最強の1LDK

23区内、新防火地域に積水ハウスシャーウッドで建てた2階建て延床31坪。W発電による、最強の狭小住宅を実現するまでの紆余曲折。

正確には床の間じゃないけど、李朝家具を置き床にしてそれっぽく飾り付けている
1Fのスペース、
もうすっかり紫陽花の季節ですね。
003
花器として使っている白磁の壺はアンティーク、李朝後期頃だとか。
004
なんでも、李朝家具には白磁が鉄板の組み合わせらしいです、よくわからないけど。

その李朝家具も古いものです。(ダンディ氏が提案した)
骨董店でバンダジ(上半分が開閉する収納箪笥)を物色していたら、このコと目が合っちゃって。バンダジとはちょっと違いますが、金具の装飾がカワイイんです。
005
ほら、2匹のお魚とカメさんがキュートでしょ。
でもお値段は可愛くなかった。我が家の家具の中でいちばん高価な買い物になりました。
おじさんは「絶対ダマされているっ」って怪しんでたけど、今では「バンジ」って名前まで付けて可愛がっています。
004
すっかり和室に馴染んでいるバンジ。
次は書軸なんかも欲しいかな。

・・・つづく。




ヒマだったのでおじさんの仕事の下見に同行しました。
その3階建ての物件は、建築面積が我が家と同じくらいの、築15年のシャーウッドです。
うちは当初、3階建ても検討していたのでちょっと興味津々、
ざっとこんな間取りでした。0035
0004
玄関にはコの字型のCTC収納、ホールに上がるとすぐ右側に2畳弱の納戸とワイズ収納があります。まだ当時は土間収納(シュークロ)じゃなかったんですね。広めの納戸で使い勝手が良さそうです。
0010
約4畳の書斎には壁面いっぱいの本棚。やっぱり独立した書斎っていいなー
和室の障子は縦長なので少々開けづらくなっていました。
021
明るく広々したリビングダイニング、13畳くらい。床材は体育館みたいなテカテカの
コーティング系ですが、汚れやキズには強そうです。全体的にきれいでした。
0020
造作壁の向こうは奥行きのあるL字キッチン。冷蔵庫が隠れるのはいいけど、逆にダイニングから遠いです。家電収納は更にその奥だったようで、動線的にやや不便かも。バルコニーの勝手口はゴミの一時置場に良さそうです。
0029
3Fにはそれぞれ8畳ほどの主寝室と子供室があります。主寝室の中にある広いWICは
とても使い易そうで素敵でした。

今回はフルリフォームではなく、クロスと畳、CFの貼替とクリーニングのみ。
オーナーさんがリタイアされてお子さんも独立したので、ここを賃貸にするそうです。
確かに夫婦2人で140㎡は広すぎだなー。トイレも3カ所だし、3階への行き来も大変そう。
そう考えると、すでに人生の折り返しを過ぎた私たちには今のお家で十分なんですね。

ちなみにこの物件、都内城北地区で駅から徒歩10分、家賃20~23万円だそうです。

・・・つづく。
















太陽光とエネファームによるW発電で、2年目の冬の光熱費はどのくらいだったか?
昨年12月から3月までを検証してみました。
我が家のスペックと生活パターンは、

設備 
太陽光3.1Kw
エネファーム0.75Kw

暖房器具

1F四畳半と書斎に床暖房(ガス温水式)
エアコン(34型)
2Fリビングダイニングに床暖房(ガス温水式)
エアコン(56型)

洗面、風呂場
ガス浴室暖房乾燥機
ガス温水ラジエーター(タオルウォーマー)

夫婦2人暮らし、専業主婦で日中在宅。リビングの床暖は朝7時にオン、夜12時頃オフ。
エアコンは真冬の朝晩2~3時間、稼働させれば十分。
1Fの暖房は日ごとまちまちで、1日中つけっぱなしの日もあれば、全く使わない日も有り。
キッチンはガス調理器、食洗器はありません。
お風呂は毎日お湯張りし、入浴する2時間くらい前にタオルウォーマーで洗面室を暖めます。すごく寒い日は浴室暖房機も併用。入浴後はエコモードで6時間乾燥させます。

温水ラジエーター(タオルウォーマータイプ)↓
020

ではまず電気から。
東京電力の従量電灯B、60Aで契約しています。                         


    
 年/月H28/12H29/01H29/02H29/03
 使用日数(日間) 29 33 29 29
 使用量(kWh) 72 80 74 65
 請求金額
(円)
 2,858 3,003 2,919 2,783
 売電金額(円) 4,403 5,772 6,290 7,733
節電を意識しなくても、去年より安くなりました。何故か?アイツらがいなくなったから。
それはスチーム式の加湿器と洗面所のオイルヒーター。半額くらいになった月もあります。
加湿器は気化式に、オイルヒーターは温水ラジエーターに替えました。

太陽光は3.1Kwと搭載量少な目ですが、売電は年間を通じても今のところ黒字。
この1年では合計請求額35,390円に対して売電は97,162円です。
でもそれって、エネファームが頑張ってくれているおかげなんですよね~

一方、ガスの請求はこの時期、ドカーンと多くなります。
                                                                                                   
    
 年/月H28/12H29/01H29/02H29/03
 使用日数(日間) 29 34 28 33
 使用量(㎥)  125  160  117  155
 請求金額(円)10,64113,31810,34013,400
この冬平均で月12,000円くらい。契約はエネファームで発電エコプラン。エネファーム導入前と比べて、ガスおよび電気料金の合計額が、年間約5~6万円安くなるという料金プランで、さらに浴室暖房乾燥機と床暖房によるセット割も適用されます。
1年間の合計請求額は97,962円。同契約の平均値は下回っていますが、エネファームを導入していない同家族数の平均と比べると約2倍、ちょっとフクザツです・・・

以上(木造2階建て狭小住宅)(都内)(2人暮らし)(日中在宅)の冬の光熱費でした。
W発電を採用したみなさん、この冬の光熱費はどうでしたか~?
 
・・・つづく。

↑このページのトップヘ