外から見る日本、見られる日本人

バンクーバーの日本人社長ヒロが仕事、生活を通じて感じた経済、経営、社会、日本人観などを綴っています。

日中韓、別の見方4

面白い組み合わせのビジネスランチがありました。韓国からはサムスン出身のビジネスマンと韓国某大手保険会社の役員経験者、中国からは某大都市のしかるべき方の娘、それに私の4人。ポイントはビジネスをしたいので手を組みたい、という話ですが4人の目指すところはどうやったら成功するか、そしてここバンクーバーという白人社会においてアジア勢力としてどう展開できるかということに尽きます。

当然ながら昨今問題になっている「島」を通じたギクシャクした件に関して気持ちの中で意識はしていたのですが、結果としてそんな話はまったく出ず、むしろ、それぞれの人の強みを持ち寄って如何なるものを作り上げるか、という実に建設的会話でした。

白人社会に来るとアジア系はどうしてもまとまりやすくなります。それはメンタリティが近いということが大きいと思います。逆に言えばアジア人は白人世界で同化しようとするイミテーションは出来ても白人の本質には同化できないということでもあります。

例えばビジネスをするという発想に関して、白人社会ではビジネスの価値をまず捉えようとする気がいたします。それは単に儲かるかどうかということだけでなく社会的に有意義なビジネスか、雇用などを通じて貢献できるか、といった大義名分的なトーンをつけることを重視していると思います。それに対してアジア的ビジネスは結局、利益がどれだけ出るのか、という考え方が強いと思います。

その点で日、中、韓と集まってビジネスの話をすればベクトルの向きはほとんどずれていないわけで話の展開がしやすいともいえます。

見方を変えれば我々はアライアンスを組むには最適であるともいえるのです。

残念ながら過去という問題を意識してしまうと恨みや憎しみが先に出てきてしまい、どんなことでも成功することはありません。今、日本と中国の揉め事は世界の市場で大きな話題になっています。そして、この緊張関係が世界経済にマイナスであると見られています。

私はどんな人と仕事をするにも相手をリスペクトするという姿勢を貫いています。カナダは人種のモザイクだけにビジネスの相手はあらゆる人に及びます。ですので私はどんな場合でもその「人」を見るようにしています。そうすると自分に持っていない考え方やモノの見方がいろいろ出てきて実に面白いものなのです。

海外にいるとそういうディスカッションがフランクに出来るところが最大のメリットだと思いますし、少なくとも私の周りでは緊張が高まる島の問題は一切ないと申し上げておきましょう。

今日はこのぐらいにしておきます。

ブログの応援もお願いできますか?
クリックをするとブログランクアップに繋がります。

北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

ではまた明日。

党首選の向かうところ4

ダブル党首選の上に橋下維新や小沢一郎氏の動きも気になるとなれば近いうちにありそうな選挙がどうしても気になります。ただ、党首選の段階では各陣営ともゲーム感覚でまずは党首選を勝ち抜く手段、そして、その後あるかもしれない総選挙の二段構えの戦略が見え隠れします。

特に維新の会をどう「利用」するかが一定のところまで上り詰める最大のキーになるのではないでしょうか?日本維新の会は関西方面では高い人気があるものの東日本や北日本などでは決してそれほどでもなく、全国的にざっと見る限り自民党に分がありそうな気配が感じられます。

仮にゲーム感覚でいえば自民は誰が党首になろうとも日本維新の会の議席数次第でくっつきも反発もするポリシーなき戦略となりそうな気もしますがそう感じるのは私だけでしょうか?また、民主党はすっかり色あせてしまいました。メディアのサポートが少なく、ニュースや話題にすらならないのは野田首相の再選がほぼ確実されているという「つまらなさ」にもあるのかもしれません。逆に言えば民主党は分裂するとまで言われていたのに選挙をする前から野田首相の勝ちが見えているほど勢力地図ははっきりしているということです。

さて、私はゲーム感覚の政治はどちらでも良く、今の日本をどうするか、課題山積どころか山が高すぎてが崩れてしまっている状況をどう再生していくのか、そちらの方が重要であるという見方に変わりありません。

特に選挙のあるなしに関わらず政権としては外交が主力テーマになってくるでしょう。特に三つの島の問題に関し、対ロシアは12月にもプーチン大統領との直接交渉が見込まれますし、韓国では12月にも新大統領が選ばれるでしょう。朴槿恵氏が有力とされていますが、与党セヌリ党という立場からは李大統領と同じ立ち位置。あえて言うなら、戦後の日韓関係復活の第一歩となった日韓基本条約を締結した朴 正煕氏の娘であることを踏まえ着地点をどう探るかが一つのポイントなるのでしょうか?

そして中国については習近平氏の総書記就任がほぼ決まっていることから同氏の対日政策の出方が直接的ポイントとなります。しかし、中国に関しては最近の暴動の根源は国内不満のぶつけるところを日本に向けた「ガス抜き」的状況にも見えるため、結果として対日政策を改善するより国内経済の建て直しと共産主義なのに世界一所得格差が生じたこの国家の運営能力そのものが決め手となるでしょう。

経済に関しても国内経済の停滞感はより強まるはずです。特にヨーロッパの低迷は長期化を見込んでいますし、アメリカも2013年前半は財政の崖の影響から最悪のケースとしてマイナス成長も想定されています。よって、日本国内経済問題も再び課題に挙がってくる可能性は大いにあります。

これらを踏まえれば政治家が政治屋のオセロゲームをやっている場合ではないわけで勢力地図の拡大よりも「挙国一致体制」をとるぐらいのプランニングを示してもらいたいものです。日本はそれぐらい危機的状況にあるということを肝に銘じてもらいたいと思います。

今日はこのぐらいにしましょう。

ブログの応援お願いできますか?クリックをするとブログランクアップに繋がります。

北アメリカ(海外生活・情報) ブログランキングへ

ではまた明日。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ