東座 FROM EAST 上映案内

映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会
信州のまんなか、葡萄の里"塩尻"で、ハートにしみる上映会を開いています。
地方ではなかなか上映されない単館・ミニシアター系の映画を期間限定で上映。
こちらでは、上映情報を簡単にお知らせしています。
www.fromeastcinema.com

カテゴリ : 東座



★上映スケジュール★
9月9日(土)〜9月29日(金)
◆9/9〜9/22→12:15/16:30
◆9/23〜9/29→13:15/18:30

★作品情報★
製作年度:2016年 | 製作国:スペイン|スペイン語 | 上映時間:1時間39分
監督:イシアル・ボジャイン
出演:アンナ・カスティーリョ、ハビエル・グティエレス、ペップ・アンブロスほか

★ストーリー★
 ケン・ローチ監督の「天使の分け前」の名脚本家とスペイン期待の女性監督の夫婦が
贈るさわやかな感動作。

 バレンシア地方のオリーブ農園で生まれ育ったアルマは、祖父が生涯をともにしてきた樹齢2000年のオリーブの樹を愛していた。ところが時代の趨勢で事業が傾き、父親が大事なその樹を売ってしまう。それからというもの、祖父はショックで口がきけなくなり、体も急激に衰弱していく。そんな祖父を見かねたアルマは一念発起。友人と叔父に嘘をつき大型のトレーラーを拝借して、オリーブの樹を取り戻そうと、ドイツの会社へと旅に出る。

平和のシンボルとしても知られるオリーブ。
「樹齢2000年のオリーブの樹が、環境を大切にしているという企業イメージのために、スペインの大地から引き抜かれ、売却された。」
この新聞記事を読んだ脚本家ポール・ラヴァーティと彼の妻で監督のイシアル・ボジャインは、これこそ世界が抱える矛盾だと強く惹かれ、それを家族の物語として映画化した。

バレンシアの大自然、壮大なオリーブ畑は必見。アルマを演ずるアンナ・カスティーリョの瑞々しさ、彼女に実は惚れている友人役、ペップ・アンブロスの朴訥とした魅力、だまされて運転する叔父役のハビエル・グティエレスの軽快な演技。3人の異なる個性がマッチして、画面にテンポがあふれ、心地良い。なんとも清々しい秀作だ。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com



★上映スケジュール★
9月9日(土)〜9月29日(金)
◆9/9〜9/22→14:15/18:30
◆9/23〜9/29→11:00/15:15

★作品情報★
製作年度2015年 | 製作国:イタリア | スペイン語・イタリア語・ドイツ語 | 上映時間:1時間53分
監督・原案・脚本:ダニエーレ・ルケッティ
出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、セルヒオ・エルナンデス、ムリエル・サンタ・アナほか

★ストーリー★
 2013年3月13日に第266代ローマ法王に就任したフランシスコの、激動の半生を描く。
環境問題や人種問題をはじめ、数々山積する社会の課題に取組み、自身が関わる慣例を前例を覆して簡素化していったフランシスコに対し、快く思わない人々もいたが、法王庁改革を成し遂げ、今も貧困にあえぐ人々の救済活動を続けている。昨年は、トランプ大統領候補(当時)にまで苦言を呈し、ロックスターのようだと、表紙を飾ったローリング・ストーン誌にも讃えられた。
史上初、アメリカ大陸出身のカトリック教会長は、イタリア移民の子として生まれ、ブエノスアイレスの大学では化学を学んでいたが、20歳の時に神に仕えることが我が道と確信し、イエズス会に入った。その後の波瀾万丈、苦難の人生を、イタリアの名匠ダニエーレ・ルケッティが詳細に映し出してゆく。

主演のベルゴリオを演ずるのは「モーターサイクル・ダイアリーズ」(04)でガエル・ガルシア・ベルナルふんするゲバラの親友アルベート・グラナードを演じ、アカデミー賞最優秀男優賞を受賞したロドリゴ・デ・ラ・セルナ。

★お問合せ先★
東座 FROM EAST上映会 主宰 合木こずえ TEL:0263-52-0515

最新情報は東座FROM EASTホームページもご覧ください。
www.fromeastcinema.com

このページのトップヘ