両親の毅然とした別れのサインをやっと納得したナナちゃん、
給餌をしてくれた中本さんご夫妻に丁寧にお礼を言って飛び立つ決心をしたようです

一度飛び立つと2度とここへ戻る事はありません
中本さんご夫妻も万感の思いで見送った事でしょう

ななちゃんの子別れ日記次塑郤圈γ翹棔〔瓜
最終回 (2)













この裏庭では 井戸掘りがはじまったけれど
昨秋、トウキビ畑やコスモス花畑で遊んだ
楽しい思い出が 沢山できました。


そしてナナちゃんは
静かに 空高く 飛んでいきました。
元気で頑張るんだよ!!
逞しく生きて行くんだよ!!
さようなら 君は7羽目のナナちゃん

                2月9日

最終回 (1)













以上でななちゃんの子別れ日記は終了です

中本さんご夫妻さん
ここで書かせていただく了解を下さって本当にありがとうございました
タンチョウを通して人間も見習う事が沢山有るように思いました

野生生物と人間とでは比べようが有りませんが
それでも、しっかり愛情を持って夫婦が一致して子育てをしなければなりません
そして、独り立ち出来るように育てなければいけないところはとても大切な事と思います

人間はともすれば、愛情を掛け違えて、とんでもない大人に成長しかねません
雛を育てるときの溢れる愛情、
そして生きて行くための命にかかわる事をしっかり教えて
命を次につなげるタンチョウヅル

雛の時に両親の愛情をしっかり受け止めて育つタンチョウ
きっぱり巣立つ事ができるのはその上に有るのだと思いました

読者の皆様には
長い間ななちゃんのお話にお付き合いありがとうございました

この冬に親子仲良く餌をついばんでいるななちゃんの両親と兄弟に会ってきましたが
そろそろ子別れの頃と思います

今年は是非新しい雛を背中に乗せて育んでいる姿を確かめにコッタロを訪ねたいと思います