70年代ごろから人は少しづつ地元から繁華街を目指すようになりました。そこにはドキドキ感や発見、更には買い物するにはすべてが集約されて比較対照もしやすいということだったと思います。都心のターミナル駅には次々と大規模店が生まれ、人々はそこにどんどん吸い込まれていきます。

もちろん、これは今日でも変わりません。しかし、この様相が絶対に変らないとは言えないかもしれません。

この時期、原宿や浅草は人でごった返しています。明治神宮や浅草寺があるからでしょう。新宿や銀座、渋谷といった大ターミナル駅ではなくてもディスティネーションとして人が集まるわけです。例えば浅草に行けばこの時期、浅草、雷門の由緒ある店に加え、屋台、出店が所狭しと並び、人々の目を愉しませてくれます。そこにはチェーン店や名の通った店はなく、腰を曲げたエプロン姿のばあさんや鉢巻した威勢の良いオッサンが下町堅気の独特の雰囲気を醸し出しています。

一方、代官山あたりを散策すれば品の良い個店があちらこちらに点在し、それぞれの店からは「ならでは」の力作を提供され思わず「ほぉー」と言いたくなるようなこともしばしばです。

浅草でも代官山でも作り出す空気はその住民が生み出しているものです。決してターミナル駅独特の雑踏感ではなく、街全体が一つの個性を作り出していると言ってよいでしょう。同じようなことは有名商店街地区にも言えます。十条商店街や大山、戸越/武蔵小山、あるいは中野などどれも地域の臭いがするのです。

私も東京で生まれ育ちましたのでターミナル駅の繁華街には深く接してきているのですが、その色合いは昔に比べて薄くなってきたような気がします。上野、池袋、新宿、渋谷、有楽町といった繁華街は昔は確実にその違いを言い当てることが出来ました。いや、今でもできますが没個性化がどんどん進みます。「中高生の街」といえば渋谷と言いたいところですが今や池袋サンシャイン通りもそれに負けない力を持っています。OLの街の代名詞は新宿で銀座はアッパー感があるとされましたが今やどこも大差ありません。理由は店舗構成がチェーン店を中心としていること、開発思想が広く集客できることであり、こだわり感を打ち出してきていないからでしょう。

ターミナル駅ですからそこの駅のそばに住んでいる人はごくわずか。会社がそばにある、あるいは乗り換えのついでや休みの日に街に出るのに出やすい駅という意味です。それは私鉄沿線の開発思想にもつながってくるわけで渋谷なら東急各線があり金持ちのイメージでした。上野は「終着駅」のイメージだけでなく京成の醸し出す雰囲気もあるでしょう。しかし、私鉄各社も経営努力し、電車も明るく快適になり、沿線開発も新興家族を受け入れ、土地臭さが薄くなってきました。つまり東京に限って言えば没個性化がどんどん進んでいるのです。

こんな時代に近所の「個店」への興味は時代の跳ね返りとして注目しています。わざわざ人ごみのターミナルに行かなくても手軽に近所で楽しめるという要素が求められる時代になりそうです。シャッター街と化した商店街が復活できる芽が出てきたともいえます。チェーン店でありきたりの店づくりにありきたりのサービスより良く知った店主と言葉を交わしながらショッピングや飲食をエンタテイメントの一環として愉しむコンセプトです。或いは「自分だけの店」、「隠れ家」的コンセプトもあるでしょう。

昔、肉屋のコロッケが美味しくて100円で一つ紙に包んでもらって立ち食いしたりするのは楽しかったですよね。うんちくあるオジサンのいるあの店に行けば色々な説明が聞けて欲しかったものが手に入る、なんていうこともあります。

ネットの時代の跳ね返りとしてリアルを求める、そしてお気に入りの人と好きな話に没頭するというのが新しいライフスタイルになっていく気がします。没個性のチェーン店からオジサン、オバサンのこだわりが街を引き立てるようになるかもしれませんね。

では今日はこのぐらいで。

ブログの応援もお願いできますか?クリックをするとブログランクアップにつながります。

北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

また明日お会いしましょう。