★上映スケジュール★
10月26日(土)〜11月8日(金)
◆10/26〜11/1→10:00/14:35
◆11/2〜11/8→12:00/18:30

★作品情報★
☆第65回アカデミー賞(1993年)
☆第50回ゴールデングローブ賞(1993年)
☆第45回カンヌ国際映画祭(1992年)

1992年イギリス・日本製作/英語
上映時間:2時間23分
原作:エドワード・モーガン・フォースター「ハワーズ・エンド」
監督:ジェームズ・アイヴォリー
出演:アンソニー・ホプキンス、ヴァネッサ・レッドグレープ、ヘレナ・ボナム=カーター、エマ・トンプソンほか

★ストーリー★
 20世紀初頭のロンドン。知的な中産階級シュレーゲル家の長女マーガレットは、向かいに引っ越して来た現実派の実業家一家・ウィルコックス家のルース夫人と親しくなる。何度か行き来するうち、2人は友情を育むが、間も無くルースは病で死んでしまう。その遺言状には「マーガレットに田舎の別荘ハワーズ・エンドを遺す」と書かれていた。しかしルースの息子と娘は猛反対。夫のヘンリーも彼らの意見に勝てず遺言は焼かれてしまう。
やがて、ヘンリーはマーガレットの優しさと賢さに惹かれてプロポーズし、マーガレットはウィルコックス家の一員になる。
一方、マーガレットの妹ヘレンは、友人のレナードが、わがままで嫉妬深い妻を抱えて薄給の仕事に就いているのを心配し、ヘンリーに相談する。するとヘンリーは「今の会社は倒産の危機にある、転職した方が良い」と助言。ヘレンはヘンリーを信用し、レナードはすぐさま転職に踏み切る。ところが、それはヘンリーの根拠のない憶測で、レナードは転職先からもクビを言い渡され職にあぶれてしまう。怒ったヘレンはウィルコックス家に乗り込むが、ヘンリーにはぐらかされた挙句、邪魔者扱いされる。さらにレナードの妻が、過去にヘンリーの愛人だったことが判明し、ヘレンは混乱する。

冷静で知的な姉と、感情が激しく行動力のある妹は、気遣い合いながらも、全く別の人生を選ぶ。イギリスの閉塞的な階級社会を背景に、ハワーズ・エンド邸が持つスピリチュアルな力を信じたルースと、彼女の意思を受け継いだマーガレット。彼女の選択は正しかったのか、理想の幸せは訪れるのか。現実を受け入れ、たくましく生きる女たちを、息をのむほど美しいイギリスの田園風景とともに描く。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com