何でも雑記板 (避難)

建設中

2012年11月

27 11月

2012年11月、Google検索から除外された。主にFC2ブログが・・・

2012年11月8日からFC2ブログがGoogle検索から除外されました。
その後、いくら記事を書いてもGoogle検索に新しい記事がインデックスされない状態が続いています。
一部の記事はGoogle検索から除外されました。

解析FC211月27
FC2ブログ:11月の解析
11月7日まで平均500UUだったのが、8日から激減。


自分のブログに問題があるのかと思い、記事を見直して広告を外したり、リンクを外したり、SEO対策を色々やりましたが、何の効果も無かったようです。
個別のブログに原因がなく、FC2ブログ自体がGoogleからスパム認定されたのが原因のようです。これは、どうしようもないようです。


やらかした?FC2ブログ
中国向けにコピーブログを作っていたのがGoogleのスパム対策に引っかかったっぽい?
現在GoogleからのペナルティでFC2ブログの一部?がGoogle検索から除外されているようです。
いつまで続くか不明。


他にもso-netブログも同様に11月8日からGoogle検索から除外されました。
解析sonet11-27
so-netブログ:11月の解析

ちなみにlivedoorブログ
解析lived11月27
livedoorブログ:11月解析

なぜかso-netブログも落とされたwww
ちなみに、so-netブログは2012年の8月も同様にGoogle検索から除外される事態になってました。
解析sonet8月_11-27-1
so-netブログ:8月から9月の解析
8月22日にGoogle検索から除外、その後9月30日頃にGoogle検索復活。で、11月8日にGoogle検索からまた除外。
so-netブログもなにかやらかしたの?
この時、FC2ブログは何も無かった。(8月13日から18日まで少し減っていた?)

・FC2 & so-netブログ共通
ウェブマスターツールを使っていますが、11月に入ってからほとんどクロールされていません。
再審査の依頼を出しても、「Webspam チームによる手動の対応は行われておりません」と返信があって検索具合は変わらず。
FC2ブログは、大元のブログサービスがスパム認定されたが、
個別のブログはスパム認定されていないから特に問題無いって解釈なのかな?
検索結果から考えると何かされているのは明白ですからね。Google八分とは訳が違うって感じです。

しかし、なぜso-netブログはFC2ブログと一緒の事が起こってるんだろ?

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書(AA)
Googleアナリティクス基礎講座 (得する<コレだけ! >技)(AA)

とりあえず、8日と18日に検索除外があり検索結果に変化が出ていたようなので、十日刻みで変化があるなら28日になにか起こるかも?
1ヶ月はこのままの状態が続くと思われるので、12月の中頃まで様子見して、何も変わらないようならブログの移転を考えようかなと思います。




25 11月

【自作PCトラブル】WindowsXPが起動したりしなかったりする不具合 その2 【解決】

WindowsXP搭載の自作PCが、起動したりしなかったりする不具合が解消しました。
不具合の原因は、マザーボードのボタン電池でした。
ボタン電池を交換したら問題なく起動するようになりました。

メッセージしてくれた方ありがとうございます。

パナソニック 乾電池 リチウム電池 CR2032
パナソニック 乾電池 リチウム電池 CR2032(AA)


前記事:【自作PCトラブル】WindowsXPが起動したりしなかったりする不具合 その1



【マザーボードのボタン電池が原因の不具合】
・Windows上の日付や時間が狂う(他にも原因有り?)
・BIOS情報が初期化される
・パソコンの電源を入れるが画面に何も映らない(他にも原因有り?)

ボタン電池が原因ならパソコンを起動したら「CMOS Battery Error」というエラーメッセージが出るようです。
他の原因ならブルースクリーンなどのエラー通知があると思われます。

今回のパターンは、「ボタン電池(コイン電池)がエラーです」みたいなメッセージは出ませんでしたが、日常的に使用していないパソコンだったので使う前にボタン電池が終わっていたのか、寒くなってきたのでボタン電池の出力?が弱っていたというのが今回の不具合ではないかと思っています。
ただ、少し気になったのがBIOS情報の初期化や時計の遅延などが起こっていなかったので、マザーボード自体に何らかのトラブルがある可能性は捨て切れません。
※電源を入れないパソコンはボタン電池の消費が多いようです。


リチウムボタン電池(CR2032)【送料無料】【10P4Jul12】

価格:56円
(2012/11/25 17:00時点)
感想(841件)



ハードの不良を音でチェック

【メール便対応】 AINEXマザーボード用ブザーユニットBZ-01

価格:398円
(2012/11/25 17:04時点)
感想(1件)



電池残量をチェックする計測器
FJK バッテリーチェッカー(乾電池残量測定器)
FJK バッテリーチェッカー(乾電池残量測定器)(AA)


21 11月

Firefoxで複数のタブを閉じる時の確認画面を「about:config」から非表示にする方法

Firefox16から複数のタブを閉じる時に確認ダイアログが出るようになり、Firefoxのオプション設定から変更が出来なくなっていた不具合ですが、Firefox 17.0正式版がリリースされましたが、直っていませんでした。
さらにFirefox17では、アドオン「Tab Mix Plus」が使えなくなっているというおまけ付orz

関連
Firefoxで複数のタブを閉じる時の確認ダイアログを非表示にする方法
Firefox 17.0正式版が公開!気になる複数のタブを開く時の確認は・・・?

複数のタブをまとめて閉じる時の確認画面は割りと鬱陶しいので表示しないようにしたいですね。
ということで、Firefoxのabout:config(詳細設定)を変更して確認画面を表示しないようにします。

※作業は自己責任で、当方は一切の責任を負いません。

・Firefoxの内部設定を変更して複数のタブを閉じる時の確認ダイアログを非表示にする方法
Firefoxのアドレスバーに「about:config」と打ち込みエンター。

firefox1701

「動作保証対象外になります!」という警告画面が出るので、「細心の注意を払って使用する」をクリックすると、設定項目がたくさん並んだ画面が表示されます。
その画面の上の方に検索窓があるので、そこに「warnoncloseothertabs」と打ち込みます。

1

「browser.tabs.warnOnCloseOtherTabs」という設定項目が表示されます。
※この「browser.tabs.warnOnCloseOtherTabs」が複数のタブを閉じる時の確認ダイアログの表示・非表示を設定している項目になります。
表示された項目をダブルクリックして値を「true」から「false」に変更します。
変更の際、状態が「初期設定値」から「ユーザー設定」に変わります。

firefox17

これで設定完了となります。
確認のために「about:config」のページを開いたまま複数タブを開いてまとめて消すと確認画面は出ないと思います。

内部で設定変更をしたので、ツール→オプション→タブ→同時に複数のタブを閉じる時は確認するのチェックマークは機能しません。
元々このチェックマークが機能していないのでFirefoxの内部設定を変更しにいったので、今後不具合が改善されればチェックマークを押せば簡単に確認ダイアログを出したり消したりできるようになると思います。

Kindle Fire HD 16GB(AA)

Firefox18か19でこの不具合が修正される予定のようです。


21 11月

Firefox 17.0正式版が公開!気になる複数のタブを開く時の確認は・・・?

最新のFirefox17.0正式版が公開されました。

Firefox17.0のリリースノート
URL:http://www.mozilla.jp/firefox/17.0/releasenotes/

Firefox17.0で新しく追加された「Click to Play機能」。
脆弱性があるプラグインに対しては有効になり、ユーザーが指示するまで実行されないという機能。
必要無い場合は全て無効には設定出来ないのかな?
ほかのプラグインに対しても有効にすることが可能で、「about:config」から設定することが出来ます。

※Firefoxの内部設定をいじるので、最悪Firefoxが破損する可能性もあります。
当方は一切責任を負いません。作業は自己責任でお願いします。

                                                 
・Click to Play機能をすべてのプラグインで有効にする
Firefoxのアドレスバーに「about:config」と入力してエンター

firefox1701

「細心の注意を払って使用する」をクリック
設定画面が開くので、上の方にある検索窓に「click_to_play」か「plugins.click_to_play」と打ち込む

1
firefox1702

すると、「plugins.click_to_play 初期設定値 真偽値 false」が表示されます。
マウスポインタを「plugins.click_to_play」のラインでダブルクリックします。

firefox1703

すると、「初期設定値 」と「false」が、「ユーザー値」と「true」に変わります。
これで設定完了となります。

セキュリティ面を考えると有効にしておいても良いと思いますが、正直その都度ユーザーからの読み込み指示を出すより勝手に読みこませるほうが楽な気がします。
                                                  

あとは、いくつかの修正と変更があるようです。
で、Firefox16で複数のタブを閉じる時に確認画面が出る不具合?は直っていませんでした。
さらに、確認画面を出さないように設定することが出来たアドオン「Tab Mix Plus」が非対応アドオンになりました。


ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス!(AA)


Tab関連のアドオンがFirefox17から使えないのが多くなっているような気がします。
Firefox16で問題なく使えているなら17にアップデートしなくてもいいのかもしれません。

Firefox18が2013年1月にリリース予定のようです。


関連
Firefoxで複数のタブを閉じる時の確認画面を「about:config」から非表示にする方法


17 11月

【自作PCトラブル】WindowsXPが起動したりしなかったりする不具合 その1

最近WindowsXP機の調子が悪いです。
どう調子が悪いかというと起動する時としない時があるのです。
パソコンの電源を押す→CPUファンなどのハード系は動くが、画面が真っ暗のまま

不思議な事に何回か電源を入れ直すと起動する時があるのです。

さて、起動できるということはHDDにアクセス出来なくなった訳ではないようなので、そこ以外に原因があると考えられます。
起動できない時は、BIOS画面が表示されないので、マザーボードかグラフィックボードに原因がありそうです。

構成
CPU:Core 2 Duo E8400
マザーボード:ASUS P5K-E
グラフィックボード:GeForce 8600GT

グラフィックボードが壊れている可能性はありますが、Beep音を鳴るようにしていないので、判別は難しそうです・・・。

                                                 
Beep音が鳴らない
Beep音を鳴らす専用スピーカーが必要です。

Groovy M/B用ブザーユニット GN-SW04BU(AA)

「Beep音用スピーカー」ではなく「Beep音用ブザーユニット」なんですね。
                                                 
とりあえず、故障診断するのにブザーユニットはゲットしておいたほうが良さそう。安いし。

グラボは一旦おいといて、グラボ以外で考えると・・・。
ハードウェアの不具合ならBIOSが検知してブルースクリーンなり、OSが見つからないなり、何らかのアクションがあると思うので怪しいのはマザーボードではないかと考えられます。
「マザーボードが逝く=パソコンの買い替え」になる可能性が高いです。
4~5年使っているのでそろそろ逝く可能性もあります。

ASUSTek Intel Socket 1155 DDR3メモリ対応 ATXマザーボード P8H77-V(AA)

一応見える範囲でマザーボードを目視でチェックしたけど、コンデンサの破損は無さそうでした。
どこに原因があるのやら。


サブのそのまたサブ機なので、原因究明は後日にします。



富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ソフマップ・ドットコム




Microsoft Store (マイクロソフトストア)





デル株式会社

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



QRコード
QRコード
はてなブックマーク
記事検索
ギャラリー
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!?マザーボード編- 電源ユニットを新しくして一度は起動したのに・・・
  • パソコンが壊れた!? -電源編- 電源が入ったり入らなかったり動作が不安定になり・・・
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ