80'sの音楽が好きだった!

内緒ですが、じつは80年代の音楽が好きだったりします。
今の音楽を聴いていても知らず知らずにそのルーツを探ってみたり。
そういう発見もまた楽しかったりしますね。

デヴィッド・ボウイ(David Bowie, 本名 David Robert Hayward-Jones, 1947年1月8日 - )は、イギリスのマルチ・ミュージシャンであり、俳優としても長いキャリアを持つ。2000年、雑誌『NME』がミュージシャンを対象に行ったアンケートでは、「20世紀で最も影響力のあるアー …
続きを読む

AORの代表選手のようなアーティスト、それがネッド・ドヒニーなのかもしれないね。もしかしたら多くの人にとっては、チャカ・カーンの「Whatcha Gonna Do For Me」の原曲者というくらいの認識しかないかもしれない。 いや、それすら知られていないかも。たしかに、日本では …
続きを読む

ロック界のホープであるエアロスミスと、ヒップホップ界の気鋭RUN-DMCがタッグを組んだ大ヒット作。ロックとヒップホップの融合とか、よくぞ思いついたものだと思う。それも、2流のアーティストたちではなく、1流のグループがコラボするなんて、当時で考えたってさぞや大変な …
続きを読む

ダリルホール&ジョン・オーツの代表作といえば「プライベート・アイズ」を挙げる人も多いとか。アメリカではもちろんのこと(全米第1位)、日本でも本当に流行った曲だし、一世を風靡した曲だよね。ダリルホール=ドイツ系アメリカ人で、ペンシルベニア・ダッチの血も受け継 …
続きを読む

1950年代にヴォーカル・グループとして結成されたアイズレー・ブラザーズ。彼らの代表作といえば、やはり「Between the sheets」を挙げる人も多いだろうな。なにしろ、メロウでムーディーでセクシーなことこの上ないこの曲、後に色んなミュージシャンにもカバーやサンプリン …
続きを読む

海やビーチが似合うソングの代名詞ともなったクリス・レアの「オン・ザ・ビーチ」。アレアコっぽいギターが心地よい、まさに夏らしい曲だけど、彼の歌声だけ聴いていると、まるでお爺さんが歌っているかのような錯覚を覚えてしまうくらい、なにしろ渋い声をしている。現在で …
続きを読む

デイヴィッド・フォスターとジェイ・グレイドンによるスーパーコンビ、それがエアプレイ。残念ながらアルバム1枚だけのリリースで終了してしまったのだけど、その1枚が後世まで語り継がれるであろう名盤になっている。なにしろ、この2人がスゴいミュージシャンなんだけど、ま …
続きを読む

1983年にファースト・アルバム『ファンタスティック』でデビューしたWham!。デビューするやいなや出す曲出す曲が大ヒットし、瞬く間にビッグアーティストになってしまった彼らだけど、やはりジョージ・マイケルの才能は世界中の誰もが認めるところだよね。そもそも、いくらデ …
続きを読む