2014年8月のWindows Updateを適用するとパソコンが起動しなくなる不具合は「FNTCACHE.DAT」というファイルを削除すると正常に動作するようです。

海外のフォーラムより
URL:http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_7-windows_update/blue-screen-stop-0x50-after-applying-update/6da4d264-02d8-458e-89e2-a78fe68766fd

「FNTCACHE.DAT」は何をしているファイルかというと”フォントキャッシュ”をしているファイルです。
たまにパソコンの文字化けが起こったり、選べる文字の種類が減ったりする場合は「FNTCACHE.DAT」が破損した可能性が高く「FNTCACHE.DAT」を削除すれば元に戻るという役割のファイルです。
削除しても新たに生成されるので、削除して問題ないファイルです。

ファイルが保存されているのが「System32」ファイルにあると思われます。
Windows Updateを適用後、自動でパソコンが再起動、「System32」ファイルにある「FNTCACHE.DAT」を削除すれば今回のアップデートは全て適用してパソコンを使えるようになるのではないのかなと思います。

ブルースクリーンエラーが発生しているパソコンも「FNTCACHE.DAT」を削除すれば復旧するようです。
コマンドプロンプトが開かないようなので、インストールメディアを作成して「del %windir%\system32\FNTCACHE.DAT」すれば復旧するようです。
海外のフォーラムではこの方法でWin7パソコンが復旧したようです。

インストールメディア作成方法 - 日本のマイクロソフトフォーラム
URL:http://answers.microsoft.com.2-t.jp/3Zjq(※ジャンプページに飛びます)

コマンドプロンプトからフォントキャッシュを削除する方法 - マイクロソフトサポートページ
URL:http://support.microsoft.com.2-t.jp/3Zjx(※ジャンプページに飛びます)

今回のWindows Updateで不具合の原因となった更新プログラム「KB2976897」、「KB2982791」は、カーネルモードドライバー修正が実施されるプログラム。
そして、「KB2970228」は、ロシアの新しいルーブル記号フォントがらみの更新らしい。

参考”マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-045”
URL:https://technet.microsoft.com/library/security/MS14-045

ロシアの言語ファイルがインストールされていると「KB2970228」が適用されて不具合が発生する?フォントキャッシュファイル「FNTCACHE.DAT」を削除すれば正常になる。

「KB2970228」が今回のWindows Updateで適用されていないパソコンは無事で、適用されているパソコンは不具合が起こっているというのが今回の不具合の原因の可能性が高いようです。

可能性があるというだけなので本当の原因はマイクロソフトからの発表を聞くまではなんともですが、「FNTCACHE.DAT」を削除すれば正常に起動出来るという報告があったので可能性は高そうです。
海外での一例なので不具合の起こっているパソコンに「FNTCACHE.DAT」の削除を実施しても復旧しない可能性もあるので、作業は自己責任でお願いします。

2014年8月のWindows Updateを適用していない人はマイクロソフトからの発表があるまで適用しないのが安全だと思います。
セキュリティアップデートが含まれているので、しなければならないアップデートかもしれないですが、後回しにしてもとりあえずは大丈夫だと思うので、自動更新を切って待ちましょう。

パソコンが苦手な人は詳しい友人・知人を頼るかパソコンを購入したショップやメーカーに連絡をとって対処しましょう。

自動更新の解除方法
設定→PC設定の変更→保守と管理→更新プログラムのインストール方法を選択する→重要な更新プログラム→推奨される更新プログラム→「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックマークを外し、適用で設定できる。
自動更新に戻したい場合はチェックマークにチェックを入れて適用。


関連記事
2014年8月の”Windows Update”でトラブルが発生!?【Win8.1が起動しなくなる?】(同一ページで開きます。)

マイクロソフトがWindows Updateの不具合に対応したようです。
Windows Updateのリストから不具合の原因となる更新プログラムを削除!
マイクロソフトが2014年8月のWindows Updateの不具合に対応?【ニュースサイトでも話題に!】(同一ページで開きます。)

マイクロソフトのセキュリティチーム(日本)からの正式なアナウンスが公開!
2014年8月のWindows Updateについての公式からの発表!【問題への対処法も公開されています!】(同一ページで開きます。)