図解入りの補足記事を書きました
  用語の定義も少し変わってるので新しい方を基準にしていただけるとありがたいです。


クラスタです。

前回の記事の発展として色々調べてきましたので紹介。
続きの記事なので、用語等は前の記事で使ったものを流用します。
よく分からない単語があったら前の記事を見てみてください。

ちなみにここで言う「行動待機時間」とは、
「行動ゲージが貯まっていない状態でピーンが鳴ってから素早く行動を選択し次のピーンが鳴るまで」
を意味しています。
行動ディレイが大きすぎる行動(必殺技等)はこの限りではないかもしれませんが、今回はその辺未調査なので。

で、計算式ですが呪文とそれ以外の行動でちょっと異なります。
異なるというか、分けて考えたほうが分かりやすいので分けて考えます。

また、説明の都合上
 7×(1-すばやさ/2048) = 基本待機時間
としておきます。(=通常攻撃の行動待機時間なので。)


(2012/11/29追記:再調査の結果素早さの係数は1/2048ではなく1/√4200000≒1/2049あたりのようです また正式に訂正するかもです)

まず呪文以外
基本待機時間×A+内部ディレイ (単位:秒)
 通常時はA=1
 ピオラ(及びピオリム)が1段階かかっているときA=13/14、ピオラが2段階かかっているときはA=12/14=6/7

つまり、ピオラは基本待機時間を1/14ずつ、2段階まで短縮する呪文となります。
ボミエは未調査です。多分1/14ずつ延長かな?

次に呪文
基本待機時間×A+詠唱ディレイ×B (単位:秒)
 詠唱ディレイ=呪文個別に設定されている詠唱時間
 B=錬金による詠唱時間短縮率 ただし早詠みの杖を使っている場合は50%で上書き

ピオラは呪文の詠唱時間に関係ありません。
早詠みの杖と錬金効果による詠唱時間短縮は重複せず、早詠みの杖の効果で上書きされるようです(値の大きい方で上書き?)
(追記:重複しないのではなく、最短詠唱時間が1秒なのではとご意見いただきました。後で検証します。)
ちなみに早詠みの杖の詠唱時間短縮率は50%です。

また行動待機時間には直接関係無い話となりますが、呪文の場合
 行動ディレイ=詠唱ディレイ×B+発動ディレイ
と二段階に分かれており、詠唱ディレイは錬金やスキルで短縮可能です。
発動ディレイは短縮不可能、どの呪文でも共通で約2.8秒です。

ちなみに計算式の通りですが、詠唱時間短縮装備をしても内部ディレイは短縮されません。
当たり前なような気もしますが、計算式上は同じ位置にあるのでもしかしたら?と思っちゃいました。


-------------------以下検証内容-------------------
まず前回の調査結果
素早さ検証

以下はピオリムを2回かけた時の調査結果
素早さ検証2

戦士の通常攻撃は19.6秒短縮 心頭滅却は19.5秒短縮
武闘家の通常攻撃は17.9秒短縮 心頭滅却も17.9秒短縮

通常攻撃→心頭滅却と内部ディレイが大きくなっても短縮時間がほぼ変わっていないため、ピオリムは内部ディレイには影響していないことが分かります。

次に短縮率に着目すると
戦士の通常攻撃は14.338%短縮 心頭滅却は10.803%短縮
武闘家の通常攻撃は14.263%短縮 心頭滅却は10.573%短縮

内部ディレイに影響せず、また通常攻撃の内部ディレイが0であると仮定すると、通常攻撃の短縮率がそのままピオリムの短縮率となる。
1/7=14.286%に近似できるのでピオリムが2回かかった状態の行動待機時間は
 基本待機時間×1/7+内部ディレイ
と考えられる。

次にピオリムが1回かかった状態について。
2回が1/7短縮だったので1回は1/14短縮か?と予想。
ピオリムの効果時間は120秒なので20回攻撃の調査はできず、10回で妥協。

素早さ185の盗賊で10回測定
仮説が正しいなら10回の合計行動待機時間は
10×7×(1-185/2048)*13/14=59.13秒となる。

結果は、59.1秒。うむ、ぴったり。どうやらピオリム1回は基本待機時間を1/14短縮で正しそう。


次は呪文の行動待機時間について調査。
素早さ132の魔法使いで調査。
杖とウデ装備で合計10%詠唱短縮になるような装備を購入。

詠唱時間

まず詠唱時間短縮無し 計算式から考えると
20×(7+2.0-0.01-7×132/2048)=170.78
20×(7+5.0-0.01-7×132/2048)=230.78
となり、それぞれ詠唱ディレイは2.0秒と5.0秒のようです。
(説明が前後しますが、どの特技も切りの良い数値から0.01を引くと計算が非常にぴったりになるので、そのように計算してます)

詠唱時間短縮について、素直に取れば上記詠唱ディレイに影響すると考えられるので、
20×(7+1.8-0.01-7×132/2048)=166.78
20×(7+4.5-0.01-7×132/2048)=220.78
この計算式でぴったりのようです。

また詠唱時間短縮の効果は行動ディレイにも影響している気がしたので調査。
ヘナトスの行動ディレイ → 4.8秒
マホカンタの行動ディレイ → 7.8秒
短縮10%装備でのヘナトスの行動ディレイ → 4.6秒 0.2秒短縮
短縮10%装備でのマホカンタの行動ディレイ → 7.3秒 0.5秒短縮

以上より、魔法の行動ディレイは 詠唱ディレイ+発動ディレイ の2段階に分けられ、詠唱短縮装備では詠唱ディレイの部分のみ短縮されるようです。
ちなみに発動ディレイは約2.8秒です。


次に
早詠みの杖について
効果時間は60秒と非常に短いため、行動6回で計測 精度は少し落ちます。
素早さ73の魔法使いでヘナトスを6回使って測定
結果は46.4秒
6×(7+2.0/2-0.01-7×73/2048)=46.44
となるので、
早詠みの杖は詠唱ディレイを半分にする技のようです。

さらに、
早詠みの杖と錬金効果との重複について
同じ条件で詠唱時間10%短縮装備をして計測したところ、
なんと結果は全く同じ46.4秒
んん・・・重複せず?

更に検証するため短縮装備を15000Gくらいかけて自作(←バカ
なんと短縮率26%に 無駄に高級なのができてしまった。
で、試してみるとまた46.4秒。

重複が和算にしろ乗算にしろ流石にもっと差が出るはずなので、どうやら
早詠みの杖と詠唱時間短縮の錬金効果は重複しないようです。

(要・再検証 最短詠唱時間が1秒?)


最後にピオリムが詠唱ディレイに影響するかどうかを検証。

素早さ185の盗賊でボミオスを10回使って測定。
ちなみにボミオスの詠唱ディレイは4.0秒。
ピオリム2回かかった状態で測定したところ、94.4秒。
10×(6+4.0-0.01-6×185/2048)=94.48
なので、ピオリムは詠唱ディレイに影響しないようですね。



これで行動待機時間計算式についての調査は概ね終了かなー。
なにかご意見あればコメントやツイッター等でお願いします。

次は各スキル・呪文のディレイ時間を調べようかな。面倒だけどやり始めると楽しいんですよね。