外から見る日本、見られる日本人

バンクーバーの日本人社長ヒロが仕事、生活を通じて感じた経済、経営、社会、日本人観などを綴っています。

2009年09月

次の頭痛の種、商業不動産4

景気が今何処に向かっているか、という質問に一言で答えるとしたら「小康状態。次の谷がもうすぐ来る。」という答えでしょうか?

次の谷は前回のようなストレートパンチのようなものではなく、ボディーブローのように効いてくる谷です。その引き金は商業不動産の危機。

アメリカもカナダも日本もすべてそうなのですが、商業不動産の空室率が猛烈に上がってきています。オフィスの場合、目立たないのですが、サブリース率がバンクーバーで18%ぐらいあります。つまり、もともと事務所を借りていた人が払いきれないか、縮小をして残ったスペースを別の人に貸している率が2割近くあるということです。

日本でも賃料は下がる一方。商業不動産(リーテール)の場合、銀座辺りでピークの半額になったところもあるとか。

アメリカの場合、もっとひどい。特に郊外型のショッピングセンターでの空スペースが急増。一部の施設では半分ぐらい閉めてしまったところもあるそうです。

何故そうなったのでしょうか?

商業不動産の場合、ひとえに消費の低迷です。
アメリカでは貯蓄率はしばらくゼロかマイナスだった。ところがバブルがはじけてみんなせっせとためるようになった。今では貯蓄率は7-8%。日本人より上です。

ということは当然買い物に回すお金がそれだけ減ったということです。

僕のイメージではアメリカ人が一番消費が荒かったと思います。とにかく、欲しければずばっと買ってしまう、という印象が非常に強いのです。日本も消費をよくした方だったのですが、最近の日本人は消費をする前にじっくり考え、比べ、検討してから買う人が多い。

つまり、アメリカ人も日本人のように衝動買いをしなくなったということも言えるでしょう。それは何を意味するか?

商品に本当に価値がある、或いはグッドディールである、というようなものでないと売れないということです。別に今までニセモノを売っていたというわけではありません。ですが、よく考えれば買うことはなかったものが売れなくなったということです。

これは良い面と悪い面があります。

良い面は商品の品質が更に向上し、競争力のあるものが今後、出てくる土壌が出来たということ。
悪い面はそれまでの過渡期は商業不動産は体力勝負になるということです。

体力勝負の結果、残念ながら消えていくところが結構出てくることもありえます。
その場合、不動産価格の更なる下落を招くこともあるかもしれませんね。

ということは翻ってみればやはり銀行受難の時代はまだまだ続くのかもしれません。

いやはや、この復興の道は長そうですね。

ということで嘆き節のブログでした。
皆様の応援、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

ではまた。

都市の成長4

バンクーバーの郊外にポートムーディーという市があります。そこで今、とてもユニークな決定がなされようとしています。

都市の成長スピードを緩める

珍しい考え方だと思います。少なくとも日本では耳慣れない手法だと思います。

この市長いわく、市の人口がこの15年で倍になったけれどもそれに伴うインフラが十分追いついていない。だから、成長のスピードを落とす、というのです。

考えてみればオリンピックの開催を控えるウィスラーでもまったく同じことが起きています。確か、7-8年ぐらい前から開発スピードをぐっと抑制しているのです。その理由も同じ、インフラのキャパシティーが足りないからということでした。

この両方の市とも大変バランスの取れた素晴らしい考え方を持っていると思います。
大抵の市町村であれば都市の成長は税収に欠かせないという観点から人口増は比較的ウェルカムという考え方ではないでしょうか?(少なくとも日本ではそうですよね。)

ところが「インフラが追いつかないから成長のスピードを落とす」というのはその街に住んでいる人たちの生活レベルの健全性を十分高めることが出来ます。たとえば、上下水道が足りないとか学校が足りない、公民館が足りない、道路などが整備されていないなどいろいろあると思います。それら市民の不満を解消する努力を政策的に行なうというのはさすがカナダだと思います。

日本では都市計画に失敗した街はたくさんあります。人口増による税収アップから行政サービスを高めるというやり方に一考を投じるに値すると思います。

ですが、不動産価値という点からするとウィスラーが必ずしも高くなったかというとそうでもありません。高級リゾートが立ち並ぶ住宅地は内外のお金持ちの家ばかり。そこには生活密着の匂いがなく、ウィスラーに住んでいた人たちはだんだん近辺の町に移り住んでしまうのです。

まったく同じことがラスベガスにも言えるかもしれません。僕の友人はラスベガスで働いていましたがギブアップしました。その理由はあの砂漠の中の人造の一大エンタテイメント施設は観光客側から見れば楽しいけれど住民は一時的な金を求めて全米から集まってくる人々で落ち着きのない暮らしにくさに耐えられなくなったということでした。

都市の成長というのは一概に人口が増え、インフラが充実するだけでは円熟味を増さないということです。不動産価値という観点からするとバランスよく、着実に成長していくほうが長期的には重要だということかもしれません。

都市開発というのもなかなか難しいものですね。

ということで今日のつぶやきはここまででした。(つぶやきにしては長いですが。)
よろしければクリックして応援していただければ幸いです。
人気ブログランキングへ

ではまた。

日本の価格破壊は自虐的行為4

日経新聞によると日本の価格破壊は第二ラウンドに入った様相を示しているとのことです。(本当は第二ではなく第三か、第四かもしれません。)

新ラウンドのテーマはPB,そう、プライベートブランドです。

ご承知の通り、ナショナルブランドを提供する各種メーカーはそれら新商品を販売するのに多額の販売コストをかけます。その為、最終小売価格は高め。

プライベートブランドは大手流通、スーパーマーケットなどがその店のためだけに製品を製造し、卸すのです。この場合、メーカー側は販売コストがかからず、一定量の商品が捌けます。だから、極めて安い値段で提供できる仕組みができるわけです。

当然、ナショナルブランド、誰でも知っている商品です、お菓子、カレールー、ジュースあるいは即席ラーメン、何でもかまいません、との価格差は歴然としています。

新聞を読んで僕はびっくりしたのですが、350ミリリットル入りのプライベートブランドジュースはいまや、一本、29円から25円、最後は19円での販売もあったとか。

今まで缶ジュースは110円でした。スーパーで買ってもそんなに安くなるわけではありませんでした。ですが、崩落したような価格はまるで新興市場の業績不振の株価をみているようです。

こんなのはありなのでしょうか?果たして日本の経済という観点から正しい動きなのでしょうか?ナショナルブランドの価格はどうやってサポートするのでしょうか?どう考えてもおかしな状況です。

価格を削り落とすというのは実質的に商品価値を落としていると考えるべきです。
量を減らす、仕入先をより廉価なところに切り替える、パッケージを簡素化する、不必要なものをそぎ落とす、耐用年数を下げる、などなどです。

日本ではとてつもないバリューダウン競争を行なってきました。その結果、面白いことに「バリューあるもの」が見つからなくなってしまった世界があったのです。

タビオという靴下やさんをご存知でしょうか?実は僕もタビオで買っています。なぜか。ちょっと高いですけど品質が良いのです。サービスも違います。品揃えも違います。

このタビオの会長さんは何故、高級靴下で一大旋風を巻き起こしたかというと「日本で今一番欠乏しているのは「高品質の靴下」なんです。これは実は日本だけの話ではありません。」というこの言葉がすべてを物語っているでしょう。

みながバリューダウンをしている中でバリューアップのマーケットを作り上げたこの経営者のセンスは素晴らしいと思います。そして僕の足元を暖かく包んでくれています。

僕は先代が築き上げた技術、ノウハウ、知恵、アイディアを簡単に償却しすぎていると思うのです。価値あるものはもっと長く利益を得るよう努力すべきだと思うのですが皆さんどう思いますか?

ということで嘆きのヒロのブログでした。
今日もよろしく応援頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

ではまた。

オバマさんはなぜイランを攻めるのか?4

オバマさんがイランで二箇所目のウラン濃縮施設が見つかったことに対して極めて強い態度を取っています。「軍事行動も排除せず」です。

あの温厚そうで平和主義のオバマさんが何故このような態度の変化を示したのでしょうか?

もちろん、施設が見つかったというのが直接的引き金ですが、なんとなく、タイミングが不思議なんです。

G20のときであること。
アメリカの景気が底打ちした様相はあるもののそこからの回復の勢いがないこと。
アメリカの高官(誰だか忘れました。)がオバマ政権発足後6ヶ月以内に何か起こる、と予言していたこと。

思い返すと1930年の大不況のとき、時の大統領ルーズベルトが財政出動をして不況を乗り越えたといわれています。経済学的にはそういいたいところですが、正直、第二次世界大戦がアメリカを立ち直らせたといった方が正しいかもしれません。

日本は敗戦後、どん底にいたのにアメリカが助けてくれたということになっていますが、正直、朝鮮戦争が起きて特需があったことが大きかったかもしれません。

アメリカはこれを経験的に知っています。
ですから今までも戦争を仕掛けることで不況を乗り切ってきました。

アメリカにとり今度の標的はイランであることは当初から明白でした。
要は何時、攻め込むか?というタイミングの問題だったのかもしれません。
高官が6ヶ月以内といったのはその読みの中で経済の底打ちのタイミングがちょっとずれただけではないかと思うのです。

戦争をすると何が徳か?直接的には二つ。

軍需産業と周辺産業が極めて潤います。
新しい兵器、軍事物質の試験が出来ると同時に古い軍事物質を消化することが出来ます。
失業率改善が期待できます。

間接的にはアメリカの世界に対する影響力を誇示するということが可能です。(ブッシュのように失敗しなければ。)

仮にこの考え方のアプローチが10分の1でも正しいのなら国の政策というのは実に高度な駆け引きの中で展開されているということなのです。アメリカの政治の顔の部分、そして、表に出ない裏の部分、それをコネクトさせる部門、それぞれが絶妙な連絡を取り合いながら政策を決定しているところにアメリカの圧倒的パワーが存在するのです。

アメリカに於けるこの「裏側」というのは日本の暴力団のようなものではありません。もっとどろどろして拮抗する力関係のはずです。(なんとなく分かっていますがここで書くほど確証がありません。)

その点、日本はピュアです。じつにスケスケ。全部見えてしまうのです。
いや、それどころか政策そのものにかなり無理があったりして世論のコントロールも出来ない状態なのです。

残念ながら日本は独自の道を進みたいと思っているのでしょうけど、今の状態ではまだまだ遠い道のりのような気がしています。

それよりあまり無為な戦争だけはして欲しくないと切に願っております。

今日のブログはここまで。

よろしければぜひ応援してください。
人気ブログランキングへ

ではまた。

日本人は変わった!4

日経ビジネスをいつものように端から端まで読んでいて気がついたことがあります。

かなり複数の記事に「不透明の将来」「価値観革命」といった日本(人)の意識変化を示唆する言葉があちらこちらに見受けられるのです。

僕の最近のブログでも何度かに渡り同様のことを指摘し続けてきました。

つい10年ぐらい前まで「ブランド命」だった日本人の価値観がどうしてここまで変わったのか?
そこで思い出したのが僕が20歳のときのパリの話です。

当時の日本の女友達からブランド物には疎い僕へ「ルイヴィトン本店」で当時流行っていた「弁当箱型のバッグ」を買ってこいと命じられました。その話をある人にしたところ「フランスではルイヴィトンのようなバックを持つ人は大体地下鉄やバスには乗らないですよね。」と指摘され、かなりびっくりした記憶があります。

そのバッグは確か当時2万円ぐらいしたかと思いますが、品質的にもそんなに素晴らしいとは思わず、何でこんなものにこんな高いお金を出して、と思ったものでした。

日本に戻ってから山手線で何気で周りを見渡すと確かにルイヴィトンを初め、「おフランス」の高級ブティックマークのついたバッグ、アクセサリーが目白押しです。

その時、「フランスではヴィトンのバッグを持って電車に乗らないのだったな。」という鮮明な印象が前に出てきて自分ではいわゆるブランド物はマークが欲しくて買ったことはその後ほとんどありませんでした。結果としてブランドだったということはありますが。

今、日本で起きていることは反ブランド志向。高ければよいというものではない。自分の身の丈にあった自分のテイストのものを買うということかもしれません。実際、銀座では高級ブランド店がカジュアル店に打って変わっている状態なのです。

そう、店の入り口で、ハンサムでぱりっとしたジャケットを着たセキュリティーのお兄さんが恭しくドアを開けてくれるところは一般大衆には遠い存在となりつつある気がするのです。

ある意味、日本人はようやく28年前のフランス人の感覚に追いついたのか、と思いました。(おっと、歳がばれるな。)価値が分かり、自分の欲するものが何かということをわきまえられるようになったとしたらそれは時間がかかったかもしれませんが、とても大きなステップアップをしたと思っています。

それは追いつき追い越せ、という競争社会から共存共栄社会の中で自分の幸せは何かということを回りに影響されることなく自分自身の考えとしてもてるようになったということです。

それはある意味、内面的な成長です。

僕はいつもこのブログで厳しい見方や指摘をしています。ですが、それを逆さにしてみるとこういう見方もできるのだなぁということに改めて気がつきましたので一言書かせていただきました。

いかがでしたでしょうか?
皆様の応援、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ではまた。

めんどくさっ!4

日経ビジネスの「有訓無訓」にフランス文学者の鹿島茂先生が非常にうまいことを言い当てた記事が出ています。
読んだ瞬間にこれだ、と思わずにんまりしてしまったぐらい僕にヒットしましたので今日は是非とも紹介させていただきましょう。

先生いわく、日本の今の傾向を一言で言うと、「めんどうくさい」となるというのです。

本を読むのも旅行に行くのも女の子と付き合うのもみな面倒くさい。

鹿島先生の分析です。

1975年から83年にかけての成長と時代の変化で日本の消費者の「贅沢」への願望がほぼ満たされた。だから、資本主義の成長を支える欲望の変質が始まったというのです。

更に続きます。

日本の企業は面倒くさいことの代行業へシフトしているというのです。

コンビニ、ファミレス、宅配便、ミニバン

さて皆さん、いかがでしょう。
ここまでお読みになって「うーん」とうなってしまいませんか?

僕が小さい頃は
「いつかはクラウン」
というキャッチフレーズが耳から離れませんでした。近所や知っている人がクルマを買い換えるたびにひとまわり上のクラスになっていきました。そして一般大衆の頂点がクラウンだったのかもしれません。

ある意味、みな、そこに向かって邁進していました。
車だけではありません。無理して家を買う、子供を高いレベルの学校に入れさせる、海外旅行に行く、などなどとにかく、あとちょっと手を伸ばせば届くものがあちらこちらにあって浮き足立ったものです。

今、「巣籠り」が増えていますよね。多分、日本のこの5連休中も巣籠り派も相当いらっしゃったと思います。なぜか。もちろん、金がない、というのが大きな理由かもしれませんが、それ以外に「何処に行っても込んでいるし、めんどくさい。」と思う方もかなりいらっしゃると思います。

仕事で疲れた体をこの休みのときぐらいゆっくりさせてもらいたい、といういかにもという理由を挙げられる方も正直、「面倒くさい」の部類でしょう。

週末のお父さん、奥さんや子供から「どっか連れて行ってよ。」とせがまれても「疲れているんだ。」とそっけない返事をする家の多いこと。

「面倒くさい」はある意味、無気力ともいえます。本来、もっとエンジンがかかってもいいはずなのに「かったるじゃん。」といいます。

僕の周りで成功している人はこのまったく逆の人たちです。そう、エネルギーあふれていて、活力があり、汗をかく人たちです。

何故、その人たちは汗がかけるのでしょうか?僕は別の次元の目標を持って生きているからではないかと思うのです。そう、ある世界に悟りをひらくぐらいの気持ちを持って物事に向かっているのです。それは仕事や趣味かもしれない、開発や研究かもしれない、人生観かもしれないし、勉学心かも知れない。

一昔前はモノにつられて走りまくった。ですが、いま、少なくなったけど、汗をかく人というのはまさにより高い精神力との戦いをしている人なのかもしれません。

日本はもっと自己精神の厳しさを修行しなくてはいけないときが来たかもしれません。そういう意味で日本をきちんと俯瞰し、正しい方向に向けることのできる影響力ある人間が現れないといけないのかもしれません。


ということで今日はここまでです。
いかがでしたでしょうか?
鹿島先生の話、なかなか面白いと思いませんか?
良ければクリックを是非ともお願いします。
人気ブログランキングへ

ではまた。

外国のレストランのメニュー4

外国暮らしが長いとつまらないことにいろいろ気がつきます。

ここ、カナダでいつも思うことは白人のコンサバティブさです。
とにかく新しいものに手を出さない。

僕のカフェでも初めてのお客さんは一体どんなサンドウィッチが出てくるのか、作るところをじっと見ている人も結構います。

カナダ東部に行くとディナーで込むレストランはマクドナルドだとか。
これもコンサバなところをあらわす良い例だと思います。

ではここバンクーバーのいわゆるウェストコーストのレストランに入って必ずあるメニューは何でしょうか?

そう、ハンバーガーなのです。

一流レストランを別としたらまず、間違えなくあります。
何故でしょう。

例えば、4人連れで店に入りました。店を決めるのは必ずしも全員の同意ではなく、誰か声の大きい人の発声で決まります。そして、席に着き、メニューが配られます。

もしもあなたが「ついて来てしまった派」でメニューに自分の食べられるものがない、いや、それどころか、どんなディッシュがサーブされるか分からないという不安がよぎったらどうしますか?

そう、間違えなくハンバーガーにいきます。

つまり、逃避先なのです。これは北米においてある意味、経験的に出来上がった非常に面白い結果なのです。

そこで今日は海外のジャパレスについて一言、申し上げさせていただきます。

正直、ジャパレスのフードレベルは高い。ですが、白人は怖がっています。
訳が分からないのです。どんな魚か、どうやって料理されてくるのか、想像がつかないものはたまらなく恐ろしいのです。

最近、ジャパレスも様変わり。オーセンティックな日本料理店はどんどん姿を消し、カジュアルな居酒屋風の店が圧倒しています。ですが、そこの店の顧客層も極めて限られた層だということに気がついて欲しいのです。

日本食を海外でもっと広める方法。

それはメニューの工夫です。そして、必ず「逃げのアイテム」を入れておくことです。

照り焼きチキンなどはまず、100%正しい選択です。
そう、日本人が聞いたら「エー」というでしょう。ですが、白人にとってテリヤキはハンバーガーと並ぶぐらいとっても気持ちが楽になるメニューだということを言っておきましょう。

日本のシェフは自分の腕を中心に考えます。少なくとも海外でレストランをやるのなら客目線にたったメニュー作りをすべきだとあえて、今、申し上げておきます。

きっとこれは役に立つと思います。
そう思ってくれる方、是非ともクリックを。
人気ブログランキングへ

ではまた明日。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ