2015年11月に配信が開始されたWindowsUpdateを適用すると、”Outlookメール”や”PowerPoint”などが起動できずに強制終了する不具合が出るようです。
不具合が発生する原因は「KB3097877」のようです。
2015年11月のWindowsUpdateでは、Windows7のサイドバー(ガジェット)が表示されなくなる不具合などもあるようですが、更新プログラム「KB3097877」をアンインストールすれば大体の問題は解消されるのかも?

”Office”関連のアップデートがあったようですが、こちらは問題ないようです。
訂正:Windows7にOffice用更新プログラム「KB2899516」インストールするとIE起動時に警告画面が表示されるようになります。
回避策は、「KB2899516」をアンインストールするしか今のところはないようです。

更新プログラム「KB3097877」の詳細はこちらから
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3097877
更新プログラム「KB3097877」はWindowsの脆弱性を修正するプログラムですが、いくつかのアプリケーションに影響があるようです。
色んなアプリケーションに干渉するようなので、近日中に新しい更新プログラムが配信されるかも?

WindowsUpdateで更新されたプログラムをアンインストールする方法
スタートボタン

コントロールパネル

プログラム

プログラムのアンインストール

インストールされた更新プログラム表示

該当の更新プログラム(今回は「KB3097877」)を選択

アンインストールを押してアンインストール開始

パソコンの再起動が必要なら再起動

これで該当の更新プログラムはアンインストールされたはずです。
アンインストール前にWindowsUpdateの自動更新を「確認してからインストール」などに変えておいた方が良いかも。
アンインストール後はWindowsUpdateの更新内容に「KB3097877」があれば非表示にしておいたほうが良いと思います。