Gone Fishing!

大阪南船場の美容室「fromKIC」の「奥さん」が初めてのブログに挑戦中。

2015年07月

マシュー・ボーンの白鳥の湖3D

店のお休みの日にお客様がこんなパンフとお手紙を店のドアに
挟んでおいてくださいました。

image


お手紙には前日に ご覧になった感想が書かれてあり、
身を乗り出して観ておられた姿が浮かんできて
もしも観に行けるのだったら 事前に必ずストーリーを読んでから
観て下さいと言うことまで書かれてありました。


ネットで検索して観てみると瞬きを忘れるほど見入ってしまうようなステージが
映し出されていて そのお客様の感激されたのもうなずけました。

残念ながら最終日までステージを観に行けそうな日がなくて
せっかくのご厚意にお応えできませんでした。

でもご自分が感激したものを「共有しようよ」と思って下さったのが
凄く嬉しくてアップしてみました。

針の威力



夫の叔母は86歳で日常生活を支障なく暮らせているのですが
右足の痛み(整形外科の先生の説明では年齢による腰の軟骨の減少が原因だそうです)
、それと聴覚の衰え、その二つが今一番の悩みだそうです。
同じ年齢の方と比べると、とんでもなく贅沢な悩みのような気がするのですが本人にしてみれば
毎日毎日体の事が不安でたまらないそうです。

86歳で叔父の食事の用意や洗濯などビックリするくらい体を動かせているのが
羨ましいほどですが、働き者の叔母はどうしても以前の自分と比べて思うように
体が動かないのが情けないと言っています。

私は86歳の体でそこまで出来るのは理想以上の事のように思うのですが
それは私が86歳では無いから解ってあげられていないのかもしれません。

その叔母から「整形外科に行ってもこの痛みを取ってくれないから針でも何でも
ええから何処かええとこないか調べてくれへんか?」と電話がかかってきました。

針といえば以前家族全員がお世話になった先生を教えてあげたいのですが
叔父さんが自分の行っていたお医者さんで、針を打ってから治療に入るやりかたで
何度かお世話になっているうちに、めまいや足のふらつきを覚えて不安になって
大きな病院でしらべたところ頸椎の手術をしなくてはならなくなったことが有って、
針は絶対してはいけないと叔母に日頃から注意していたのを聞いていたので
私の知っている先生を紹介するのはためらわれました。
 
でも叔母は叔父さんが注意していたのを知っていても今の痛みが耐えられなくなって
電話を掛けてきたので、よほど我慢が出来なくなったのだなあと思い
私達家族がお世話になった先生の事を話すとすぐに行きたいと
言ったので予約がとれる日を調べました。

治療して頂く日の予約が取れたので一緒に針の先生の所に行きました。
針と言っても耳の中だけに皮内針という5ミリほどの針を打ち
二週間程そのままにして生活するのです。

行く途中のタクシーの中で有る程度説明はしたところ、
叔母曰く「この足の痛みのことを思えば大抵の痛みは辛抱する」でした。

実際針を打ってもらっていても痛そうな顔をするわけでもなく、
「名前は?」と先生が針を打ちながら質問をしたところハッキリと答えていました。
私がビックリしたのは先生があえて小さな声で話しておられるのが聞こえている
ことでした。

補聴器を付けていてもけっこう大きな声ではっきりとしゃべらないと
聞こえないのに・・・凄い!

先生は患者さんが一番困っている所を確認する為に、患者さんの耳を 目で見て指で触って針を打っていき、
患者さんが自分の体の事を勘違いしている場合もあるのでご自分の指先に感じた事と
合わせて、本当に直さないといけないことを見つけてくれて説明もして下さいます。

両耳に70から80本の針(針がとれないようにテープをはってある)を打ってもらった叔母が
「2週間後に自分一人で来るから次は付いて来て貰わんでも大丈夫」と
言ってくれました。

私の経験から言うと 当日の夜、耳が気になるし寝返りをすると痛いしで
何度も目を覚ましたのが記憶に残っていて、翌日電話して様子を聞いてみると
「ぐっすり眠れたよ、途中トイレで目を覚ましたけれど
横向きで寝てたわ でも耳は痛く無かったわ、ありがとう!」

足の痛みとしびれなどの不安で夜中に数え切れないくらい目が覚めてしまって
熟睡が出来なくて、昼間にマッサージチャーに体を預けて
3〜4時間程の睡眠を取っているのを聞かされていたのですが・・・。

よかったねぇ足の痛みからも少し解放されたようで、
私まで目の前がパーッと明るくなったような気がしました。

長年かかって出てきた体の不具合やから
あせらず時間を掛けて治していこうね!!



簡単・便利なレシピ パート1

普段お客様との会話からよくお料理の話題になり、
目から鱗のワザだったり、全然知らなかった方法を色々教えていただいたりしています。
さらに、テレビ等からの新しい発見を、またお客様達と共有し教えあいっこしていたりします。
その中でも最近教わったものや、自分で試してみて
「これは!」と思った調理方法又は保存方法等をピックアップ
してみました。

[篥猜歛犬両松菜とシーチキンで簡単あえ物

・水洗いした小松菜を食べやすい大きさに切りラップで小分けに包んで
 冷凍します。
・レンジで解凍しても良いのですが、せっかく湯がかずに栄養価が
 落ちていないので、室温で解凍します(1〜2時間位)
・解凍した小松菜を絞って水気を取り、缶詰のシーチキンと和えて出来あがり!

茹でていないので小松菜のシャキシャキ感が残っていて美味しいです。

干しシイタケの冷凍保存

・一晩水につけて干しシイタケをもどします。
・シイタケを切ります、何に使うかで大きさは違ってきますが
 私はとりあえずそうめん用に細く切ったものと煮物用にそのままの
 大きさの2種類にしています。
・そうめんの戻し汁を少し入れた出汁で焚いて、味付けは
 すき焼きのたれで調整します。(少しくらい濃いめが良いようです)
・焚き上がったものが冷めてから、シイタケと煮汁を一緒に冷凍できる容器や
 袋に少しづつ分けて冷凍します。
・そうめんつゆに使ったり、大根と焚いたり、野菜と焚き込んだり
 色々な事に応用できて大活躍でした。
 
買ってきた干しシイタケを一袋全部使って保存しておくと
シイタケを使う料理には毎回時間短縮ができるので
とても重宝しています!
TAG FRIENDS
fromKIC
動物大好き!
面白い事大好き!
美味しい物大好き!
よろしく!!
Profile

fromKIC

Recent Comments
Recent TrackBacks
教習所生 (教習所生)
taspo
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ