80'sの音楽が好きだった!

内緒ですが、じつは80年代の音楽が好きだったりします。
今の音楽を聴いていても知らず知らずにそのルーツを探ってみたり。
そういう発見もまた楽しかったりしますね。

アメリカのミュージシャン、スティーヴィー・ワンダーの曲。1984年に発表し、4週連続全米第1位を獲得した。同年公開のアメリカ映画「ウーマン・イン・レッド」に使用され、アカデミー賞最優秀歌曲賞、ゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞...どういうわけだか、死ぬ …
続きを読む

1986年公開のアメリカ映画「トップガン」の主題歌。アメリカのシンガー、ケニー・ロギンスが歌い、全米第2位を獲得した。映画の音楽を担当したジョルジオ・モロダーとトム・ウイットロックによる作品...若かりし頃のトムクルーズの代表作といえば「トップガン」。「 …
続きを読む

素晴らしい曲だったね。ポリスの「見つめていたい」(Every Breath You Take)。淡々と紡ぎだされるスティングの渋目のヴォーカル。でもサビになると一転して情熱に訴えかける。幼心に(?)カッコいいなと憧れていたような気がする。ベーシストというのは、バンドのなかでは …
続きを読む

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(Huey Lewis & The News)映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌だったよね。ヒューイもちょっとだけ出演していたし。バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOXマイケル・J・フォックスジェネオン・ユニバー …
続きを読む

まさに彗星のように現れて消えていったバンドだったね。「カルチャークラブ(Culture Club)」当時はまだ女装なんて珍しかったし、不気味ではあったけど、なぜか「カーマは気まぐれ」が大ヒット。PV番組でもひたすらOAされていた。でも、「Miss Me Blind」のほうが圧倒的に好き …
続きを読む

ハワード・ジョーンズといえば、もしかしたら「ニューソング」のほうが有名かもしれない。ほとんどのリスナーが、「ニューソング」で彼のことを知った、と言っても過言でないから。 でも、圧倒的に「What Is Love」のほうが好きだったな。オーバーハイムのような分厚いシン …
続きを読む

ジェネシスでお馴染みのフィル・コリンズだったけど、フィリップ・ベイリーとのコラボは、なかなの衝撃だった。当時、フィル・コリンズが相当のおじさんに見えたもの。今になって思えば、彼もまだ若かったのだね。。 フィル・コリンズ ヒッツ (輸入盤) SE-15 [CD]フィル・コ …
続きを読む

80年代の音楽シーンの立役者のひとりとして、すでに伝説と化しつつある、押しも押されもせぬ大ミュージシャン、それがクインシー・ジョーンズだと思う。  愛のコリーダ [CD]クインシー・ジョーンズユニバーサル ミュージック クラシック2003-04-23 「愛のコリーダ」(あい …
続きを読む