2007年02月15日

バックアップ戦略

最近、パソコンのハードディスクのクラッシュが立て続けにあってバックアップの大切さが身に染みたので、バックアップの環境を整えてみた。外付けハードディスクを買ってきて定期的にコピーすることにする。

BUFFALO HD-H250U2 USB2.0 外付けハードディスクドライブ

月1回程度、システム全体をイメージバックアップ。ツールとして『Acronis True Image』を使用。ソースネクストがイチキュッパで販売している簡易版だが。

Acronis True Image Personal 2 (説明扉付スリムパッケージ版)

また、特に重要なデータは個別に Windows 標準の『バックアップユーティリティ』をタスクスケジュールして定期的にバックアップ。

マイドキュメントとデスクトップは3時間毎の増分バックアップと週1回のフルバックアップ。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\My Documents
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\デスクトップ
backup_documents

メール(Thunderbird)とWebブラウザ(Firefox)は週1回の増分バックアップと月1回のフルバックアップ。メールはサーバにコピーを残すようにしているので1週間分くらいならなくなったって問題ないし、ブラウザはブックマークとフォーム情報のキャッシュくらいなのでそんなに惜しくはない。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Mozilla
backup_mailweb

簡単にできる Windows XP のバックアップ - Microsoft
Firefoxの設定情報をバックアップする - @IT
Thunderbird プロファイルの管理 - Mozilla Japan

外出時などで外付けハードディスクが接続されていない場合は直接に保存することができないので、『バックアップユーティリティ』によるバックアップは一旦ローカルのハードディスクに作成する。ハード障害の対策だけではなく、操作ミスによるデータ消失への対応とか、ファイル更新の履歴を残すという目的もあるし。
そして、外付けハードディスクが利用できる状態になった時にローカルに溜まったファイルを外部にコピー。手動だと面倒くさいのでBATかWSHで自動化するか。日時のフォルダを作ってその中に放り込む感じ。USB接続時に自動的にプログラムを実行するってのはできる?

携帯電話やPDA(SHARP Zaurus SL-C860)のバックアップも。一旦PCローカルのディスクに保存して、外付けディスクには月1回のイメージバックアップ時のみで良いか。外付けディスクにバックアップがなくても、PCと携帯/PDA間でデータが冗長化されているので、両方が一緒に壊れたり失くしたりしない限りはだいじょうぶ。ただし、これらは一緒に持ち歩いている場合が多いので、電車にカバンごと置き忘れたり、水に落として水没したりっていうのは考えられるか。

携帯電話はソースネクストの『携快電話』で週1回程度。

携快電話15 FOMA・au対応USBコード付き(ハイブリッド) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

PDAは付属のツールでスケジュール・アドレス帳は毎日、フルバックアップは週1回程度。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/froo/50968983
この記事へのトラックバック
Windowsの入ったドライブを丸ごとファイルとして保存し、ウイルス感染やクラッシュといった万一の際には、高速で元の状態に戻せるソフトの第2弾。買ったときは快調だったパソコンも、さまざまなアプリケーションソフトをインストールしたり、インターネットを介して潜り込...
Acronis True Image Personal 2 (説明扉付スリムパッケージ版)【1-kakaku.com】at 2007年05月16日 21:34