせしています。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
5月13日(土)〜5月26日(金)
10:00/20:40
※土曜日のみ朝8:00のグッドモーニングショウ(一律千円)あり
※20:40の回はレイトショー割引あり

★作品情報★
☆第60回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞、脚本賞☆
☆トライベッカ国際映画祭脚本賞☆

製作年度:2016年 | 製作国:イタリア | 上映時間:1時間36分 | イタリア語
監督・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ
出演:ジュゼッペ・バッティストン、アンナ・フォッリエッタ、マルコ・ジャリーニ、エドアルド・レオ、ヴァレリオ・アスタンドレア、アルバ・ロルヴァケル、カシア・スムトゥ二アク

★ストーリー★
 満月の夜、定例の食事会に、仲の良い3組の夫婦とひとりのバツイチ男が集う。タクシー運転手のコジモと獣医のビアンカは新婚夫婦、結婚17年目のレレとカルロッタは倦怠期、美容整形外科のロッコと心理カウンセラーのエヴァは、思春期の娘とギクシャクしている。そしてバツイチのペッペは、最近新しい恋人ができたばかり。食事会に同伴する予定が、彼女が風邪をひいたと、ひとりで参加した。
結婚、恋、男と女の違いについて、気心の知れた仲間同士の会話は忌憚なく、ウィットに富み、辛辣だが奥深い。話題が”携帯電話が元で浮気が発覚した夫婦の顛末”にさしかかった時、エヴァがゲームを思いつく。
「これから各自のスマホに入った電話やメールをすべて見せ合いましょう」
夫婦の間に秘密はないと言いつつ、一瞬途切れる会話の空気。しかし、ゲームは始まった。早速かかってきた電話に言い訳をする夫たち、きわどいひとことメールに動揺する妻。そこで露見する家庭内の事情、本当の夫婦仲。果たして、気まずくなった彼らの関係は、どこに向かうのか。
巧妙な脚本を、ベテランのイタリア俳優たちが、あうんの呼吸で演じきる、それはそれは楽しくて痛烈なイタリア人情喜劇。

★Kozのお勧め!★
 近年これほど愉快なシチュエーションコメディに出合ったことがない。会話のひとつひとつが極めてリアルでシビア。それを役者たちのしゃべりの巧さで見せる魅せる。中年夫婦が抱える問題、新婚夫婦の目下の悩み、バツイチ男の戸惑いなどなど、嘘と言い訳のセリフも、どこかで聞いたような。身を乗り出して彼らの緊張を共感し、どう転がるのか固唾を呑んで見守る快感。脚本最高!役者もみごと!

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
4月22日(土)〜5月12日(金)
◆4/22〜4/28→11:00/15:30
◆4/29→11:00/14:45
※13:00〜14:30 ラ・メゾン・グルマンディーズの友森隆司シェフによる講演会
◆4/30〜5/12→11:00/15:30

★作品情報★
☆第69回カンヌ国際映画祭パルムドーム
☆第69回ロカルノ国際映画祭観客賞
☆第64回サン・セバスティアン国際映画祭観客賞
☆第70回英国アカデミー賞英国作品賞
☆第37回ロンドン映画批評家協会賞 英国/アイルランド映画賞

◎文部科学賞特別選定作品◎

製作年度:2016年 | 製作国:イギリス・フランス・ベルギー | 上映時間:1時間40分
監督:ケン・ローチ
出演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ディラン・フィリップ・マキアナンほか

★ストーリー★
 ニューカッスルに住む59歳のイギリス人、ダニエル・ブレイクは、大工職人としてコツコツまじめに働いてきた。妻を亡くし、ひとり暮らしになってからも、変わらず規則正しく生活してきた。ところが突然、心臓発作に見舞われ、ドクターから大工の仕事を止められてしまう。困った彼は、国から雇用支援手当を受けた。しかし継続の審査で「就労可能、手当は中止」と通知される。憤慨した彼は電話で問合せようとするのだが、24時間オープンの受付は延々とお待ち下さいのテープが回っているだけ。職業安定所に出向くと、今度は求職者手当の申請をせよと言う。しかも申請はオンラインのみときた。パソコンはやらない、と返せば「だったらパソコン教室に通え」とけんもほろろ。途方に暮れているところへ女性の悲痛な声が響く。給付金を受け取りに来たシングルマザーのケイティは、ロンドンから越してきたばかりで場所がわからず遅刻して、それを理由にお金をもらえない。しかも減給処分になると冷たく言い渡されていた。ダニエルは加勢しようとするが結局二人とも追い出されてしまう。
小さい子ども2人を抱え、仕事もお金もなくボロアパートで暮らすケイティに、ダニエルは同情し、アパートの部屋を修繕し、子どもたちにおもちゃを作り手を貸して、4人は家族のような関係を築いてゆく。しかし、社会は冷たい。アルバイトすら見つからず、自分の食事を犠牲にしていたケイティは、食料や日用品が支給されるフードバンクで、思わず缶詰を開け、手づかみでむさぼる。
一方ダニエルは、変わらずドクターストップがかかっているのに、就労可能と通達され、求職者手当を受けるために、働けないのに形だけの就職活動を強いられる。
そして切羽詰まったケイティは、子どもたちを養うために、ダニエルに内緒である決断をする。

 2013年に引退をほのめかしたケン・ローチ監督は、格差社会の現代の悲劇に憤り、どうしても伝えたい物語があると、本作を撮り上げカンヌ国際映画祭に出品した。
他人事ではない。日本も今、同じような危機にある。

ダニエル・ブレイクを通して「個人の尊厳」「労働者の権利」を訴えるローチ監督の、渾身の傑作。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
4月8日(土)〜4月28日(金)
◆4/8〜4/14→12:15/18:20
◆4/15〜4/21→12:15/15:00/18:20
◆4/22〜4/28→13:00/18:30

★作品情報★
製作年度:2016年 | 製作国:アメリカ・ドイツ・フランス | 上映時間:2時間15分
監督:オリバー・ストーン
脚本:キーラン・フィッツジェラルド、オリバー・ストーン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シャイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジほか

★ストーリー★
 2013年6月、イギリスのガーディアン紙は、アメリカ政府が秘密裏に国際的な監視システムを構築していると報道した。ガーディアン紙に膨大な最高機密情報を提供したのは元NSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデンだった。
その過程は、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「シチズン・フォー/スノーデンの暴露」に収められているが、オリバー・ストーン監督は、2004年に遡り、3.11の同時多発テロで危機感を抱いたスノーデンが、国家の役に立ちたいと軍に志願したところから、彼の揺るぎない愛国心と正義感を映し出してゆく。
特殊部隊の訓練中、足に大けがを負ったスノーデンは、他の方法で国家に尽くそうと除隊し、CIAに入る。独学でコンピューターを学んでいた彼は、指導教員やエンジニアに一目置かれ、プライベートでは交流サイトで知り合ったリンゼイと親しくなり、順風満帆の日々を送っていた。しかし2007年、派遣されたジュネーヴで、非公開であるはずの一般市民のメールやチャットの情報まで収集できる「極秘検索システム」の存在を知り、動揺する。
2009年東京横田基地、2012年ハワイ・オワフ島…CIAを辞職し、再びNSAで働きはじめた彼は、常に監視されている不安におびえながらリンゼイとハワイに移り住む。そこでさらに監視プログラムが拡大されている事実を知り、とうとう決死の覚悟で行動を起こす。

オリバー・ストーン監督は、準備段階で何度か本人に会って話を聴き、誠実にスノーデンを描いた。ジョセフ・ゴードン=レヴィットもロシアでスノーデンとリンゼイに会い、本人の話し方やしぐさ、癖、立ち居振る舞い、食事の仕方まで観察して撮影に臨んだという。
指導教官に扮したリス・エヴァンスのダンディぶり、エンジニア役のニコラス・ケイジの自然体、ともにすばらしい。さらに映像作家ローラ・ポイトラス役のメリッサ・レオ、ガーディアン紙のコラムニスト、グレン・グリーンウォルドにふんしたザカリー・クイントは本物とみまがうほど画面に溶け込んでいる。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com

このページのトップヘ