何でも雑記板 (避難)

建設中

2011年05月

30 5月

HDD不良セクタ観察日記#02(完)

アクセスするだけで不良セクタがたまると評判のSeagateのHDDの使用経過を記した日記でしたが、今回が最後です。
どこまで不良セクタがたまれば書き込み・読み込み・アクセス不能になるのか実験してましたが、諸事情によりOS入りHDDに昇格させるために、メーカー保証を使って新品にチェンジしました。
使用してるHDDは、Seagateの「ST3500418AS」 です。

とりあえず取り外す前の状態、最終3798時間使用して、不良セクタ数が104、うち回避不可能セクタ数が8でした。


メーカー保証で交換する条件が、アクセス不能か、専用ツールでテストコード(エラーコード)が出るか、不具合がどんな環境でも再現されるかなどで、私が使用していたHDDは、テストコード(エラーコード)が出たので交換しました。(418AS→418ASに交換しました)

「SeaTools for Windows」という診断ツールを使用してHDDの診断をしました。

 ・SeaTools for Windows使い方
SeagateのホームページからSeaToolsをダウンロードして、インストールする。

SeaTools for Windowsを起動する。

seatool01PCに接続されたHDDが表示される。


表示されたHDDからSeagateのHDDを選択する(SeagateのHDDだけアイコンの色が違う)

seatool02選択すると、上の「ベーシックテスト」が選択可能になる。

ベーシックテストのタブを選択すると、各テスト項目の選択が表示される。今回は、HDDのチェックなので、「ロングセルフテスト」を選択する。(ショートセルフテストだと細かくチェックしないので、テストOKになることが多い)

seatool03クリックすると、テストが開始される。

テスト中は、何もせずにテスト結果を待ちましょう。

seatool04ロングセルフテストは最長で四時間くらいになるみたい

HDDが正常ならテストコードが発行されずにテストが成功されて、異常ならテスト途中で失敗してテストコードが発行されます。(不良セクタが発見されるとテストは中断されて、問題無ければ最後までテストされるようです。)

seatool05見事に失敗、不良セクタが発見されたようです。

テストが失敗したら、「システムツール」のタブの隣に「失敗結果」 のタブが現れるので、選択すると、「SeaToolsテストコード」が発行されます。これは、RMA申請に必要なコードなので、どこかにメモっておきましょう。

seatool06症状によってコードが変わるみたい

もし、テストコードをメモる前に画面を消しても、「Help」タブの「ログファイルをチェックします」の項目を選択すると、発行されたテストコードの確認が出来ます。

seatool07
 

続きを読む »
25 5月

白FriioのLEDが、通常の二倍の速度で白色点滅!

白FriioのLEDが白色で、通常の二倍の速さで点滅してました。
長時間録画をしていて、途中で録画が出来てなかったので、チューナーが壊れたのかなと思いましたが、LEDが白色に点滅するのは、B-CASカードを認識しないときの色なので、カードリーダーが壊れた?でも、点滅が異常に速くなっているのが気になる。
とりあえず、Viewerを起動しようとすると、「Error Code #2001」が出て起動出来ず、PCを再起動しても変わらない。
羊羹は剥がしてあるので、ついにご臨終したのかと思いましたが、まだ使う予定があったので、ダメ元でドライバの再インストールを試してみたら、無事に復帰。

その後は、一度LEDが白色に点滅(通常速度)していたが、Viewerを起動したら普通に見れたし、LEDの色も元に戻った。相変わらず不安定なチューナーだと思った。

 続きを読む »
24 5月

Friio白・黒同時接続

Friio白とFriio黒を同時に接続して視聴する方法@WinXP

 ①Friio Installをインストール(安定verは、1.85?1.93?私が使用している環境では、1.85が安定してます)

 ②Friio白or黒を接続
  
・白を先に接続した場合の手順

 ③「新しいハードウェア・・・」が表示されたら、ドライバのインストール

 ④インストールが終われば、使用可能になったと表示されるので、FriioViewなどでチェック

 ⑤次に、Friio黒を接続して、ドライバのインストールをする
  ※黒のUSBは二股になっているので、細い方から接続だったかな?

 ⑥使用可能になったら、FriioViewerのショートカットを二つ作り、リンク先の変更をする

 ⑥’リンク先の変更方法・・・新しく作ったFriioViewerのショートカットの上で右クリック、プロパティを選択すると、「リンク先(T)」という項目があるので、そこを変更する
  ※リンク先は、インストール時、場所を変更してなければ、"C:\Program Files\Friio\FriioView.exe"になっているので、そこに、「 -o 0」と「 -o 1」(括弧は不要)を追加する
  
   リンク先 "C:\Program Files\Friio\FriioView.exe" -o 0
   リンク先 "C:\Program Files\Friio\FriioView.exe" -o 1

こうすることで、白と黒を同時に利用出来るようになります。
  ※どちらが白か黒かはアプリを起動するまでわかりません。

BUFFALO リモコン付き TV用地デジチューナー DTV-S110(AA)

続きを読む »
23 5月

P7P55D-E USB不具合

ASUSのP7P55D-Eマザーボード特有のUSB1.1問題とは別に、WinXPのOS使用で、USB機器を接続してもパソコンが認識しない不具合が発生。(Win7、Vistaは使ってないので不明)

BIOSバージョン 1504(現時点で最新)

症状・・・USB機器を接続すると、通電はしているが機器を認識しないという症状です。OSがUSB機器を認識していないので、接続音や接続確認のバルーンなどでません。


ARASHI 10-11TOUR“Scene"~君と僕の見ている風景~ DOME 【初回限定盤】 [DVD]

新品価格
¥5,106から
(2011/5/23 17:22時点)


続きを読む »
22 5月

最低限これだけは必要?な、パソコンのメンテナンス

・ハード面のメンテナンス
デスクトップ型の本体
 ・半年~一年に一度はファンのほこりを取る(ケース・グラボ・CPU・電源)
 ・各パーツの接続部分の掃除
     エアダスター(AA) とティシュ(AA) と綿棒(AA) を使えばかなりキレイに出来ます。

ノート型
 ・本体裏面か側面の空気を吸う所からファンに向けてエアダスター(AA) を使って、ほこりを飛ばす。

タブレット型
 ・液晶画面用ハイテククロス(AA) で画面を拭く

本体(ハード)の掃除は基本的にほこりの除去をすることです。エアダスターでほこりをとばすだけでも充分だとは思います。あとは、接続端子の汚れを取ったりすることで、快適に使うことが出来るのではないでしょうか。
精密機器なので、強引にせず、力の込め過ぎに注意して掃除しましょう。
メーカー製デスクトップPC、ノート型PCは、分解、封印シールの欠損などでメーカー保証、無料修理が受けられない可能性が高いので注意しましょう。

ウィンドウズ総合メンテナンスブック (100%ムックシリーズ)

新品価格
¥980から
(2011/5/22 17:07時点)


続きを読む »


Microsoft Store (マイクロソフトストア)





デル株式会社

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



QRコード
QRコード
はてなブックマーク
記事検索
ギャラリー
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!? -電源編- 電源が入ったり入らなかったり動作が不安定になり・・・
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ