Gone Fishing!

大阪南船場の美容室「fromKIC」の「奥さん」が初めてのブログに挑戦中。

みうちゃん大人の仲間入り

みうちゃんが 食欲が無い様な有る様な 子犬の6カ月位に
みられる 「なんかぁ〜このフード 飽きてきたわ!」が始まりました。

以前飼っていた ゴールデン・レトリーバーやコーギーの時は
こちらも初めてだったので
「ご飯食べなくなって どこか体の調子が悪いのかしら?」と
心配したものでした。

でも今はその状況をしっているので6カ月過ぎた位から
何故食べないかを知っていたので食べなかったらすぐに撤去。

次のご飯の時間になると お腹が空いているらしく 完食するので特に
心配する事も無く
「いらんかったら かたずけるよ。」と声をかけて食器をかたずけます。

しかし みうちゃんは朝も残す 夜も残すとこちらが心配になるくらい
食べなくなっていました。

フードは 一回の量が少なく それを食べないのが続くと
成長期に必要な栄養が取れないのでは?と ちょっと心配でした。

1か月程様子を見ていましたが 普通に元気にしていたので
小型犬って こんなものかなぁ?と思うようになりました。

しかし どうも走り回ってじっとしていなかった頃と比べると
あきらかに「しんどそう」でした。

ある日 サークルの中に敷いてあるオシッコシートの一か所が
ピンク色だったのです。

夫に見せると「みうちゃん!大人になったんやなぁ。」
と抱き上げたみうちゃんに話しかけていました。

しんどそうにしていたのも、いつまでも食欲が戻らなかったのも
納得しました。

今はネットである程度 情報が得られるので 慌てることも無く
これからほぼ2カ月近く この状況が続くのだと 理解しました。

思っていたより臭いもきつくなくて よかったぁ〜。
こんなにちっちゃいのに おっぱいも膨らんで いっちょまえやね!!
  

ギターと琉球民謡

デザインのお仕事をされているお客様が 気分転換のために始めた
琉球民謡が 今ではライフワークの一部になってしまい ライブの
出演依頼がいろんな所から声が掛かっているそうです。

今回は神戸に事務所があるにもかかわらず 大阪の十三の立ち飲み屋さんで
 これまた元コピーライターでギターの弾き語りをされている方とセッションを
されるので もしよかったら覗いて下さいと お声が掛かりました。

十三といえば自宅から自転車で10分も掛からない距離で 夫は
「どうしようかな?」と迷う振りをしていましたが 行く気全開なのは見え見えです。

みうちゃんは私が連れて帰るから行って来たらと言うと 
「僕だけでも良いかなぁ?」

全然いいよ!!でしたが 仕事を少し早く切り上げて二人で行く事にしました。

会場の立ち飲み屋さんは ミュージシャンの味方的存在で
投げ銭式にして ステージが終わるとお店のママさんが籠を持って
お客さんの所に回って チップと言ったらいいのでしょうか?お金を
集めてくれて ミュージシャンの所に持ってきてくれると聞きました。

ママがさしだした籠にお金を入れる時 嬉しくなったのは何でしょうか??
不思議ですね。
 
当日の共演者である木村ライダーさんと琉球民謡とで どんな演奏を聞かせてくれるのか
楽しみにしていると 私の大好きなビギンの曲を二人で歌ってくれました。

若いカップルも 酔っ払いのおっちゃんも スーツの上着を脱いだサラリーマンも
お店のマスターもママも もちろん私達も 一つになったような
お店の中が一体化しているような 気持ちの良い時間でした。

お世辞にも綺麗なお店とは 言えないところですが 居心地の良いお店でした。

次回は 神戸の少し格式のあるバーでライブが決まっているそうですが
ちょっと行けそうにありません。
image


私達には十三の立ち飲み屋さん という気軽さが合ってるかな!?

秋の花

image


時々 ご自宅の庭に咲いているお花を持ってきて下さるお客様から
今回は菊の花束を頂きました。

茶道を長年されていて 茶室に活けるお花をお庭で
植えられていて 今はお庭には菊が満開だそうです。

頂いた花束をそのまま花瓶に入れてしまう無作法ですが
それなりに 秋模様を感じられて良い感じです。

高橋様 いつもありがとうございます!!

親切なハンサム君

自転車の前輪の空気が減って 私を重たそうに乗せているのに
全然気が付かず その上月曜日の買い出しは 前籠いっぱいに
荷物を 乗せていました。

夫に指摘されて
「あらぁ〜 こんなことになってるなんて 知らなかったわぁ!」

駅前の自転車屋さんが 閉店後も空気を入れられるよう
入り口の横に「ご自由にどうぞ。」と張り紙をしてくれています。

さっそくその自転車屋さんに空気を入れに行き
それまでほとんど自分で空気を入れた事がなかったので 見よう見まねで
やってみましたが”シューーー”と空気がもれる音がして うまく出来ません。

車輪の内側に空気を入れるポッチみたいなのがあって そこに空気入れを
あてるだけで良いはずなのに、何故なのか??

何度か試してみたけれど 上手くいかないので ポッチそのものを
ちょっとさわって いれてみると”プッシューーールルルル”と
全部空気が抜けてしまって タイヤはぺちゃんこになってしまいました。

自転車屋さんは閉まってるし このまま自転車を押して帰ろうかと
思案していると 通りがかりの男性が自分のシャツのポケットから
ポッチの部品を「これ付けたら大丈夫やから 使ったらいいよ。」
と 差し出してくれたんです。

嬉しいけれど 新品のその部品をどうして付けたらいいか分からず
「ありがとう!」と言ったものの 手が出なかったのを察してくれた
その方は 「これでいけるはず。」と部品を取り換えて おまけに
空気まで入れてくれたんです。

お礼は何度も言ったのですが、こんな時ドラマとか映画だったら
お名前とか聞くんでしょが そんな間もなく 彼はニコッと笑って
自分の自転車に乗って行ってしまいました。

こんな親切を受けたの初めての様な気がするなぁ。
ほんとに「ありがとう!」でした。

しかし 彼ってハンサムやったなぁ〜!!! 

両方満足

家のガスレンジ周りはライトの光があまり届きにくくなっており、このたびスポットライトを探しに梅田のヨドバシに夫と二人で出かけました。

スポットライトが付いていなくても不自由を感じていなかったので
夫がしたいなら 好きにしてもらったらいいわとお任せです。

2時間弱 ああでもないこうでもないと色々考えてもなかなか決定せず
ちょっと疲れた様子の夫が 今迄色々物色していた場所から離れたところで
納得したような顔をしているのが見えたので 近づいてみると
LEDの小さな白いスポットライトの前でした。

自分では天井にレールを取り付けて リモコンでスポットライトを
操作するイメージだったらしいのですが その小さなスポットライトは
クリップでどこでも挟めるようになっています。

そうなんです天井がどうの ライトの大きさがどうのと悩んでいたのが
ウソみたいに 問題可決!

小さい上に ライトの先が色んな角度に動かせるようになっています。
「これで良いか!?」と聞く夫に 二つ返事で答えました。

この時点で私はスポットライトのことより お腹が空いている事の方が
おおいに気になっていたのです。

ヨドバシの上の階に食事が出来るフロアがあるのでそこに行くことになりました。
前から時間があるときに行ってみたかった店があるというので 
「どこにしよう?」と迷うことも無くすんなり 食事をする店が決まりました。

そこは自分で串カツをテーブルで揚げて食べる食べ放題のお店でした。
串カツだけでなく 白いご飯・飲み物・うどん・カレー・プチケーキ・
焼きそば3種類・ソフトクリーム等 配置も考えて食欲をそそるディスプレイが
なされていました。

最初は50種類ほどある一口ほどの串ネタをチョイスし食べていましたが
食べる順番などお構いなしで ケーキやカレーやコーヒーなどをテーブルに並べて
好き勝手に 食べまくる感じでしたが 50分ほどしてギブアップしました。

image

一時間半の時間制限がありましたが そんなに食べ続ける事は難しい!!
食べ始めはこんな感じで お上品に始まりましたが最終的にはものすごい数の
お皿がテーブル狭しと並びました。

あまり見せられたものでないので 食べた数の串だけアップします。

image


白い小さなスポットライトも 自分で揚げる串カツも
両方 大正解でした。
よかったよかった!!

可愛い内祝い

初孫ちゃんのお宮参りに合わせてパーマをかけに来て頂いたお客様に
新生児用の小さな小さな靴下と靴を プレゼントさせて頂きました。

誰に教えて貰ったのか忘れてしまったけれど 「赤ちゃんには最初に
足元の物をプレゼントすると 元気に育つことに繋がるのよ。」

このことが頭から離れなくて お孫さんがお生まれになったのを
お聞きして すぐに買いに行きました。

長くお世話になっているお客様は沢山おられますので このお客様だけになっては
申し訳ないのですが 成人式も結婚式もご利用頂いて この度お孫さんがお生まれになり
なんだか他人事に思えなくて でも出過ぎてはいけないと思いながら
大事な足元を守ってくれますようにと プレゼントを選びました。

日曜日のお宮参りの日が台風の影響を受けずにすんで ほっとしました。
月曜日に「おめでとうございます!」とメールを送ろうかと思いましたが
きっと お客さまもホッとしておいでだろうから 次回来られた時に
お話させて頂こうと 遠慮しました。

image


ところが 火曜日になってそのお客様が突然来られて こんな可愛い
内祝いを持ってきて下さいました。

前日の月曜日にお嬢様から KICに持って行ってほしいと頼まれたそうですが
あいにく KICのお休みと気が付いて 火曜日を待ちかねて持ってきて下さったそうです。

ほんとに可愛いですね!それに美味しそうなカステラと言うのが良いですよね。
うちも何か内祝いをする機会に恵まれた時は 
これ使わせて頂きますね!!

こんなに嬉しいものなの!?

両サイドのこめかみの上辺りに白髪が固まって出て来ていました。
髪が長い時は 前髪で隠れて気にならなかったのですが 

ショートヘアになってから目立つようになって来て 
「何とかしなくちゃ!」とは思いつつ紺屋のなんとかで 
ほったらかしにしていましたが 今の髪の長さでは
どうも隠しきれなくて 鏡を見る度に「これさえなかったらなぁ〜。」
と 洗顔の度に睨む毎日でした。

と言うのも私は肌が敏感で カラー剤も頭皮から3ミリほど離して
塗布しないと 痒くて染めて貰った日は かゆくて夜 寝られなくなる程なのです。

マニキュアでごまかしても すぐに白さが目立って諦めかけていましたが
この度カラーをしてもらう時に息子が 前から見える白い部分を特に重点において 
ちょっと今迄と違うやり方で染めてくれました。

かぶれる可能性はゼロでは無いけれど やってみよう!ということで
染めてもらった結果 ご覧の通りです。

image


お客様が 「これで暫くは気分良く過ごせるわ、嬉しい!!」と
言って下さっていた気持ちが 今は実感です。

ほんと 「嬉しい!!」です。
ありがとね\(~o~)/

使ってみたいけど・・・。

休日の朝食用に大阪駅のデリカフェでパンを買ったところ
「ハロウィンをこれでお楽しみください」と
メイキング用のクレヨンをもらいました。

image


「いやぁ〜私は遠慮します、他の人にあげて下さい。」
と言おうと思ったのですが ちょっと考えて頂く事にしました。

きれいな色ばかりで 自分は使わないと思いますが
ハロウィンの時に 何処かのイベントに行きそうな
お客様が来られたら 差し上げることにします。

貰ってくれるかしら!?

フィッシング

夫と息子が話の流れで「季節も良いし一回行ってみようか!?」
と釣りに行くことになり 私もお嫁ちゃんも一緒に行ってきました。

image
image


4人一緒にとなると雨が土砂降りで無い限り 月曜日しかなく
台風の影響でお天気がはっきりしなかったのですが、天気予報と
にらめっこして 27日に決まりました。

お嫁ちゃんは全く初めてなので、夫が側で付きっきりであれやこれやと
教えていました。

image
image


夫は4人分の竿の準備も全部してくれて さびき針の先に付いているオキアミを
入れる籠にまだ冷凍から溶けきっていないオキアミを入れ かいがいしく
家族の世話をしてくれて、超ラクチンな釣り開始〜!です。

お嫁ちゃんが教えてもらったように釣り糸を海に垂らすと
0秒でイワシがさびき針5本全部に掛かっていて 慌てていると
夫がすぐに針からイワシを外していました。

すると今度は私の針にも小さなイワシがずらりと並んで釣れました、
自分で外そうとしたところ 夫がすぐに飛んできて外してくれました。
(あらあら私にまで親切だわ!!)

とにかく入れ食い状態が続き 小さなイワシかアジだったのですが
次から次に釣れて 面白いのなんのって いやほんと。

30分程してお嫁ちゃんがつり竿を両手で抱えるような体制になっていたので
アジとかサバとか イワシより大きな魚が掛かったのかな?と様子を見ていると
夫と息子がすぐにお嫁ちゃんの側に行って何か慌てていました。

「なにもそんなに騒がんでも!」と思い海面を見てみると
なんとチヌが釣れています。それも普通に魚屋さんで見るくらいの大きさで
 それを見て私が一番興奮して騒いでしまいました。

ビギナーズラックと言うんでしょうか なんてラッキーな事。
その後も次から次に釣れまくっておおきなクーラーボックスが
いっぱいになっていきました。

image


釣りの成果はご覧の通り
ちなみにチヌをもう一匹お嫁ちゃんが釣り上げ サバも皆それぞれ一匹づつ
釣りあげました。

家に帰ってから 近くのお魚屋さんでチヌとサバはさばいてもらい
ほかの小さな魚は自分たちで下ごしらえしました。

お嫁ちゃんは生魚をさばいた事も食べたことも無かったのですが
自分で釣ったチヌのお造りは初めて食べる事が出来て ご満悦でした。
(お寿司は食べられるのですが お造りは初挑戦でした。)

ちなみに小イワシはしょうが煮にしました。
これで釣りあげた半分です。
やっぱり煮るとこんなにちっちゃくなるんですね。
でも 美味しそうだ!

image


息子達が帰って一時間ほどしてからラインで
「今日は楽しかったありがとう!」と連絡をして来てくれました。

こっちこそすごく楽しかったと返事を送ると
「まだ帰りたくなかったらしいわ」
「また釣りに行きたいと言ってるよ」
「凄く近いうちに行きたいらしい!」
とすぐに返信してきました。

可愛い事を言ってくれるじゃありませんか。
夫に息子から来たラインを見せると
「良かったなあ、そんなに喜んでくれて。」
と満足そうな顔でした。

自分のスマホで何か検索していたのを除いて見ると
なんとお嫁ちゃん用のつり竿を探しているのでした。
夫が お嫁ちゃんのつり竿を探している光景は微笑ましく
こんな楽しみを運んでくれて 息子夫婦に
「ありがとう!!」です。

次は・・・太刀魚狙いとかいかがでしょうか。

まるで顔みたい

食事の用意をしていて、ふとパプリカの切り口が目にとまり
思わず写真を撮りたくなりました。
それはまるでアニメに出てくる様な顔に見えたんです。

image


他の切り口はどんな感じか見てみると こちらは恐怖にフリーズしてしまった
かのような顔みたいのがありました。

image


キュウリやオクラの切り口が綺麗なあと思ったのは何度か
有りましたが こんなストーリーが浮ぶような切り口には
はじめて 気が付きました。

切り口が面白い事に気が付くほど余裕をもって食事の支度なんて
今まで一度も無かったのに どうしたのかしら私!?

でも 何度見ても面白い!!
TAG FRIENDS
fromKIC
動物大好き!
面白い事大好き!
美味しい物大好き!
よろしく!!
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
教習所生 (教習所生)
taspo
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ