2017年09月07日

大規模フレア発生

昨日か一昨日,太陽の黒点の数をチェックしたら,130を超えていることが分かりました。太陽活動が活発になっているようです。

<<<
9月6日18時ごろ(日本時間、以下同)、太陽表面の南西の活動領域(黒点群)2673で大規模フレアが発生した。太陽フレアの強度はピーク時のX線強度によって弱い方からA、B、C、M、Xに分類されるが、このフレアの強度はX2.2で、2015年5月5日以来2年4か月ぶりのXクラスのフレアだった。

さらに同夜21時ごろ、同領域でいっそう激しいX9.3の大規模フレアが発生した。最強であるXクラスのフレア強度が9以上に達したのは、2006年12月5日以来11年ぶりである。
>>>

これは私が時々チェックしている「宇宙天気」のニュースです。

フレアの発生を,五感でキャッチできる人はいないでしょう。その影響も,ヒトにはないのでしょうが,現代の人類には混乱をもたらす可能性があります。

今日になって,一般のメディアでもニュースとなっている

<<<
地球の磁場が乱れて、スマートフォンなどに使われるGPS=位置情報システムに最大で数十メートルほどの誤差が生じたり、無線通信が通じにくくなったりする影響が出るおそれがあるということで機構が注意を呼びかけています。
>>>

このようなことがあるときには,GPSをベースにした自動運転やドローンによる配送などに影響が出ることになるのでしょう。通信障害は,男女関係の不信感をもたらすおそれもあります。

<<<
1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本の人工衛星が故障したこともあり、ふだんは見られないような低緯度地域でオーロラが観測されることもあるということです。
>>>

明日の夜は,天気がよさそうだったら,街灯の少ないところに出かけて空を見上げて見ても良いかもしれません。

frrev at 21:54│Comments(0) エッセイ向き? 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔