★上映スケジュール★
3月27日(土)〜4月9日(金)
◆3/27〜4/2→10:00/14:00/18:30
◆4/3〜4/9→11:55/16:00

★作品情報★
2018年製作/フランス製作/フランス語
上映時間:1時間50分
監督・脚本・脚色・原案:アントワーヌ・ランボー
出演:マリーナ・フォイス、オリヴィエ・グルメ、ローラン・リュカ他

★ストーリー★
 フランス全土の関心を集めた「未解決事件」の映画化。

 2000年2月27日、フランス南西部に住む38歳のスザンヌ・ヴィギエが忽然と姿を消した。遺されたのは3人の子どもたちと、法学部の教授である夫ジャック・ヴィギエ。 ジャックは証拠や動機がないにもかかわらず殺人容疑をかけられる。
スザンヌの遺体は見つからないままジャックは証拠不十分で釈放となるも、2009年に開かれた裁判の後、検察側が控訴。翌年ジャックは第二審で再び殺人罪に問われる。

 シングルマザーのノラは、シェフとして毎日必死に働いていた。気がかりなのは、ひとり息子が世話になっている家庭教師クレマンスの父親ジャック・ヴィギエが、妻殺しの罪に問われていることだ。ジャックの無罪を信ずるノラは、クレマンスのためにも真実を証明したいと正義感を燃やす。
ノラは辣腕弁護士エリック・デュポン=モレッティに弁護を頼み込み、けんもほろろに断られるが、自分でまとめた事件の詳細を手に執拗なまでに食い下がりモレッティ弁護士の心を動かす。だがそれには条件があった。裁判の証人になる関係者たちとの電話録音を、全て文字起こしせよというのだ。ノラは仕事の合間に作業に入り、250時間にも及ぶ声を聞き文字にしていく。やがて、仕事も息子の世話も犠牲にして音声を聴くうちに、新たな事実が判明する。
果たしてノラの努力は実るのか。モレッティはジャックの無罪を勝ち取ることができるのか。

エリック・デュポン=モレッティは、実在する高名な弁護士で「無罪請負人」と呼ばれるほど有能な人物。当時ドラマティックな展開が好きなメディアは、事件をセンセーショナルに報道し、裁判にも影響が出たという。

名女優マリーナ・フォイスとベテランの演技派オリヴィエ・グルメの白熱する演技合戦。
手に汗握るスリリングな裁判劇に息を呑み心臓が踊る。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com