★上映スケジュール★
2月8日(土)〜2月21日(金)
◆2/8〜2/14→10:00/20:30*
◆2/15〜2/21→10:00/20:40*
グッドモーニングショウは3月から再開します。
20:30と20:40の回は1,100円(できましたらお電話でご予約下さい)

★作品情報★
☆☆第75回ヴェネツィア国際映画祭 作品賞&最優秀男優賞受賞
☆第92回アカデミー賞長編国際映画賞ルクセンブルク代表作品

製作年度2018年 | 製作国:ルクセンブルク・仏・イスラエル・ベルギー| 上映時間:1時間37分
アラビア語=ヘブライ語

■監督・共同脚本:サメフ・ゾアビ
■出演:カイス・ナシェフ、ルブナ・アザバル(「灼熱の魂」)、ヤニブ・ビトンほか

★ストーリー★
エルサレムに住むパレスチナ人のサラームは、うだつの上がらぬアラフォー男。何をやっても長続きせず転職を繰り返してきたが、TVプロデューサーの叔父から「いい加減に落ち着け」と、制作中の人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の言語指導を命じられる。だが撮影スタジオはイスラエル側にあるため、毎日、検問所を通らなければならない。ある日、彼は車から降ろされ、イスラエル軍司令官に詰問される。そこでサラームがドラマの名前を出したところ「女房が大ファンなんだ」と司令官は相好を崩し、サラームはつい、脚本家だと偽ってしまう。数日後、再び司令官室に呼ばれたサラームは、すっかり興奮した彼に「軍服が違う」「俺が書いた筋書きを参考にしろ」と脚本を渡される。さあ困った! 言うことを聞かないとスタジオに通えない。サラームは恐る恐る司令官作の筋書きを提案すると、なんとその方が面白いと通ってしまう。当然ながら、脚本家は怒り出し番組を降板、サラームは脚本家デビューすることになる。
しかし、脚本など書いたこともない彼には重荷だ。仕方なく検問所の司令官に意見を求めに行くが……。

★Kozのお勧め!★
 走りながら、迷い考え実行に移してしまうサラームの、とぼけた魅力がなんとも愉快。
司令官に振り回され、思いを寄せる女性を前にドギマギし、叔父さんに怒られるうちに、成長していく彼から目が離せない。イスラエルのユダヤ人とパレスチナのアラブ人。日常で対面すれば分かり合えるのに、政治が絡むと反目する。コメディの中に平和への願いを込めた監督の意図が、爆笑ののち胸に広がる。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com