クラスタです。

約4ヶ月ぶりの防具鍛冶の記事です。

調査というよりは、ただ自分が打ったデータを記録するようにしてみただけなのですが、そこそこ数が貯まったのでまとめてみようという趣旨です。

というわけでまとめた表がこちら。
データ量のわりにはあっさりしてしまいましたが。

5
前提条件はこんな感じです。
・職人レベル40
・生きる伝説
・防具職人セット装備(この辺は関係ないと思いますが一応)
・奇跡ハンマー☆☆☆(装備時表示会心率4.9%)のみを使用
・作成物によって会心率は変化しないと仮定
・対象はコツ取得済みの装備のみ
・Ver1.5中のデータのみ
・会心ターンの会心率は別に計測
・温度や時間帯や場所等、その他の要素は影響がないと仮定

どうやら今回の結果と以前の調査を合わせて考えると
・実際の会心率は装備時に表示される会心率のとおり
・コツ取得により1%会心率アップ
・奇跡ハンマーのねらい打ち会心率は通常時の7倍

がしっくりくる結論かなーと思います。
(以前の調査からは会心率に調整が入ったっぽいですがコツについてはってことで)

つまり本来なら
ねらい打ち以外会心率=4.9+1.0=5.9%
ねらい打ち会心率=5.9*7=41.3%

あたりかなと。

ねらい打ち以外は会心率に差はないと予想していましたが、やっぱり差はないと思っていいのではないでしょうか。試行回数の少ない2倍、3倍、てかげん打ちあたりはまだだいぶグラついてるようですが。

ちなみに18048回試行して1046回起こった事象の確率について、正規分布で近似計算すると
誤差が0.1%以内である確率は43.45%
誤差が0.2%以内である確率は74.96%
誤差が0.3%以内である確率は91.53%
誤差が0.4%以内である確率は97.85%
誤差が0.5%以内である確率は99.59%
となります。
なのでまあ、とりあえず基本会心率は5.5%~6.1%程度と見てよいと思います。

ちなみに表で「総回数」「総会心数」と書いたのは、作成物ごとにのデータと区別するためです。
4マス装備しかやってないのでみだれ打ちのデータはありません。
5

回数だと分かりづらいのでパーセンテージにするとこんな感じ。
5

ざっと見る感じ、やはり作成物によっても会心率は一律でいいのかなーと思います。メタスラの盾の会心率がちょっと低くて悲しいですが。


次に、まだサンプル数が少ないデータについて軽くまとめます。まずは会心ターンの会心率について。
会心ターンとはメタスラの盾やルーンバックラーなどの200+400n度のときに起こる「消費集中力1.5倍で会心率アップ!」みたいなアレです。
5

ねらい打ち以外の会心率は約29%。
とすると5倍の5.9*5=29.5%あたりがあり得そうな数値でしょうか?

気になるのはねらい打ちの会心率 さすがに5倍とかにはならないみたいです
基本会心率を41.3%とすると、1.5倍の41.3*1.5=61.95%あたり?にしてはちょっと数値が高い気もします。もちろんデータ数が少ないのでなんとも言えませんが……
もしくは判定が2回行われて1回でも判定が真ならば会心が出る、という計算方法だとすると
1-(1-41.3%)^2≒65.5% でちょっと測定結果には近くなりますね。

ねらい打ちとそれ以外で同じ計算式を使って値が近くなる計算方法があればそれっぽいのですが、思いつきませんでした。

------追記------
極限のおてうさんから助言をいただきました。
ねらい打ちが7倍で会心ターンが5倍とするとそれぞれ600%アップ、400%アップとなり、これを足すと1000%アップ、つまり1100%=11倍となります。
5.9*11=64.9%なので、67.37%に結構近い値になりますね。今のところこれが一番スマートな仮説な気がします。
----------------

こちらはまだまだ継続調査ということで。


最後に、奇跡ハンマーの集中力上昇率について。
表を作るのも面倒なのでテキストで。
鍛冶回数:836回
集中力上昇回数:187回
187/836≒22.37%
となりました。
20%なのか、25%なのか、それとも別の22.22%(2/9)とか23.44%(60/256)とかなのかはわかりませんが、とりあえず20%強くらいのようです。
ちなみに極限さんの調査によると約20%とのことです。

こちらも継続調査していこうと思います。


もし20%ならこれからあまり奇跡発動しなくなっちゃうのかな…… なんて確率の独立性についてつい考えてしまいますよねw