東座 FROM EAST 上映案内

映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会
信州のまんなか、葡萄の里"塩尻"で、ハートにしみる上映会を開いています。
地方ではなかなか上映されない単館・ミニシアター系の映画を期間限定で上映。
こちらでは、上映情報を簡単にお知らせしています。
www.fromeastcinema.com

カテゴリ : フロムイースト



★上映スケジュール★
8月11日(土)〜8月24日(金)
◆10:00/20:30
※11日と18日の土曜日は8:00/10:00/20:30
※8:00は一律千円

★作品情報★
製作年度2017年 | 製作国:アメリカ| 上映時間:1時間41分 英語 

■ 監督・脚本:ウディ・アレン
■ 撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
■ 出演:ケイト・ウィンスレット、ジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ、ジュノー・テンプルほか

★ストーリー★
 舞台は1950年代のニューヨーク・コニーアイランド。昔、女優を目指していたウエイトレスのジニーは、ひとり息子を連れて、回転木馬の整備士ハンプティと再婚した。今は親子三人で観覧車の見える小屋に暮らしている。彼女は、海岸でライフガードのアルバイトをしている大学生ミッキーに恋をしており、「ここではない、どこか別の人生」を夢見ていた。そんなある日、ハンプティの娘キャロライナが、マフィアに追われていると逃げ込んでくる。ジニーは、やむなく家にかくまい、ウエイトレスの仕事も紹介してやるのだが、ここから全員の運命が狂い始める。

★Kozのお勧め!★
 ヴィットリオ・ストラーロのキャメラと照明が情緒的で美しい。中年にさしかかったジニーの、焦燥感を浮き立たせるアングルと、顔にかかるたそがれ時の陽射し。すべてのシーンに趣向を凝らし、セリフの影にかくれた感情までもキャメラが引き出す。
ケイト・ウィンスレットはまさに適役。彼女なくして、この作品は成立しない。ティンバーレイクの憎めないプレイボーイぶりもいい。
ウディ・アレン監督の一流の絵づくりと、シニカルなユーモアセンスが光輝く傑作!!!

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
7月14日(土)〜7月27日(金)
◆10:00/20:30
※14日と21日の土曜日は8:00/10:10/20:30
※8:00は一律千円

★作品情報★
☆☆☆2017年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞☆☆☆
☆☆☆本年度アカデミー賞最優秀外国語映画賞ノミネート☆☆☆

製作年度2017年 | 製作国:ハンガリー| 上映時間:1時間56分 ハンガリー語 

■監督・脚本:イルディコー・エニェディ
■出演:アレクサンドラ・ボルベーイ、ゲーザ・モルチャーニ、レーカ・テンキ、エルヴィン・ナジほか

★ストーリー★
 ハンガリーはブタペストの郊外。食肉処理場で財務部長として働くエンドレは、穏やかな性格で人望も厚いが、離婚歴があり、人生に空しさを感じていた。そこへ、代理の品質管理官マーリアが派遣されてくる。彼女は美しく仕事熱心だが、まじめすぎて融通性がなく、思ったことをすぐに口にするため、同僚から距離を置かれてしまう。
そんなある日、牛用の交尾促進剤が盗まれるという事件が起きる。犯人を割り出すため、会社はカウンセラーを雇い、従業員全員に面談を受けるよう命ずる。そこでわかったのは、エンドレとマーリアが偶然にも、毎夜同じ夢を見ていたということ。2人とも夢の中で、鹿として生き肌を触れ合わせていたのだ。それがきっかけで2人は言葉を交わすようになる。恋愛経験のないマーリアは、戸惑いつつエンドレに惹かれていくが、心と体が乖離するかのようにギクシャクし、その態度を誤解したエンドレは、彼女から離れてゆく。

夢の中では素直に行動できるのに、現実は全く違う。孤独な男女が、共通の夢によって、少しずつ心を寄せ合い、自分を解放してゆく姿を、静謐に、たおやかに描いた優れた作品。

★Kozのお勧め!★
 はじめて恋をしたマーリアが、エンドレと結ばれることを願って、牛の肌に触れてみたりマッシュポテトを握りつぶしてみたりと、思いつくまま感触を試すシーンが初々しい。おそらく女性は、全員が彼女の気持ちにうなづくはずだ。一途なマーリアに昔の自分が重なって、胸の奥がカーッと熱くなる。観終わってからスーッと体を吹き抜ける風がなんとも心地良い。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com

このページのトップヘ